内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ハバクク 2:1‐20

2  わたし見張りずっ立ち+,堡塁*ずっ置いいる。わたし終始見守っいる+。わたしよっ*[]が話される+,わたし対する戒め自分どのよう答える見るためある+  するとエホバわたしこう言わた。「[この]幻書き記し,[それを]書き板はっきりしたため+,朗読するそれ流ちょうに[読める]よう*せよ+  [この]幻なお定めためものあり+,終わり向かっはずまゆくからある*。それ偽ることない。たとえ遅れようも,それ待ちつづけよ。それ必ず起きるからある+。遅くなることない。  「見よ,彼*増長+。それあっ廉直なかっ*。しかし,義なる自分忠実よっ生きつづける+  そしてに,ぶどう不実働きするため+,強健男子うぬぼれ抱く+。そして自分目標遂げない+。自分シェオルよう*広くし,死同じよう飽くことないその+。だがは,あらゆる国民自分もと集め,すべて自分もと集め寄せゆく+  それらたちは,そのすべてが,彼あて格言言い回し+,彼向けやゆ当てこすりを[述べ]ないだろか。そしてこう言うあろう。 「『自分ものない増し加えいる+ ― それいつまでこと+ ― 自分負いめ重くいる災いだ!  あなた要求するたちにわか起こり立ち,あなた激しく揺さぶるたち目覚めて,あなたまさに彼ら略奪するところなるない+  あなた国民から奪い取っで,もろもろ残っいるたちすべてあなたから奪い取る+。人*流しゆえ,また地,町,そこ住むすべて対する暴虐ゆえある+  「『自高い設け,それより災い手中から*救わよう+自分ためよこしま利得いる災い+ 10  あなた対し恥ずべきことを,多く断ち滅ぼすこと助言+。あなたおかしいる+ 11  城から悲しげ叫び,木組み部分から垂木*それ答えるある+ 12  「『流*よっ都市建ている者,不義よっ固く据え災い+ 13  見よ,もろもろただため労しつづけ,もろもろ国たみただむなしく疲れ果てる万軍エホバ*よることない+ 14  水覆うように,地エホバ*栄光知ること満ちるある+ 15  「『自飲ませ,[それに]激怒怒り含ま*,[彼らを]酔わせ+その恥じ所ようする災い+ 16  あなたず,栄光なく名誉満たされる+。あなた自身飲め+。そして,無割礼みなされるよい+。エホバ*右手あなたもと回っ来る+。あなた栄光恥辱臨む。 17  レバノン+に[加られた]暴虐あなた覆い,獣たち臨んこれおびえさせる貪りが[あなた臨む]からある。それは,人*流しゆえ+,また地,町,そこ住むすべて対する暴虐ゆえある+ 18  彫は,それ作る彫刻ところ一体なっ+。鋳物は,そして偽り事教え諭すついは[どうか+]。そのこしらえそれ依り頼み+,口きけない価値神々*作っ+ 19  「『木切れ向かって,「さあ,目覚めよ」と言い,もの言わない向かって,「目覚ませ。これ諭し与える」と言う災い+! 見よ,それ包ま+,その全く*ない+ 20  しかし,エホバ*そのなる神殿*おられる+。全地よ,そのみ前沈黙せよ+!』」

脚注

「堡塁」。ヘ語,マーツォール; ギ語,ペトラン,およびシ語,キファー,「岩」; ラ語,ミューニーティオーネム,「城塞」。
または,「わたし対して; わたしに」。
「流ちょうに[読める]ように」。字義,「走れるように」。
「終わりため開示からある」,わずか訂正より。
「彼」。ヘ語,ナフショー; ラ語,アニマ。付録4イ参照。
七十訳この前半よう読んいる,「もししりごみするいれば,わたし魂[ギ語,プシュケー]はその喜ばない」。
シェオルように」。ヘ語,キシュオール; ギ語,ハーイデース; シ語,シウール; ラ語,インフェルヌス。付録4ロ参照。
または,「地人々」。ヘ語,アーダーム,単数形。しかし,集合意味用いられいる。
「手中から」。字義,「手のひらから」。ヘ語,ミッカフ
「垂木」。あるいは,「化粧しっくい細工」かしれない。
「流血」。字義,「血」(複)。
「万軍エホバ」,マソ本,タル,ウル訳; 七十訳,「全能エホバ」。
付録1ハ§2参照。
「[それに]激怒……を含ませ」。ヘ語,מספ]ח[ חמתך; 重複誤写しれないח省けば,「あなた激怒……の鉢[または,酒杯]から(自分飲ませ)」。
付録1ハ§2参照。
または,「地人」。ヘ語,アーダーム。
「無価値神々」。ヘ語,エリーリーム; 七十訳,「偶像」(複)。
「息」。ヘ語,ルーアハ; ギ語,プネウマ; ラ語,スピーリトゥス。
付録1ハ§2参照。
または,「その神聖神殿に」。ヘ語,ベヘーカル コドショー; ギ語,ナオーイ ハギオーイマタ 23:16脚注参照。