内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ネヘミヤ 6:1‐19

6  さて,わたし城壁建て直し+,それ破れ目残さないいうことが,サンバラテ+トビヤ+,それアラビア+ゲシェム+およびその他わたしたち知らされるや(そのまで+は,門+取り付けなかっが),  サンバラテゲシェム直ちにわたしところよこして,こう言っある。「さあ,オノ+谷あい平原申し合わせ一緒会お+」。しかし彼らわたしもたらそたくらんある+  そこで,わたし彼らところ使者遣わし+言った,「わたしいる大きな仕事+,下っ行くことできません。わたしが[仕事]をそのままて,あなた方ところ下っ行っいる仕事やむようことあっよいでしょ+」。  ところが,彼らこの同じ言葉わたし言っよこしで,わたしこの同じ言葉彼ら返答続けた。  ついにサンバラテ+この同じ言葉その従者わたしところ遣わしが,その開封手紙あった。  それこう書いあった。「諸国民伝え聞かされ,ゲシェム+*言っいるが,あなたユダヤたち背くことたくらんいる+。そのようで,あなた城壁建て直しいる。これら言葉よれば,あなた彼らなろいる+  また,あなたエルサレム自分つい呼ばわらせ,『ユダいる!』と言わせるため任じ預言たちさえいる。それ今や,このよう知らされるあろう。そこで今,どうかもらいたい。一緒協議よう+」。  しかし,わたしところやっ言わせた,「あなた言っいるよう起きませ+。ただ,あなたそれ自分から考え出しいるです+」。  彼ら皆,「彼ら+垂れ仕事なくなり,それ行なわなくなるだろう」と言って,わたしたち恐れさせようある。しかし今,わたし強めください*+ 10  ときに,わたしが,メヘタブエルデラヤシェマヤ入っところ,彼閉じこもっ+。そこで言った,「[まことの]家,神殿*+で,申し合わせよっ会い+,神殿閉じおきましょう。彼らあなた殺しやっようおり,それ夜中+あなた殺しやっよういるからです」。 11  しかしわたし言った,「わたしよう逃げでしょ+。それに,わたしようで,だれ神殿入っ生きられましょ+。わたし入りません!」 12  そこで,わたし調査が,それと,彼遣わしなかっ+。トビヤサンバラテ+雇っ+,彼わたし対しこの預言語っ+ある。 13  このため雇わある+。すなわち,わたし恐れ+そのようし,必ずやおかし+,それ必ず悪い評判+彼らものなり,彼らわたしそしるためあっ+ 14  私よ,トビヤ+サンバラテを,[各々]のこれら行ないしたがって,どうか覚え+,また絶えわたし恐れさせよう預言ノアドヤ+その他預言たちを[覚えて]ください。 15  ついに,城壁+五十二かって,エルル*二十五[日]に完成た。 16  そして,わたしたち+皆,[これを]聞き,わたしたち周りいる国民これ見るや,彼ら直ちに大いに面目失い,この仕事行なわは,わたしたちよるものあること知るようなっある+ 17  また,そのころ,ユダ高貴たち+は,トビヤもと届く手紙数多く作成おり+,彼らもと来るトビヤ手紙も[同様あった]。 18  ユダうち多く誓い立て*からある。彼アラハ+シェカヌヤ婿だっある。そのエホハナンベレクヤメシュラム+めとった。 19  また,[トビヤ]に関する良いこと彼ら絶えわたし言っ+。そして,わたし言葉彼ら絶え伝えた。トビヤわたし恐れさせよう送っよこし手紙あっ+

脚注

ゲシェムも」。ヘ語,ウェガシュムー
「わたし強めください」,マソ本; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「わたし自分強めた」。
神殿」。ヘ語,ハヘーカール; ラ語,テンプリーマタ 23:16脚注参照。
「エルル」。ユダヤ太陰6流刑名称で,8から9当たる。
「誓い立てた」。字義,「誓い所有者(誓い主)であった」。