アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ネヘミヤ 7:1-73

7  そして,城壁が建て直されるや+,わたしは直ちに扉を取り付けたのである+。それから,門衛+と歌うたい+とレビ人+が任じられた。  次いで,わたしはわたしの兄弟ハナニ+の君ハナニヤをエルサレムを治めるよう立てた+。それは彼が実に信頼できる+*であり,ほかの多くの人に勝って[まことの]を恐れていた+からである。  そこでわたし*は彼らに言った,「太陽が熱くなるまでは,エルサレムの門+は開けてはなりません。そして,人々がそばに立っている間に,扉を閉め,[これに]差し錠を差さなければなりません+。また,エルサレムの住民の見張りを,各々自分の見張り所,各々自分の家の前のところに配置しなさい*+」。  さて,この都は広々として*大きかったが,その内にはわずかの民しかおらず+,また家々は建てられていなかった。  ところで,わたしのは,わたしが高貴な人々や代理支配者たちや民を集めて,系図に記録させるべきこと+を,わたしの心に授けられた+。それから,わたしは最初に上って来た人たちの系図上の記録+の書を見つけ,そこにこう書いてあるのを見いだした。  これらは,バビロン*の王ネブカドネザル+が捕らえて流刑に処していた,流刑にされた+人々の捕囚+から解かれて上り,後にエルサレムとユダとに,各々自分の都市に帰って来た+,この管轄地域*+の子らである。  ゼルバベル+,エシュア*+,ネヘミヤ,アザリヤ*,ラアムヤ*,ナハマニ,モルデカイ+,ビルシャン,ミスペレト*,ビグワイ,ネフム*,バアナと共にやって来た者たちである。 イスラエルの民の人々の数は次の通りである。  パルオシュ+の子らは二千百七十二人。  シェファトヤ+の子らは三百七十二人。 10  アラハ+の子らは六百五十二人。 11  パハト・モアブ+の子ら,エシュアとヨアブ+の子らの[者]は二千八百十八人。 12  エラム+の子らは一千二百五十四人。 13  ザト+の子らは八百四十五人。 14  ザカイ+の子らは七百六十人。 15  ビヌイ+の子らは六百四十八人。 16  ベバイ+の子らは六百二十八人。 17  アズガド+の子らは二千三百二十二人。 18  アドニカム+の子らは六百六十七人。 19  ビグワイ+の子らは二千六十七人。 20  アディン+の子らは六百五十五人。 21  アテル+の子ら,ヒゼキヤの[者]は九十八人。 22  ハシュム+の子らは三百二十八人。 23  ベツァイ+の子らは三百二十四人。 24  ハリフ+の子らは百十二人。 25  ギベオン+の子らは九十五人。 26  ベツレヘム+とネトファ+の人々は百八十八人。 27  アナトテ+の人々は百二十八人。 28  ベト・アズマベト+の人々は四十二人。 29  キルヤト・エアリム+,ケフィラ+およびベエロト+の人々は七百四十三人。 30  ラマ+とゲバ+の人々は六百二十一人。 31  ミクマス+の人々は百二十二人。 32  ベテル+とアイ+の人々は百二十三人。 33  ほかのネボ+の人々は五十二人。 34  ほかのエラム+の子らは一千二百五十四人。 35  ハリム+の子らは三百二十人。 36  エリコ+の子らは三百四十五人。 37  ロド+,ハディド+およびオノ+の子らは七百二十一人。 38  セナア+の子らは三千九百三十人。 39  祭司は次の通りである。エシュアの家のエダヤ+の子らは九百七十三人。 40  イメル+の子らは一千五十二人。 41  パシュフル+の子らは一千二百四十七人。 42  ハリム+の子らは一千十七人。 43  レビ人は次の通りである。エシュアの子ら,カドミエル+の[者],ホデワ+の子らの[者]は七十四人。 44  歌うたい+は,アサフ+の子ら,百四十八人。 45  門衛+は,シャルム+の子ら,アテルの子ら,タルモン+の子ら,アクブ+の子ら,ハティタの子ら,ショバイ+の子ら,百三十八人。 46  ネティニム*+は次の通りである。ツィハの子ら,ハスファの子ら,タバオト+の子ら, 47  ケロスの子ら,シア*の子ら,パドン+の子ら, 48  レバナの子ら,ハガバ+の子ら,サルマイの子ら, 49  ハナン+の子ら,ギデルの子ら,ガハルの子ら, 50  レアヤ+の子ら,レツィン+の子ら,ネコダの子ら, 51  ガザムの子ら,ウザの子ら,パセアハの子ら, 52  ベサイ+の子ら,メウニムの子ら,ネフシェシム*+の子ら, 53  バクブクの子ら,ハクファの子ら,ハルフル+の子ら, 54  バツリト*の子ら,メヒダの子ら,ハルシャ+の子ら, 55  バルコスの子ら,シセラの子ら,テマハ+の子ら, 56  ネジアの子ら,ハティファ+の子ら。 57  ソロモン+の僕たちの子らは次の通りである。ソタイの子ら,ソフェレトの子ら,ペリダ*+の子ら, 58  ヤアラの子ら,ダルコンの子ら,ギデル+の子ら, 59  シェファトヤの子ら,ハティルの子ら,ポケレト・ハツェバイムの子ら,アモン*+の子ら。 60  ネティニム+と,ソロモンの僕たちの子らは合わせて三百九十二人であった。 61  そして,これらの者はテル・メラハ,テル・ハルシャ,ケルブ,アドンおよびイメル+から上って来た者たちであったが,彼らはその父の家と血統*,自分たちがイスラエルの出であるかどうかを告げることができなかった。 62  すなわち,デラヤの子ら,トビヤの子ら,ネコダ+の子ら,六百四十二人。 63  そして,祭司+のうちでは,ハバヤの子ら,ハコツ+の子ら,バルジライ+の子ら。この[バルジライ]はギレアデ人バルジライ+の娘たちのうちから妻をめとったので,その名で呼ばれるようになった。 64  これらの者は自分たちの系図を公に確立しようとして登録簿を捜し求めた者たちであったが,それは見つからなかったので+,彼らは汚れた者として祭司職+から除外された。 65  それゆえ,ティルシャタ*+は彼らに,祭司がウリム+とトンミム+を着けて立ち上がるまでは最も聖なるものを食べてはならない+と言った。 66  全会衆は一団として四万二千三百六十人であり+ 67  このほかに,彼らの男の奴隷+および奴隷女,これらは七千三百三十七人+で,彼らには二百四十五人*の男の+歌うたいと女の+歌うたいがいた。[ 68  彼らの馬は七百三十六頭,そのらばは二百四十五頭であった+。]* 69  らくだは四百三十五頭であった。ろば+は六千七百二十頭+であった。 70  また,父方の+家の頭+のうち仕事のために献じた幾人かの者がいた+。ティルシャタ+は,財宝のために金一千ドラクマ*,鉢五十,祭司の長い衣五百三十着を献じた+ 71  また,父方の家の頭のうち仕事のため財宝のために金二万ドラクマおよび銀二千二百ミナ*を献じた何人かの者がいた+ 72  それに,その他の民の献じたものは,金二万ドラクマと銀二千ミナおよび祭司の長い衣六十七着であった。 73  こうして,祭司+,レビ人,門衛,歌うたい+,民の一部の者,ネティニム+およびすべてのイスラエル[の人々]はそれぞれの都市に住むようになった+。第七の月が到来したとき+,イスラエルの子らはそれぞれの都市にいた+

