アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

フィリピ 4:1-23

4  したがって,わたしの愛し,慕う兄弟たち,わたしの喜びまた冠+[である人たち]よ,こうして*にあってしっかりと立ちなさい+。愛する者たちよ。  ユウオデアに勧め,またスントケに勧めます。にあって同じ思い+でいてください。  そうです,真にくびきを共にする+あなたにもお願いします。これら[の婦人]を今後とも援助してください。彼女たちは,クレメンスおよびわたしのほかの同労者たち+と共に,良いたよりのためにわたしと相並んで奮闘したのであり+,こうした人たちの名+は命の書+の中にあるのです。  *にあって常に歓びなさい+。もう一度言います。歓びなさい+  あなた方が道理をわきまえていること+がすべての人に知られるようにしなさい。*は近いのです+  何事も思い煩ってはなりません+。ただ,事ごとに祈りと祈願をし+,感謝をささげつつあなた方の請願をに知っていただくようにしなさい+  そうすれば,一切の考えに勝るの平和+が,あなた方の心と知力を,キリスト・イエスによって守ってくださるのです+  終わりに,兄弟たち,何であれ真実なこと*,何であれまじめなこと,何であれ義にかなっていること,何であれ貞潔なこと+,何であれ愛すべき*こと,何であれよく言われること,また何であれ徳とされることや称賛すべきことがあれば,そうしたことを考え続けなさい+  あなた方がわたしとの関係で学び,また受けたり聞いたり見たりした事柄は,これを実行しなさい+。そうすれば,平和の+があなた方と共にいてくださるでしょう。 10  わたしは,あなた方が今やついに,わたしのことを再び考えてくれるようになったことを*にあって大いに歓んでいます+。あなた方は実際には考えていてくれたのですが,機会がなかったのです。 11  自分が乏しいことについて述べているのではありません。わたしは,どんな境遇にあろうとも自足する*こと+を学び知ったからです。 12  実際わたしは,ともしさに処する道を知り+,あふれるほどの豊かさに処する道を知っています。一切の事において,あらゆる境遇のもとで,飽きるにも飢えるにも,満ちあふれるほど持つにも乏しさを忍ぶにも+,その秘訣を学び取りました。 13  自分に力を与えてくださる方のおかげで,わたしは一切の事に対して強くなっているのです+ 14  しかしながら,わたしと患難+を分け合う者+となったあなた方は,その点でりっぱに行動したのです。 15  フィリピの人たち,実際あなた方も知っているとおりですが,良いたよりを宣明し始めたころ,わたしがマケドニアを出発した際,物をやり取りしてわたしと分け合う者となった会衆は,あなた方のほかには一つもありませんでした+ 16  テサロニケにおいてさえ,あなた方は,わたしの必要[を満たす]ために,一度ならず二度までも物を送ってくれたのです。 17  わたしは贈り物を切に求めているというのではありません+。あなた方の勘定にとっていっそうの誉れとなる実+を切に求めているのです。 18  わたし自身はすべてのものを十分に持ち,満ちあふれるほどに豊かです。わたしは満ち満ちています。あなた方からのものをエパフロデト+から受けたからです。それは,芳しい香り+,受け入れられる犠牲+*に大いに喜ばれるものです。 19  代わってわたしの+は,キリスト・イエスにより,あなた方の必要すべてを,その栄光の富に応じて+十分に満たしてくださるでしょう+ 20  では,わたしたちのまたに,栄光が限りなく永久にありますように+。アーメン。 21  キリスト・イエスと結ばれた+聖なる者すべてにわたしのあいさつ+を伝えてください。わたしと共にいる兄弟たちがあなた方にあいさつを送っています。 22  すべての聖なる者たち,特にカエサル*の家の人たちが,あなた方にあいさつを送っています+ 23  イエス・キリストの過分のご親切が,あなた方の[示す]霊と共に[ありますように]+*

脚注

「主」,シナ写,アレ写,バチ写,ウル訳; エ7,8,13,14,16,24,「エホバ」。
「主」,シナ写,アレ写,バチ写,ウル訳; エ7,8,13,14,16,24,「エホバ」。
「主」,シナ写,アレ写,バチ写,ウル訳; エ7,8,「エホバ」。
または,「真実なことはみな」。
字義,「愛情をさそう」。
「主」,シナ写,アレ写,バチ写,ウル訳; エ7,8,13,14,16,24,「エホバ」。
または,「満足する」。
「神」,シナ写,アレ写,バチ写,ウル訳,シリ訳; エ7,8,「エホバ」。
または,「皇帝」。
パピ写46,シナ写,アレ写,ベザ写,古ラ訳,ウル訳,シリ訳ヘ,ペ,アル訳は,「アーメン」という語で結んでいる; バチ写は省いている。