内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヘブライ 6:1‐20

6  このようなわけで,キリストに関する+初歩の+教理を離れたわたしたちは,死んだ業からの悔い改め+,またに対する信仰+  [さまざまな]バプテスマについての教え+や手を置くこと+,死人の復活+や永遠の裁き+などの土台を再び据えるのではなく+,円熟に向かって進んでゆきましょう+  そして,このことは,がほんとうに許してくださるならば行なうのです+  一度かぎりの啓発を受け+,天からの無償の賜物を味わい+,聖霊にあずかる者となり+  の優れた言葉と来たるべき事物の体制*の力+とを味わっておきながら+  なおも離れ落ちた者たち+については,そうした者たちを再び悔い改めに戻す*ことは不可能なのです+。なぜなら,彼らはを自分であらためて杭につけ*,公の恥にさらしているからです+  たとえば,その上にしばしば降る雨を吸い込み,その耕作の目的となっている人々に適する草木を生み出す地面は+,報いとしてから祝福を受けます。  しかし,いばらやあざみを生じるなら,それは退けられ,のろわれたも同然になり+,ついには焼かれてしまいます+  しかし,愛される者たちよ,わたしたちはこのように語りながらも,あなた方に関しては,より良い事柄,また救いを伴う事柄を確信しています。 10  は不義な方ではないので,あなた方がこれまで聖なる者たちに仕え+,今なお仕え続けているその働きと,[こうして]み名に示した愛とを忘れたりはされないからです+ 11  しかしわたしたちは,あなた方一人一人が同じ勤勉さ*を示して,希望+に対する全き確信+を終わり*まで保つように+と願います。 12  それは,あなた方が怠惰になったりせず+,むしろ,信仰と辛抱*とによって約束を受け継ぐ人々+に見倣う者+となるためです。 13  は,アブラハムに約束をされた際+,[ご自分]より偉大な者にかけて誓うことができなかったので,ご自身にかけて誓い+ 14  「わたしは確かに,祝福することにおいてはあなたを祝福し,殖やすことにおいてはあなたを殖やす+」と言われたのです。 15  こうして[アブラハム]*は,辛抱した後,[この]約束を自分のものとしました+ 16  人は[自分]より偉大な者にかけて誓い+,その誓いはあらゆる論争の終わりとなるのです。それは法的な保証だからです+ 17  このようにも,約束の相続者たち+にみ旨の変わらないこと+をいよいよ豊かに示そうとした時,誓いをもって踏み込まれ*ました。 18  それは,が偽ることのできない+二つの不変の事柄によって,避難所に逃れて来たわたしたちが,自分の前に置かれた希望+をとらえるための強い励みを持つためでした。 19  この[希望+]を,わたしたちは魂の錨,確かで,揺るがぬものとして抱いており,それは垂れ幕の内側に*入るのです+ 20  そこへは前駆者がわたしたちのために入られました+。それはイエス,メルキゼデクのさまにしたがい永久に大祭司となられた方です+

脚注

または,「事物秩序」。ギ語,アイオーノス; ラ語,サエクリー; エ17,18,22(ヘ語),ハーオーラーム,「事物秩序」。
「戻す」。字義,「元よう新しくゆく」。
または,「杭(柱)に留め」。付録5ハ参照。
「勤勉さ」。字義,「速めること」。ギ語,スプーデーン。
または,「最後」。ギ語,テルース。
「辛抱」。字義,「霊長さ」。
字義,「彼」。
字義,「間入り」。
または,「向こうに」。