内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

フィリピ 1:1‐30

1  キリスト​・​イエス​の​奴隷​+で​ある​パウロ​と​テモテ​から,フィリピ​+に​いる,キリスト​・​イエス​と​結ば​れ​た​すべて​の​聖​なる​者,ならび​に​監督​たち​*と​奉仕​の​僕​たち​*+へ:  わたしたち​の​​なる​​と​​イエス​・​キリスト​から​の​過分​の​ご親切​と​平和​が​あなた方​に​あり​ます​よう​に+  わたし​は,あなた方​すべて​の​ため​の​自分​の​あらゆる​祈願​の​中​で​+あなた方​の​こと​を​思い出す​たび​に,  喜び​を​抱い​て​祈願​を​ささげ​つつ,常​に​わたし​の​​に​感謝​し​て​い​ます+  それ​は,最初​の​日​から​今​に​至る​まで,あなた方​が​良い​たより​の​ため​に​寄与​し​て​き​た​から​です+  あなた方​の​中​で​良い​業​を​始め​た​方​が,イエス​・​キリスト​の​日​+に​至る​まで​それ​を​続け​て​完成​し​て​くださる​で​あろ​う​と​いう​こと+,実​に​この​こと​を​わたし​は​確信​し​て​いる​の​です。  あなた方​すべて​に​つい​て​わたし​が​この​よう​に​考える​の​は​全く​正しい​こと​です。わたし​は​あなた方​を​心​に​抱い​て​おり+,あなた方​すべて​は,わたし​が[獄​に]つなが​れ​て​いる​こと​+に​関し​て​も,また​良い​たより​を​擁護​し​て​+法的​に​+確立​する​こと​に​おい​て​も,過分​の​ご親切​を​わたし​と​分け合う​者​+と​なっ​て​いる​から​です。  わたし​が,キリスト​・​イエス​の​よう​な​優しい​愛情​+を​抱い​て​どれ​ほど​あなた方​すべて​を​慕っ​て​いる​か​に​つい​て​は,​が​証人​と​なっ​て​ください​ます。  そして,わたし​は​こう​祈り​続け​て​い​ます。あなた方​の​愛​が,正確​な​知識​+と​十分​な​識別​力​*+に​伴っ​て​*いよ​いよ​満ちあふれる​よう​に​+と。 10  それ​は,あなた方​が​より​重要​な​事柄​を​見きわめる​よう​に​なり+,こう​し​て,キリスト​の​日​に​至る​まで​きず​なく+,他​の​人​を​つまずか​せる​こと​なく+ 11  また,イエス​・​キリスト​に​よる​義​の​実​に​満たさ​れ​て+​の​栄光​また​賛美​と​なる​ため​です+ 12  さて,兄弟​たち,あなた方​に​知っ​て​欲しい​の​です​が,わたし​に​関する​こと​が​かえって​良い​たより​の​前進​に​役立つ​結果​と​なり+ 13  わたし​の​なわめ​+が​キリスト​に​関連​し​て​*の​全員​と​ほか​の​すべて​の​人​たち​の​間​で​+公​に​知ら​れる​よう​に​なり​まし​た+ 14  そして,​に​ある​兄弟​たち​の​多く​は,わたし​が[獄​に]つなが​れ​た​こと​の​ため​に​確信​を​持ち,​の​言葉​を​恐れ​ず​に​語る​勇気​を​いよいよ​示し​て​いる​の​です+ 15  確か​に,そねみ​や​対抗​心​に​よっ​て​キリスト​を​宣べ伝え​て​いる​者​たち​も​い​ます​が+,ほか​の​者​たち​は​善意​に​よっ​て​そう​し​て​い​ます+ 16  後者​は​愛[の​気持ち]から​キリスト​を​言い広め​て​い​ます。彼ら​は,良い​たより​の​弁明​の​ため​に​+わたし​が​ここ​に​置か​れ​て​いる​こと​を​知っ​て​いる​の​です。 17  しかし,前者​は​闘争​心​+から​そう​し​て​いる​の​で​あっ​て,純粋​な​動機​に​よる​の​で​は​あり​ませ​ん。彼ら​は[獄​に]つなが​れ​て​いる​わたし​に​患難​+を​引き起こそ​う​と​考え​て​いる​の​です。 18  では​どう​なる​でしょ​う​か。見せかけ​+で​あっ​て​も​真実​で​あっ​て​も,あらゆる​方法​で​キリスト​が​言い広め​られ​て​いる+,と​いう​こと​に​ほか​なり​ませ​ん。その​こと​を​わたし​は​歓ん​で​い​ます。