内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ネヘミヤ 3:1‐32

3  こうて,大祭司エルヤシブ+と,その兄弟ある祭司たち立ち上がり,“羊+”を建てた。彼らこれ神聖もの+,その取り付けある。そして,“メア*+”までこれ神聖ものし,“ハナヌエル+”にまで及んだ。  そして,彼ら傍らエリコ+人々建てた。また,彼ら傍らイムリザクル建てた。  そして“魚+”は,ハセナア建てた。彼らこれ材木用い+,さらにその+,差し錠およびかんぬき+取り付けた。  そして,彼ら傍らハコツウリヤ+メレモト+修理し,彼ら傍らメシェザブエルベレクヤメシュラム+修理た。また,彼ら傍らバアナザドク修理た。  さらに彼ら傍らテコア+修理た。しかし,その威光あるたち+は,彼ら主人たち*奉仕そのうなじ引き入れなかった。  そして,“旧[市]の+”は,パセアハヨヤダベソデヤメシュラム修理た。彼らこれ材木用い,さらにその差し錠およびかんぬき取り付け+  そして,彼ら傍らギベオン+メラトヤメロノト+ヤドン修理た。彼ら+向こう総督+属するギベオン+ミツパ+人々ある。  彼傍らハルハヤウジエルなど細工+修理し,また傍ら塗り油調合+一員ハナニヤ修理た。こうて,彼らエルサレムに“広い城壁+”まで板石敷いた。  また,彼ら傍らエルサレム半区君,フルレファヤ修理た。 10  さらに,彼ら傍らハルマフエダヤ自分ところ修理+。また,彼傍らハシャブネヤハトシュ修理た。 11  ほか測量部分は,ハリム+マルキヤパハトモアブ*+ハシュブ修理た。“焼きかまど+”もそうある。 12  そして,彼傍らエルサレム半区+,ハロヘシュシャルムが,そのたち修理た。 13  “谷+”は,ハヌンと,ザノアハ+住民修理た。彼らこれ建て,さらにその+,差し錠+およびかんぬき+取り付け,また“灰*+”まで城壁一千キュビト*を[修理た]。 14  そして“灰門”は,ベトハケレム+地区君,レカブマルキヤ修理た。彼これ建て,その扉,差し錠およびかんぬき取り付けある。 15  そして“泉+”は,ミツパ+地区君,コルホゼシャルン*修理た。彼これ建て,屋根付け覆い,その扉,差し錠およびかんぬき取り付け+,また“用水*+”の城壁を“王+”まで,さらに“ダビデ都市+”から下っ来る階段+ところまで[修理た]。 16  彼後,ベトツル+半区君,アズブクネヘミヤが“ダビデ埋葬+”のと,造ら+と,“力あるたち*+”のところまで修理た。 17  彼後,バニ+レフムなど,レビ+修理た。彼傍らケイラ+半区君,ハシャブヤその地区ため修理た。 18  彼後,ケイラ半区君,ヘナダドバワイなど,彼ら兄弟たち修理た。 19  次いミツパ+君,エシュア*+エゼル傍らで,控え壁ところ武器上るほか測量部分修理+ 20  彼後,ザバイ+バルク熱意込め働き+,[そして]控え壁から祭司エルヤシブ+入口までの,ほか測量部分修理た。 21  彼後,ハコツウリヤ+メレモトが,エルヤシブ入口からエルヤシブまでの,ほか測量部分修理た。 22  そして後,[ヨルダン]地域+人々ある祭司たち修理た。 23  彼ら*後,ベニヤミンハシュブ自分たちところ修理た。彼ら後,アナヌヤマアセヤアザリヤ自分すぐそば修理た。 24  彼後,ヘナダドビヌイアザリヤから控え壁+ところまでの,ほか測量部分修理た。 25  [彼後,]ウザイパラル控え壁と,“監視中庭+”に属するある“王+”から突き出いるところで[修理た]。彼パルオシュ+ペダヤた。 26  そしてネティニム*+は,オフェル+住むあった。[彼らは]東の“水+”と突き出いるところまで[修理た]。 27  彼ら後,テコア+が,突き出いる大きなところからオフェル城壁までの,ほか測量部分修理た。 28  “馬+”の祭司たち各々自分ところ修理た。 29  彼ら後,イメルザドク+自分ところ修理た。 そして後,“東*+”の番人ある,シェカヌヤシェマヤ修理た。 30  彼後,シェレムヤハナニヤツァラフハヌンほか測量部分修理た。 後,ベレクヤメシュラム+自分広間+ところ修理た。 31  彼後,金細工+組合一員*マルキヤが,“検分*”のところで,ネティニム+貿易たち+と,隅屋上ところまで修理た。 32 * そして,隅屋上と“羊+”のは,金細工貿易たち修理た。

脚注

字義,「“百塔”」。
「彼ら主人たち[または,]」。ヘ語,アドーネーヘム。アードーン複数形。卓越表わしいるしれない。
「モアブ総督」の意。
「“糞門”」,七十訳,ウル訳。
445㍍。
「シャルム」,シリ訳および幾つヘブライ写本。
または,「シェラハ池」。
または,「ギボリム」。ヘ語,ハッギッボーリーム
「イエス」,七十訳。
「彼の」,マソ本。
「そしてネティニム(神殿奴隷)」。字義,「そして与えられたち」。ヘ語,ウェハンネティーニーム; ギ語,ナティニム; ウル訳(ラ語),ナティナエイー。民 3:9脚注比較。
字義,「“[日の]出門”」。
「一員」。字義,「子」。
または,「“ハミフカド門”」。
この対応するマソ本欄外は,「この半分」という意味ヘブライ言葉記さおり,ここエズラネヘミヤ両方合わせヘブライ685真ん中あること,またマソ本この二つ1あっこと示しいる。