内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ネヘミヤ 8:1‐18

8  次いで,民みな,“水+”のある公共広場+よう+集まった。そこで彼らは,エホバイスラエル命じられ+モーセ律法++持っ来るように,写字エズラ+言った。  それゆえ,祭司+エズラ+一日に,男も,すべて聴い理解できる+人々からなる会衆*律法持っ+  そして,彼は“水門”のある公共広場で,夜明けから+真昼まで,男およびその他理解できるたちで,それ朗読+続けた。すべて+律法に[注意向け+]いた。  そして,写字エズラ人々この*ため造っ木製演壇+*立った。彼そばは,その右手マタテヤ,シェマ,アナヤ,ウリヤ,ヒルキヤおよびマアセヤが,またそのペダヤ,ミシャエル,マルキヤ+,ハシュム+,ハシュバダナ,ゼカリヤ[および]メシュラム立った。  次いエズラすべてその開い+。彼すべてよりからある。彼それ開くと,民みな立ち上がっ+  そこでエズラ大いなる,[まことの]エホバ+ほめたたえると,これ対しみな挙げながら+,「アーメン! アーメン+!」と答えた。それから彼ら低くかがめ+,地に[その]顔伏せエホバ伏し拝ん+  そして,エシュアバニシェレブヤ+,ヤミン,アクブ,シャベタイ,ホディヤ,マアセヤ,ケリタ,アザリヤ,ヨザバド+,ハナン,ペラヤ+,すなわちレビたち律法説明*+,その立っまま+  そして彼ら書,すなわち[まことの]律法朗読続け+,それ説き明かさ*,[それに]意味付すことなされ*,こう彼らその読むところ理解させるあっ+  それから,ネヘミヤ+,すなわちティルシャタ+と,写字ある祭司エズラ+と,民教え諭しレビたちすべて向かっ言った,「このは,あなた方エホバとっなる[日]です+。嘆き悲しんだり,泣いたりなりませ+」。民律法言葉聞いとき,皆泣いからある+ 10  次いは[民]に言った,「行って,肥えもの食べ,甘いもの飲み,何用意できない分け前+送りなさい。このわたしたちとっ*なる[日]だからです。気悪くなりません。エホバ喜びあなた方とりでからです」。 11  そして,レビすべて黙っいるよう命じて,「静かなさい! このなる[日]なです。気悪くなりません」と言うあった。 12  こうみな去っ行っ食べたり飲んだりし,分け前送り+,大いに歓ん+。これは,彼ら知らさ言葉理解からある+ 13  そしてに,すべてたちたち,祭司たち,およびレビたちは,写字エズラもと寄り集まった。すなわち,律法言葉洞察することできるようなるためあっ+ 14  それから彼らは,エホバモーセ通し命じられこと+律法書いある見つけた。それは,イスラエル+祭りあいだ仮小屋住み+ 15  また,布告+,そのすべて都市およびエルサレム+あまねくお触れ出さて,「山地+行き,オリーブ+葉,油葉,ぎんばいか葉,やし葉,および茂っ持って,記さいる通り仮小屋造りなさい」と言わなけれならないいうものあった。 16  そこで行って,[それを]持っ帰り,それぞれ自分屋根+や,中庭中,または[まことの]中庭+や,“水+”の公共広場+や,“エフライム+”の公共広場などに,自分たちため仮小屋造った。 17  こうて,捕囚から戻ったち会衆仮小屋造り,仮小屋住むことなった。イスラエルヌンヨシュア*+時代からこのまでこのようことなかっある。それ非常大きな歓びあっ+ 18  そして,最初から最後まで毎日,[まことの]律法朗読行なわ+。そして,人々間,祭り執り行ない,八定めしたがって,聖会行なわ+

脚注

「からなる会衆」。ヘ語,ハッカーハール; ギ語,エックレーシアス
字義,「言葉; 言わこと; 事柄」。
「木製演壇に」。ヘ語,アルミグダルエーツ; ギ語,エピ ベーマトス クシュリヌー。
または,「民律法教え諭した」。
または,「それ解釈れ」。ヘ語,メフォーラーシュ; ウル訳,「はっきりと(朗読し)」。
「付すことなされ」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。
「わたしたちとって」。ヘ語,ラアドーネーヌー。
「ヨシュア」。ヘ語,エーシューア; 七十訳,「イエス」。ヨシュ 1:1,「ヨシュア」の脚注比較。