内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ハガイ 2:1-23

2  第七の+[月],その月の二十一[日]に,エホバの言葉が預言者ハガイ+を通して臨んでこう言った。  「ユダの総督+,シャルテル+の子ゼルバベル+,大祭司エホツァダク+の子ヨシュア+,また民の残っている者たちにどうか話してこう言うように。  『ここに残っているあなた方のうち,この家の以前の栄光を見た者がだれかいるか+。そして今,あなた方はこれをどのように見ているのか。それと比べると,これはあなた方の目には無に等しいものではないか+』。  「『しかし今,ゼルバベルよ,強くあれ』と,エホバはお告げになる。『大祭司エホツァダクの子ヨシュアよ,強くあれ+』。 「『そして,この地のすべての民*も強くあれ』と,エホバはお告げになる。『そして,働け+』。 「『わたしはあなた方と共にいるからである+』と,万軍のエホバはお告げになる。  『あなた方がエジプトから出て来た時,わたしの霊+があなた方の中にとどまっていた[時に],わたしがあなた方と締結した*事柄*を[思い起こすように+]。恐れてはいけない+』」。  「万軍のエホバはこのように言われたのである。『あと一度 ― それはしばらくのことであるが+ ― わたしは天と地と海と乾いた地とを激動させる+』。  「『またわたしはあらゆる国民を激動させる*。あらゆる国民のうちの望ましいもの*が必ず入って来る*+。わたしはこの家を栄光で満たす+』と,万軍のエホバは言われた。  「『銀はわたしのもの,金もわたしのものである+』と,万軍のエホバはお告げになる。  「『この,後の家の栄光は,先[のもの]より大いなるものとなる+』と,万軍のエホバは言われた。 「『そして,この所にわたしは平和を与える+』と,万軍のエホバはお告げになる」。 10  ダリウスの第二年,第九の[月]の二十四[日]に,エホバの言葉が預言者ハガイに臨んで+こう言った。 11  「万軍のエホバはこのように言われた。『律法に関して,どうか祭司たちにこう尋ねるように+ 12  「人*が聖なる肉を衣のすそに入れて運んでいて,そのすそでパン,煮物,ぶどう酒,油,また何かの食物に触れたなら,それは聖なるものとなるのだろうか+」』」。 すると祭司たちは答えて,「そうではない」と言った。 13  それでハガイはなおも言った,「死亡した魂*によって汚れている者がこれらのいずれかに触れるなら,それは汚れたものとなるだろうか+」。 それに対し祭司たちは答えて言った,「それは汚れたものとなる」。 14  そこでハガイは答えて言った,「『わたしの前にあって,この民はそのようであり,この国民はそのようである+』と,エホバはお告げになる。『彼らの手のすべての業,またすべて彼らがそこに差し出す物はそのようである。それは汚れている+』。 15  「『しかし今,この日以後,[このことに]どうかあなた方の心を留めるように+。エホバの神殿で*石の上に石を重ねることがなされる前+ 16  こうした事が生じた時からのことを ― 人が二十[升]分の山に来てみると,それはただ十[升]であった。酒ぶねから五十[升]くみ取ろうとして搾りおけに来てみると,それはただ二十[升]であった+ 17  わたしはあなた方を立ち枯れ+と白渋病+と雹+で打った。実にあなた方の手のすべての業を[打った+]。それでも,[翻って]わたしに向かう者はだれもいなかった+』と,エホバはお告げになる ― 18  「『この日以後,すなわち第九の[月]の二十四[日]より後,エホバの神殿の土台が据えられた日+より後に,[このことに]どうかあなた方の心を留めるように+。[このことに]あなた方の心を留めよ。 19  すなわち,穀物の穴蔵*にまだ種があるだろうか+。そして,ぶどうの木,いちじくの木,ざくろの木,オリーブの木はまだ ― それは実を結ばなかったではないか。この日より後,わたしは祝福を与えるであろう+』」。 20  また,その月の二十四[日+],エホバの言葉は二度目にハガイに臨んで+,こう言った。 21  「ユダの総督ゼルバベルにこう言うように+。『わたしは天と地を激動させようとしている+ 22  また,わたしは必ずもろもろの王国の王座を覆し,諸国民の王国の力を滅ぼし尽くす+。わたしは兵車とその乗り手とを覆す。馬とその乗り手とは,各々その兄弟の剣によって+倒れることになる+』」。 23  「『その日に』と,万軍のエホバはお告げになる,『わたしはあなたを召す,わたしの僕,シャルテル+の子ゼルバベル+よ』と,エホバはお告げになる。『わたしは必ずあなたを印章指輪として据える+。あなたはわたしが選んだ者だからである+』と,万軍のエホバはお告げになる+」。

脚注

「このの……」。ヘ語,アム ハーアーレツ。後侮べつ用いられた。ヨハ 7:47‐49比較。
「締結た」。字義,「切った」。
字義,「言葉」。
字義,「またわたしあらゆる国民揺り動かす」。
「望ましいもの」(複),母音符号打ち方変えることよる; マソ本,「望ましいもの; 貴重もの」,単数が,この複数動詞伴っいるで,明らか集合意味用いられいる。
または,「彼らが,あらゆる国民うち望ましいもの必ず入っ来る」。
「人」。ヘ語,イーシュ。
「死亡魂」。字義,「魂」。すなわち,死ん魂。ヘ語,ネフェシュ; ギ語,プシュケーイ; ラ語,アニマー。レビ 21:11民 6:6脚注; 付録4イ参照。
「の神殿で」。ヘ語,ベヘーカル; ギ語,ナオーイ; ラ語,テンプローマタ 23:16脚注参照。
「穀物穴蔵」。または,「貯蔵室」。