アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ハガイ 1:1-15

1  王ダリウスの第二年+,第六の月,その月の一日に,エホバの言葉が,預言者ハガイ+により,ユダの総督+,シャルテル+の子ゼルバベル+と,大祭司*エホツァダク+の子ヨシュア*+に臨んで,こう言った。  「万軍のエホバ*+はこのように言われた。『この民は言った,「時は来ていない。エホバの家,[それが]建てられる時は[来ていない]」と+』」。  そしてエホバの言葉は引き続き預言者ハガイを通して臨み,こう言った。  「この家が荒れているのに+,あなた方のほうは鏡板を張った家に住んでいる時だろうか+  それで今,万軍のエホバはこう言われた。『あなた方は自分の道に心を留めよ+  あなた方は沢山の種をまいたが,わずかな取り入れしかない+。食べはするが,満ち足りることはない+。飲みはするが,陶酔にまでは至らない。衣服を身に着けはするが,だれかが暖かくなるわけでもない。雇われる者も,穴のあいた袋のために雇われているのである+』」。  「万軍のエホバはこのように言われた。『あなた方は自分の道に心を留めよ+』。  「『山*に上れ。あなた方は材木を携えて来なければならない+。そしてこの家を建てよ+。わたしがそれを喜びとし+,わたしが栄光を受けるためである+』と,エホバは言われた」。  「『多くを求めはしたが,見よ,ほんのわずかしかなかった+。あなた方は[それを]この家の中に携えて来たが,わたしはそれに息を吹きかけた+―これはなぜか+』と,万軍のエホバはお告げになる。『それは,荒れているわたしの家のゆえであり,あなた方がそれぞれ自分の家のために走り回っているからである+ 10  それゆえに,あなた方に対して,天は露を差し控え,地もその産物を差し控えた+ 11  そしてわたしは地*の上に干ばつを呼び求め,また山々の上,穀物の上,新しいぶどう酒の上+,油の上,地面が生み出す物の上,地の人*の上,家畜の上,手のあらゆる労苦の上に[それを求めた+]』」。 12  すると,シャルテルの子ゼルバベル+,大祭司*エホツァダク+の子ヨシュア,および民の残っている者たちすべては,その*エホバの声+,また預言者ハガイ+の言葉に聴き従うようになった。そのエホバが彼を遣わしたからである。そして民はエホバのゆえに恐れを抱くようになった+ 13  それで,エホバの使者*+ハガイは,エホバからの使者としての務めにしたがい+,さらに民に話してこう言った。「『わたしはあなた方と共にいる+』と,エホバはお告げになる」。 14  そしてエホバは,ユダの総督,シャルテルの子ゼルバベルの霊,また大祭司エホツァダクの子ヨシュア+の霊*,さらに民の残っている者たちすべての霊を奮い立たせた+。それで彼らは中に入って,そのである万軍のエホバの家の中の仕事を行なうようになった+ 15  それは,王ダリウス+の第二年,第六の月の二十四日であった。

脚注

または,「祭司長」。字義,「大いなる祭司」,マソ本,七十訳,ウル訳。
「ヨシュア」。「エホバは救い」の意。字義,「エホシュア」,マソ本; シリ訳,「エシュア」; 七十訳,ウル訳,「イエス」。ヘブ 4:8,「ヨシュア」の脚注参照。
「万軍のエホバ」。ヘ語,エフワー ツェヴァーオート; ギ語,キュリオス パントクラトール,「全能のエホバ」; ルター訳(ドイツ語,1964年版),der HERR Ze′ba·oth。この表現はハガイの預言の中に14回出て来る。
または,「山地」。
」。ヘ語,ハーアーレツ
「地の人」。または,「人間」。ヘ語,ハーアーダーム。
字義,「大いなる祭司」。
「その」。ヘ語,エローヘーヘム。
または,「の使い」。ヘ語,マルアク; ギ語,アンゲロス; ラ語,ヌンティウス,「使者」。
「の霊」。ヘ語,ルーアハ; ギ語,プネウマ; ラ語,スピーリトゥム。