アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ネヘミヤ 6:1-19

6  さて,わたしが城壁を建て直し+,それには破れ目が残されていないということが,サンバラテ+とトビヤ+,それにアラビア人+ゲシェム+およびその他のわたしたちの敵に知らされるや(その時まで扉+は,門+に取り付けていなかったが),  サンバラテとゲシェムは直ちにわたしのところに人をよこして,こう言ったのである。「さあ,オノ+の谷あいの平原の村で申し合わせて一緒に会おう+」。しかし彼らはわたしに害をもたらそうとたくらんでいたのである+  そこで,わたしは彼らのところに使者を遣わして+言った,「わたしがしているのは大きな仕事なので+,下って行くことができません。わたしが[仕事]をそのままにして,あなた方のところに下って行っている間に仕事がやむようなことがあってよいでしょうか+」。  ところが,彼らは四度もこの同じ言葉をわたしに言ってよこしたので,わたしもこの同じ言葉で彼らに返答し続けた。  ついにサンバラテ+は五度目にこの同じ言葉でその従者をわたしのところに遣わしたが,その手には開封した手紙があった。  それにはこう書いてあった。「諸国民の間で伝え聞かされ,ゲシェム+*言っているが,あなたとユダヤ人たちは背くことをたくらんでいる+。そのような訳で,あなたは城壁を建て直している。これらの言葉によれば,あなたは彼らの王になろうとしている+  また,あなたがエルサレム中で自分について呼ばわらせ,『ユダに王がいる!』と言わせるために任じた預言者たちさえいる。それで今や,このような事は王に知らされるであろう。そこで今,どうか来てもらいたい。一緒に協議しよう+」。  しかし,わたしは彼のところに人をやって言わせた,「あなたが言っているような事は起きていません+。ただ,あなたはそれを自分の心から考え出しているのです+」。  彼らは皆,「彼らの手+は垂れて仕事をしなくなり,それは行なわれなくなるだろう」と言って,わたしたちを恐れさせようとしていたのである。しかし今,わたしの手を強めてください*+ 10  ときに,わたしが,メヘタブエルの子デラヤの子シェマヤの家に入ったところ,彼は閉じこもっていた+。そこで彼は言った,「[まことの]の家,神殿*+の中で,申し合わせによって会い+,神殿の扉を閉じておきましょう。彼らがあなたを殺しにやって来ようとしており,それも夜中に+あなたを殺しにやって来ようとしているからです」。 11  しかしわたしは言った,「わたしのような者が逃げてよいのでしょうか+。それに,わたしのような者で,だれが神殿に入って生きられましょう+。わたしは入りません!」 12  そこで,わたしは調査したが,それが何と,彼を遣わしたのはではなかった+。トビヤとサンバラテ+が彼を雇ったので+,彼はわたしに対してこの預言を語った+のである。 13  このために彼は雇われたのである+。すなわち,わたしが恐れて+そのようにし,必ずや罪をおかして+,それが必ず悪い評判+として彼らのものとなり,彼らがわたしをそしるためであった+ 14  私のよ,トビヤ+とサンバラテを,[各々]のこれらの行ないにしたがって,どうか覚え+,また絶えずわたしを恐れさせようとしていた女預言者ノアドヤ+やその他の預言者たちを[覚えて]ください。 15  ついに,城壁+は五十二日かかって,エルル*の二十五[日]に完成した。 16  そして,わたしたちの敵+が皆,[これを]聞き,わたしたちの周りにいる諸国民が皆これを見るや,彼らは直ちに大いに面目を失い,この仕事が行なわれたのは,わたしたちのによるものであることを知るようになったのである+ 17  また,そのころ,ユダの高貴な人たち+は,トビヤのもとに届く手紙を数多く作成しており+,彼らのもとに来るトビヤの手紙も[同様であった]。 18  ユダのうちの多くの人が彼と誓いを立てていた*からである。彼はアラハ+の子シェカヌヤの婿だったのである。その子エホハナンもベレクヤの子メシュラム+の娘をめとっていた。 19  また,[トビヤ]に関する良いことを彼らは絶えずわたしの前で言っていた+。そして,わたしの言葉を彼らは絶えず彼に伝えていた。トビヤがわたしを恐れさせようとして送ってよこした手紙も幾通かあった+

脚注

ゲシェムも」。ヘ語,ウェガシュムー
「わたしの手を強めてください」,マソ本; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「わたしは自分の手を強めた」。
神殿」。ヘ語,ハヘーカール; ラ語,テンプリーマタ 23:16の脚注参照。
「エルル」。ユダヤ人の太陰第6の月の流刑後の名称で,8月から9月に当たる。
「誓いを立てていた」。字義,「誓いの所有者(誓いの主)であった」。