アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ハバクク 2:1-20

2  わたしは自分の見張り所にずっと立ち+,堡塁*の上にずっと身を置いている。わたしは終始見守っている+。わたしによって*[]が何と話されるか+,わたしに対する戒めに自分がどのように答えるかを見るためである+  するとエホバはわたしに答えてこう言われた。「[この]幻を書き記し,[それを]書き板の上にはっきりしたためて+,朗読する者がそれを流ちょうに[読める]ように*せよ+  [この]幻はなお定めの時のためのものであり+,終わりに向かって息をはずませてゆくからである*。それは偽ることはない。たとえ遅れようとも,それを待ちつづけよ。それは必ず起きるからである+。遅くなることはない。  「見よ,彼の魂*は増長した+。それは彼の内にあって廉直ではなかった*。しかし,義なる者は自分の忠実さによって生きつづける+  そして実に,ぶどう酒が不実な働きをするために+,強健な男子はうぬぼれを抱く+。そして彼は自分の目標を遂げ得ない+。自分の魂をシェオルのように*広くし,死と同じように飽くことのないその者は+。だが彼は,あらゆる国民を自分のもとに集め,すべての民を自分のもとに集め寄せてゆく+  それらの者たちは,そのすべてが,彼にあてて格言的な言い回しをし+,彼に向けてやゆや当てこすりを[述べ]ないだろうか。そして人はこう言うであろう。 「『自分のものではない物を増し加えている者+―それはいつまでのことなのか+―自分の負いめを重くしている者は災いだ!  あなたに利息を要求する者たちがにわかに起こり立ち,あなたを激しく揺さぶる者たちが目覚めて,あなたはまさに彼らが略奪するところとなるのではないか+  あなたが多くの国民から奪い取ったので,もろもろの民の残っている者たちすべてもあなたから奪い取る+。人*の血を流したゆえ,また地,町,そこに住むすべての者に対する暴虐のゆえである+  「『自分の巣を高い所に設け,それにより災いの手中から*救われようとして+自分の家のためによこしまな利得を得ている者は災いだ+ 10  あなたは自分の家に対して恥ずべきことを,多くの民を断ち滅ぼすことを助言した+。あなたの魂は罪をおかしている+ 11  城壁の中から石が悲しげに叫び,木組みの部分から垂木*がそれに答えるのである+ 12  「『流血*によって都市を建てている者,不義によって町を固く据えた者は災いだ+ 13  見よ,もろもろの民がただ火のために労しつづけ,もろもろの国たみがただむなしく疲れ果てるのは万軍のエホバ*によることではないか+ 14  水が海を覆うように,地はエホバ*の栄光を知ることで満ちるのである+ 15  「『自分の友に飲ませ,[それに]激怒と怒りとを含ませ*,[彼らを]酔わせて+その恥じ所を見ようとする者は災いだ+ 16  あなたは必ず,栄光ではなく不名誉に満たされる+。あなた自身も飲め+。そして,無割礼の者とみなされるがよい+。エホバ*の右手の杯があなたのもとに回って来る+。あなたの栄光の上には恥辱が臨む。 17  レバノン+に[加えられた]暴虐があなたを覆い,獣たちに臨んでこれをおびえさせる貪りが[あなたに臨む]からである。それは,人*の血を流したゆえ+,また地,町,そこに住むすべての者に対する暴虐のゆえである+ 18  彫刻像は,それを作る者が彫刻したところで一体何の益になったのか+。鋳物の像は,そして偽り事を教え諭す者については[どうか+]。その形をこしらえた者がそれに依り頼み+,口のきけない無価値な神々*を作ったとしても+ 19  「『木切れに向かって,「さあ,目覚めよ」と言い,ものを言わない石に向かって,「目を覚ませ。これが諭しを与える」と言う者は災いだ+! 見よ,それは金や銀に包まれてはいても+,その中には全く息*がない+ 20  しかし,エホバ*はその聖なる神殿に*おられる+。全地よ,そのみ前に沈黙せよ+!』」

脚注

「堡塁」。ヘ語,マーツォール; ギ語,ペトラン,およびシ語,キファー,「岩」; ラ語,ミューニーティオーネム,「城塞」。
または,「わたしに対して; わたしに」。
「流ちょうに[読める]ように」。字義,「走れるように」。
「終わりのための開示だからである」,わずかな訂正により。
「彼の」。ヘ語,ナフショー; ラ語,アニマ。付録4イ参照。
七十訳はこの節の前半を次のように読んでいる,「もししりごみする者がいれば,わたしの魂[ギ語,プシュケー]はその者を喜ばない」。
シェオルのように」。ヘ語,キシュオール; ギ語,ハーイデース; シ語,シウール; ラ語,インフェルヌス。付録4ロ参照。
または,「地の人々」。ヘ語,アーダーム,単数形。しかし,集合的な意味で用いられている。
「手中から」。字義,「手のひらから」。ヘ語,ミッカフ
「垂木」。あるいは,「化粧しっくい細工」かもしれない。
「流血」。字義,「血」(複)。
「万軍のエホバ」,マソ本,タル,ウル訳; 七十訳,「全能のエホバ」。
付録1ハ§2参照。
「[それに]激怒……を含ませ」。ヘ語,מספ]ח[ חמתך; 重複誤写かもしれないחを省けば,「あなたの激怒……の鉢[または,酒杯]から(自分の友に飲ませ)」。
付録1ハ§2参照。
または,「地の人」。ヘ語,アーダーム。
「無価値な神々」。ヘ語,エリーリーム; 七十訳,「偶像」(複)。
「息」。ヘ語,ルーアハ; ギ語,プネウマ; ラ語,スピーリトゥス。
付録1ハ§2参照。
または,「その神聖さ神殿に」。ヘ語,ベヘーカル コドショー; ギ語,ナオーイ ハギオーイマタ 23:16の脚注参照。