内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヘブライ 4:1‐16

4  それゆえ,[]の休み入るいう約束残さいるですから+,あなた方から,それ達しない思えるいつか出るようことないだろか,という気づかいましょ+  彼ら場合同じよう+,わたしたち良いたより宣明です+。しかし,聞い言葉彼らなりませでし+。彼らは,ほんとう聞いたち+信仰よっ結ばなかっから*です+  信仰働かわたしたちその休み入るです。「それわたし怒りうち誓っ+,『彼らわたし休み+入らない+』」と言わとおりです。しかもみ業*置かた[時]*以来+終わっです+  ある箇所ついこう言っおられるからです。「そして*ご自分すべて休ま+」。  そして,さらにここで,「彼らわたし休み入らない+」と[言わました]。  それゆえ,あるたちそれ入ること残さいるあり,最初良いたより+宣明たち従順ゆえに入らなかっ+  []は,非常長いのち,ダビデ[の詩]ので「今日」と述べて,あらためてある定めおられるです。先述べとおり,「今日,もしこの聴いたら+,あなた方かたくなならない+」と[言わました]。  ヨシュア*+彼ら休み場所導き入れあれ+,[]*ほかつい言われるはずなかっです+  それで,ため安息休み残っます+ 10  []*休み+入っは,ご自分の[業]を[休また]と同じように,その自分休んいる+からです。 11  それゆえわたしたちは,その休み入るため尽くし,だれ同じよう従順陥ることないようましょ+ 12  言葉+生き+,力及ぼし*+,どんなもろ刃より鋭く+,魂++,また関節と[その]骨髄分けるまで刺し通し,心考え意向*見分けることできる*です+ 13  そして,[]のみ前明らかない創造一つなく+,すべてものそので,あらわされおり,この対しわたしたち言い開きなけれなりませ+ 14  それゆえ,わたしたちは,もろもろ通ら偉大祭司+イエス+おられるですから,[この方]につい告白堅く守りましょ+ 15  わたしたちは,わたしたち弱いところ思いやることできないなく+,すべてわたしたち同じよう試され,しかもない+を,大祭司*持っいるです。 16  それゆえ,時かなっ助け+憐れみ得,また過分ご親切見いだすために,はばかりないことば+過分ご親切み座近づこではありませ+

脚注

「彼らは……から」。シナ写,「それ[言葉]は聞いたち信仰よっ結ばなかっから」。
「み業」,シナ写,アレ写,バチ写; シリ訳,「神業」; エ17,「エホバ業」。
「基置かた[時]」。字義,「[種を]下投げること」。ギ語,カタボレース。
「神」,シナ写,アレ写,バチ写,ウル訳,シリ訳; エ17,「[神]」。
「エホシュア」,エ17,18,22; パピ写46,シナ写,アレ写,バチ写,ウル訳,「イエス」; シリ訳,「エシュバルヌン(ヌンイエス)」。ヨシュ 1:1,「ヨシュア」の脚注参照。
字義,「彼」。
字義,「彼」。
「力及ぼし」。字義,「精力で」。ギ語,エネルゲース。
「意向」。字義,「精神傾向」。
「見分けることできる」。字義,「裁く者」。ギ語,クリティコス。
「大祭司」。ギ語,アルキエレア; ラ語,ポンティフィケム,「高位神官」; エ17,22(ヘ語),コーヘーン ガードール。