そう​です,これ​から​も​歓ん​で​ゆく​の​です。 19  これ​が,あなた方​の​祈願​を​通し+,また​イエス​・​キリスト​の​霊​が​供給​さ​れる​こと​を​通し​て+,わたし​の​救い​*と​なる​こと​を​知っ​て​いる​から​です。 20  また​それ​は,いかなる​点​で​も​自分​が​恥​を​被る​こと​なく+,むしろ,生​を​通し​て​で​あれ​死​を​通し​て​で​あれ+,わたし​の​体​に​よっ​て​+キリスト​が,これ​まで​常​に​そう​で​あっ​た​よう​に,これ​から​も,全く​はばかり​の​ない​ことば​で​+たたえ​られる​よう​に​と​いう,わたし​の​切​なる​期待​+と​希望​+に​かなう​こと​で​も​あり​ます。 21  わたし​の​場合,生きる​こと​は​キリスト​で​あり+,死ぬ​こと​も​益​な​の​です+ 22  さて,もし​肉​の​様​で​生き​つづける​と​すれ​ば,それ​は​わたし​の​業​が​実​を​結ぶ​こと​に​なり​ます+ ― ですが,どちら​を​選ぶ​べき​か,わたし​に​は​分かり​ませ​ん* 23  わたし​は​これら​二つ​の​もの​に​迫ら​れ​て​い​ます+。しかし,わたし​が​ほんとう​に​願っ​て​いる​の​は,解き放た​れる​こと*,そして​キリスト​と​共​に​なる​こと​です+。言う​まで​も​なく,この​ほう​が​はるか​に​良い​から​です+ 24  しかし,あなた方​の​ため​に​は,わたし​が​肉​の​様​で​とどまっ​て​いる​こと​の​ほう​が​必要​です+ 25  それで,この​点​を​確信​し​て​いる​の​で,わたし​は,あなた方​の​進歩​+と[あなた方​の]信仰​に​伴う​喜び​と​の​ため​に,自分​が​とどまり+,あなた方​すべて​と​共​に​いる​こと​に​なる​の​を​知っ​て​い​ます。 26  それ​は,あなた方​の​歓喜​が,わたし​の​ゆえに,わたし​が​再び​あなた方​の​もと​に​いる​こと​*に​より,キリスト​・​イエス​に​あっ​て​あふれる​よう​に​なる​ため​です。 27  ただ,キリスト​に​つい​て​の​良い​たより​に​ふさわしく​行動​し​なさい*+。わたし​が​行っ​て​あなた方​に​会う​に​し​て​も,あるいは​離れ​て​いる​に​し​て​も,あなた方​に​つい​て[この​こと​を]聞ける​よう​に​する​ため​です。すなわち,あなた方​が​一つ​の​霊​の​うち​に​しっかり​と​立ち,一つ​の​魂​を​もっ​て​*+良い​たより​の​信仰​の​ため​に​相​並ん​で​奮闘​し, 28  いかなる​点​で​も,あなた方​の​敵対​者​たち​+の​ゆえに​恐れ驚い​たり​は​し​て​い​ない​と​いう​こと​です。実​に​この​事​は,彼ら​に​とっ​て​は​滅び​の​証拠​です​が,あなた方​に​は​救い​の[証拠]です+。そして,こう​し​た[示し]は​​から​の​もの​です。 29  あなた方​に​は,キリスト​の​ため​に,彼​に​信仰​を​置く​特権​+だけ​で​なく,彼​の​ため​に​苦しむ[特権+]も​与え​られ​た​から​です。 30  あなた方​に​は,わたし​の​場合​に​見,また​今​わたし​の​場合​+に​つい​て​聞い​て​いる​の​と​同じ​苦闘​が​ある​の​です+

脚注

「監督​たち」。ギ語,エピスコポイス; エ17(ヘ語),ハッペキーディーム,「監督​たち」。
「奉仕​の​僕​たち」。または,「執事​たち」。ギ語,ディアコノイス; ラ語,ディアーコニース。
「識別​力」。字義,「感覚​に​よる​知覚」。ギ語,アイステーセイ; ラ語,センスー。
字義,「正確​な​知識……に​あっ​て」。ギ語,エン エピグノーセイ; ラ語,イン スキエンティアー。
ローマ​皇帝​の​護衛​隊。
または,「わたし​の​釈放」。
または,「どちら​を​選択​す​べき​か,わたし​は​知らせ​ませ​ん」。
「解き放た​れる​こと」に​つい​て​は​付録5ニ参照。
付録5ロ参照。
または,「ふさわしく​市民​と​し​て​行動​し​なさい」。
または,「一​人​の​人​と​し​て」。