アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ヘブライ 12:1-29

12  こうして,これほど大勢の,雲のような証人たち+*囲まれているのですから,わたしたちも,あらゆる重荷と容易に絡みつく+罪とを捨て+,自分たちの前に置かれた+競走を忍耐して+走ろうではありませんか+  わたしたちの信仰の主要な代理者*+また完成者+であるイエスを一心に見つめながら。この方は,自分の前に置かれた喜びのために,恥を物とも思わず苦しみの杭*に耐え+のみ座の右に座られたのです+  そうです,罪人たちの,自らの益に反する*そうした逆らいのことば+を耐え忍んだ方のことを深く考えなさい。それは,あなた方が疲れて,あなた方の魂が弱り果ててしまうことのないためです+  そうした罪と闘う点で,あなた方はいまだかつて血に至るまで抵抗したことはありません+  むしろ,あなた方を子+と呼びかけているこの勧めをすっかり忘れてしまっています。「我が子よ,エホバ*からの懲らしめを軽く見てはならず,また[]に正される*とき,弱り果ててもならない+  エホバ*は自分の愛する者を懲らしめられるからである。事実,自分が子として迎える者をすべてむち打たれるのである+」。  あなた方が忍耐しているのは鍛練のためです+は子に対するようにしてあなた方を扱っておられるのです+。父親が懲らしめを与えない[子]はいったいどんな子でしょうか+  すべての者があずかる懲らしめを受けていないとすれば,あなた方は実際には私生児+であって,子ではないのです。  さらに,わたしたちには自分と同じ肉身の父がいて,わたしたちに懲らしめを与えても+,わたしたちはこれを常に敬いました。霊的な命の*にはなおのこと服従して生きるべきではないでしょうか+ 10  [父親]は自分に良いと思えるところにしたがって数日の間わたしたちを懲らしめるのが常でしたが+,この方は,ご自分の神聖さにわたしたちがあずかれるようにと+,わたしたちの益のためにそうしてくださるのです。 11  確かに,どんな懲らしめも当座は喜ばしいものに思えず,かえってつらいことに[思えます+]。しかし後には,それによって訓練された人に,平和な実+,すなわち義を*生み出すのです+ 12  ゆえに,垂れ下がった手+と弱ったひざをまっすぐにしなさい+ 13  そして,あなた方の足のためにいつもまっすぐな道を作って+,なえたところが脱臼したりすることがないように,むしろそこがいやされるようにしなさい+ 14  すべての人に対して平和を追い求めなさい+。また,神聖なものとされること+を[追い求めなさい]。それなくしてはだれもを見ることはありません+ 15  注意深く見守って,だれもの過分のご親切を取り上げられることのないようにしなさい+。有毒な根+が生え出て問題を起こし,それによって多くの者が汚されることのないように+ 16  そして,淫行の者,またエサウのように神聖な物事の価値を認識しない者が出ることのないようにしなさい+。彼は一度の食事と引き換えに長子としての自分の権利を手放しました+ 17  あなた方の知っているとおり,彼が後になって祝福を受け継ぎたいと思った時には+退けられ+,考えの変化*を涙ながらに切に求めましたが+,その余地は見いだせなかったのです+ 18  あなた方が近づいたのは,触れることのできる+,火で燃えているもの+ではなく,また暗い雲や濃い闇や大あらし+ 19  またラッパの高鳴り+や言葉の声+ではありません。民はその声を聞くと,自分たちにそれ以上言葉が加えられることのないようにと哀願しました+ 20  「そしてたとえ獣でも山に触れるなら,それは石打ちにされねばならない+」という命令が,彼らには耐えられないものだったのです。 21  また,その有様*があまりにも恐ろしかったので,モーセは,「わたしは恐ろしさに震える+」と言いました。 22  しかしあなた方は,シオンの山+,生けるの都市+なる天のエルサレム+,幾万ものみ使いたち+ 23  [すなわちその]全体集会*+,天に登録されている*+初子たちの会衆+,すべてのものの裁き主なる+,完全にされた+義人たちの霊的な命*+ 24  新しい契約+の仲介者*+であるイエス,そして,アベル[の血+]よりさらに勝った仕方で語る振り注ぎの血+に近づいたのです。 25  あなた方は,語っておられる方を,言い訳をして拒むことのないようにしなさい+。地上で神の警告を伝えていた者+を言い訳をして拒んだ人たちが逃れられなかったのであれば,天から語る方+に背を向ける場合,わたしたちはなおのこと[逃れられ]ないからです。 26  その時,その方の声は地を揺り動かしましたが+,今や,「わたしは,さらにもう一度,地だけでなく天をも振るい動かす+」と約束しておられます。 27  さて,「さらにもう一度」という表現は,揺り動かされるものが造られたものとして取り除かれ+,こうして,揺り動かされないものが残ること+を表わしています。 28  それゆえ,わたしたちは,揺り動かされることのない+王国を受けることになっているのですから,過分のご親切のうちにとどまろうではありませんか。それによってわたしたちは,敬虔な恐れと畏敬とをもって+,受け入れられる仕方でに神聖な奉仕をささげる*ことができます。 29  わたしたちのは焼き尽くす火でもあるのです+

脚注

「証人たちに」。ギ語,マルテュローン; ラ語,テスティウム; エ17,18,22(ヘ語),エーディーム。
字義,「主要な指導者」。ギ語,アルケーゴン。
付録5ハ参照。
「自らの益に反する」,パピ写46,シナ写,ウル訳,シリ訳; アレ写,ウル訳,シリ訳,「まさにご自分に敵する」。
付録1ニ参照。
字義,「戒められている」。
付録1ニ参照。
「霊的な命の」。字義,「(複)の」。ギ語,トーン プネウマトーン; エ17,18,22(ヘ語),ハールーホート
「平和な実,すなわち義を」。または,「平和な義の実を」。
「考えの変化」,すなわち,イサクの考えの変化。ギ語,メタノイアス。
「その有様」。字義,「見えるようにされている(事柄)」。
「全体集会」。字義,「全員集会に」。ギ語,パネーギュレイ。
「登録されている」。字義,「書いて分けられている」。
「霊的な命」(複)。字義,「霊」(複)。ギ語,プネウマシ; エ17,18,22(ヘ語),ルーホート。
「仲介者」。ギ語,メシテーイ; ラ語,メディアートーレム。
「わたしたちは……神聖な奉仕をささげる」。ギ語,ラトレウオーメン; エ22(ヘ語),ナアヴォード,「わたしたちは仕える崇拝する)」。出 3:12の脚注参照。