脚注

「信頼できる人」。または,「真実の人」。
「わたし」,マソ本欄外,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,「彼」。5:9の脚注と比較。
「また……配置しなさい」,マソ本,七十訳; ウル訳および一つのヘブライ語写本,「また,わたしは……配置した」。
字義,「両側が広くて」,つまり,広大で。
「バビロン」,七十訳,ウル訳; マソ本,シリ訳,「バベル」。
「管轄地域」,ラ語,プローウィンキアエ。
「イエス」,七十訳。
エズ 2:2では「セラヤ」。
エズ 2:2では「レエラヤ」。
エズ 2:2では「ミスパル」。
エズ 2:2では「レフム」。
または,「神殿奴隷」。字義,「与えられた者たち」。民 3:9の脚注と比較。
エズ 2:44では「シアハ」。
エズ 2:50では「ネフシム」。
エズ 2:52では「バツルト」。
エズ 2:55では「ペルダ」。
エズ 2:57では「アミ」。
「血統」。字義,「胤」。
管轄地域の総督に対するペルシャの称号。
エズ 2:65では「二百人」。
七十訳,ウル訳,および幾つかのヘブライ語写本は,エズ 2:66と一致して,角かっこ内の部分を付け加えている。
1ドラクマは一般に,重さ8.4㌘のペルシャのダリク金貨に等しいとされた。ギリシャ語聖書に出て来るドラクマのことではない。付録8イ参照。
1ミナは重さ570㌘。ギリシャ語聖書に出て来るミナのことではない。