内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ネヘミヤ 2:1‐20

2  そして,王アルタクセルクセス+二十+,ニサン*+に,[王]のぶどうあり,わたしいつもようぶどう取り上げ,それ差し上げある+。ところで,かつてわたしは[王]の一度憂うつ様子ことなかっ+  それで,王わたし言った,「あなた病気ないに,どうして憂うつ+いるか。これ憂うつなっいるからほかならない+」。そこで,わたし非常恐れた。  それから,わたし言った,「王定めないまで生き長らえますよう+! 私父祖埋葬+あるあの+荒れ廃れ,その食らい尽くさおります+,どうして憂うつないおらましょか」。  するとわたし言った,「あなた願い求めいるこのことどういうこと+」。直ちに,わたし+祈っ+  その後,わたし言った,「もし,王とっそれ確か良い思われるでしたら+,またもし,このみ前良い思われるでしたら+,私ユダに,私父祖埋葬都市遣わし,これ建て直さ+くださいますように」。  すると,王わたしこう言っが,そのとき王妃その傍ら座った。「あなたどのくらいかかり,いつ帰っ来るか」。それで,わたし定められ期間+述べると,わたし遣わすこと良いこと思わ+  次いで,わたし言った,「もしとっ確か良い思われるでしたら,*向こう+総督たち+手紙+賜わり,私ユダ着くまで,彼ら通らせるようください。  また,王属する庭園*番人アサフ手紙も[賜わり],この+属する*+材木建てるため,また城壁+と,私入るべきために,彼木材与えるようさせください」。それは,わたしあっわたし良いみ手したがって+,[それらを]わたし賜わった。  ついに,わたし向こう総督たち+ところ行き,王手紙彼ら渡した。さらに,王軍勢たち騎手たちわたし遣わしくれた。 10  ホロン+サンバラテ+と,アンモン+あるトビヤ+は[このことを]聞いとき,ある*イスラエルため善いこと求めやっいうことが,彼らとっ非常悪いこと思え+ 11  ついに,わたしエルサレム着いて,そことどまった。 12  そこでわたしは,わたし一緒に,夜中起きが,わたしは,エルサレム+ため行なうよう,わたしわたし入れおられることだれ告げ+,またわたし乗っ家畜ほかは,わたしもと家畜なかった。 13  それから,わたし夜中に“谷+”を通り,“大へび*”の前,“灰*+”のところ行き,終始エルサレム城壁+を,どのようそれ崩され,その+食らい尽くさ調べた。 14  さらに,わたしは“泉+”へ,また“王池”へ進ん行っが,わたしまたがっ家畜進ん行けるなかった。 15  しかし,わたし夜中奔流+上っ行き,城壁調べ続けた。その後,わたし戻って,“谷+”を通っ入り,それから帰った。 16  ところで,代理支配たち+は,わたしどこ行っか,また知らなかった。それに,ユダヤも,祭司も,高貴たちも,代理支配たちも,その他工事するたちも,わたしまだ告げなかった。 17  ついにわたし彼ら言った,「あなた方わたしたち陥っいる窮状,エルサレム荒れ廃れ,その焼かます。さあ,エルサレム城壁建て直して,わたしたちもうこれ以上恥辱被ることならないようましょ+」。 18  さらに,わたしわたしみ手+と,それわたし良いものあっこと+,またわたし言っ言葉+こと彼ら告げた。すると彼ら言った,「立ち上がって,ぜひ建てることましょう」。それで,彼らこの良いためその強め+ 19  さて,ホロンサンバラテ+と,アンモン+ある+トビヤ+,およびアラビア+ゲシェム+これ聞くと,わたしたちあざ笑い+,わたしたち見下して,こう言いだした。「お前たちいるこのだ。お前たち背こいる+」。 20  けれども,わたし彼ら返答言った,「天+こそ,わたしたち奏さくださるですから+,そのあるわたしたち立ち上がり,わたしたち必ず建てます。しかしあなた方は,エルサレム分け前+も,正当権利も,記念+ありません」。

脚注

「ニサン」。ユダヤ太陰1流刑名称で,この名称来る2か所うち最初例。3から4当たる。エス 3:7参照。
すなわち,ユーフラテス川。
庭園」。ヘ語,ハッパルデース; ギ語,パラデイスー; シ語,パルダイサー。
「城」。または,「要塞」。再建神殿北西位置た。
または,「ある人」。ヘ語,アーダーム。
字義,「“龍泉”」,マソ本,ウル訳; 七十訳合わせマソ本訂正することより,「“いちじく泉”」。多分,エンロゲル井戸同一。
「“灰門”」。普通,七十訳ウル訳場合ように,“糞門”と呼ばた。