内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ハバクク 1:1‐17

1  預言ハバクク示さ宣告:  エホバよ,いつまでわたし助け叫び求めなけれならないですか。そしてあなた聞いくださらないです+。[いつまで]わたし暴虐から救助呼び求め,そしてあなた救っくださらないです+  有害事柄わたしさせ,あなた難儀ただおられるどうしてですか。また[なぜ]奪い取ること暴虐わたしあり,[なぜ]言い争い起こり,[なぜ]抗争続いいるです+  そのため律法鈍くなり,公正施行れること全くありませ+。邪悪なる取り囲んいるため,そのため公正曲げ施行ます+  「あなた方国民見よ。眺めよ。驚き惑っ互い見つめよ+。驚き惑うよい。あなた方なされる*あるからある。それ細か話さあなた方信じないあろ*+  今わたしは,カルデア+を,無情血気はやる国民起こすからある。それ広く開け行って,自分ものない住みか入れようする+  それ恐るべき[国民]であり,畏怖抱かせる。そのからは,それ自身公正尊厳行く+  また,そのひょうより速く,夕暮れおおかみよりどう猛あっ+。そして,その乗用地面けった。遠くからその乗用*やっ来る。それらは,[何を]食べよう急ぐよう飛ん来る+  その全体が,ただ暴虐ためやっ来る+。彼ら集まると,それ東風よう*ある+。それ捕らわれよう寄せ集める。 10  またそれは,王たちあざける。高臣たちさえ,それとっ笑い物なる+。それは,防備施さすべてあざ笑い+,塵積み上げこれ攻め取る。 11  その時,それまさに*[のように]進み,進ん行っまさしく罪科負う+。それ持つこのその+*よる」。 12  エホバよ,あなた遠いからおられるありませ+。わたし*,わたしなる,あなた死なれることありませ*+。エホバよ,あなた裁きためそれ置かました。なる+,戒めるため+それ据えられです。 13  あなた見るあまり浄く,難儀いることおできなりませ+。あなた不実振る舞うたちおられるどうしてです+。邪悪自分よりかなっ呑み込んいるただ沈黙おられるは[どうしてです+]。 14  また[なぜ]地を,治めるないように,はうものようされるです+ 15  そのすべて釣り針連れ上りまし+。自分引き網連れ去っ行きます。自分魚捕り網これ集めるです+。こう歓び,喜び満たさます+ 16  こう自分引き網犠牲ささげ,魚捕り網犠牲くゆらせるです。それらよっ受け分のっもの,その食物滋味豊かもの*なるからです+ 17  そのため自分引き網中身空け,少し同情示さ絶え国民殺すことなるでしょ+

脚注

「なされる」。マソ本,「人行なう」; 七十訳,シリ訳,「わたし行なう」。
七十訳このよう読んいる,「あざけるたちよ,それ留めよ。見て,驚嘆怪しめ。そして消え去れ。わたしあなた方一つするからある。だれそれつい詳しく話しも,あなた方決して信じないあろう」。使徒 13:41参照。
または,「その騎手」。
「東風よう」,タル,および1947発見死海文書の「ハバクク注解」(クム1ハバ); マソ本,「東方」; ウル訳,「燃えるよう」。
「風」。ヘ語,ルーアハ; ギ語,プネウマ; ラ語,スピーリトゥス。
「そのに」。ヘ語,レーローホー(leʼ·lo·hoh'); ギ語,テオーイ; ラ語,デイー
「わたし」。ヘ語,エローハイ,複数形。
「あなた死なれることありません」。ヘ語,ロー タームート。これ読み方あっが,ソフェリムそれ変えて,ロー ナームート,「わたしたち死ぬことありません」と読むようた; タル,「あなた言葉[ア語,メームラーク]は定めない至るまで保ち(持続し)ます」。付録2ロ参照。
または,「その食物肥えもの」。