アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ネヘミヤ 2:1-20

2  そして,王アルタクセルクセス+の第二十年+,ニサン*+の月に,[王]の前にぶどう酒があり,わたしはいつものようにぶどう酒を取り上げ,それを王に差し上げたのである+。ところで,かつてわたしは[王]の前で一度も憂うつな様子をしたことはなかった+  それで,王はわたしに言った,「あなたは病気でもないのに,どうして憂うつな+顔をしているのか。これは心が憂うつになっているからにほかならない+」。そこで,わたしは非常に恐れた。  それから,わたしは王に言った,「王が定めのない時までも生き長らえますように+! 私の父祖の埋葬所の家+であるあの都+が荒れ廃れ,その門も火で食らい尽くされておりますのに+,どうして憂うつな顔をしないでおられましょうか」。  すると王はわたしに言った,「あなたが願い求めているこのことはどういうことなのか+」。直ちに,わたしは天の+に祈った+  その後,わたしは王に言った,「もし,王にとってそれが確かに良いと思われるのでしたら+,またもし,この僕がみ前に良い者と思われるのでしたら+,私をユダに,私の父祖の埋葬所の都市に遣わし,これを建て直させて+くださいますように」。  すると,王はわたしにこう言ったが,そのとき王妃もその傍らに座っていた。「あなたの旅はどのくらいかかり,いつ帰って来るのか」。それで,わたしが定められた期間+を述べると,わたしを遣わすことが王の前に良いことと思われた+  次いで,わたしは王に言った,「もし王にとって確かに良いと思われるのでしたら,*向こう+の総督たち+への手紙+を私に賜わり,私がユダに着くまで,彼らが私を通らせるようにしてください。  また,王に属する庭園*の番人アサフへの手紙をも[賜わり],この家+に属する*+の門を材木で建てるため,また都の城壁+と,私が入るべき家のために,彼が木材を私に与えるようにさせてください」。それで王は,わたしの上にあったわたしのの良いみ手にしたがって+,[それらを]わたしに賜わった。  ついに,わたしは向こうの総督たち+のところに行き,王の手紙を彼らに渡した。さらに,王は軍勢の長たちと騎手たちをわたしと共に遣わしてくれた。 10  ホロン人+サンバラテ+と,アンモン人+である僕トビヤ+は[このことを]聞いたとき,ある人*がイスラエルの子らのために善いことを求めてやって来たということが,彼らにとっては非常に悪いことに思えた+ 11  ついに,わたしはエルサレムに着いて,そこに三日間とどまった。 12  そこでわたしは,わたしと一緒にいた数人の者と共に,夜中に起きたが,わたしは,エルサレム+のために行なうよう,わたしのがわたしの心に入れておられることをだれにも告げず+,またわたしが乗っていた家畜のほかには,わたしのもとには家畜はいなかった。 13  それから,わたしは夜中に“谷の門+”を通り,“大へびの泉*”の前,“灰の山の門*+”のところに出て行き,終始エルサレムの城壁+を,どのようにそれが崩され,その門+が火で食らい尽くされたかを調べていた。 14  さらに,わたしは“泉の門+”へ,また“王の池”へと進んで行ったが,わたしのまたがっていた家畜の進んで行ける所がなかった。 15  しかし,わたしは夜中に奔流の谷+を上って行き,城壁を調べ続けた。その後,わたしは戻って来て,“谷の門+”を通って入り,それから帰って来た。 16  ところで,代理支配者たち+は,わたしがどこへ行っていたか,また何をしていたか知らなかった。それに,ユダヤ人にも,祭司にも,高貴な人たちにも,代理支配者たちにも,その他工事をする者たちにも,わたしはまだ何も告げていなかった。 17  ついにわたしは彼らに言った,「あなた方はわたしたちの陥っている窮状,エルサレムが荒れ廃れ,その門が火で焼かれたのを見ています。さあ,エルサレムの城壁を建て直して,わたしたちがもうこれ以上恥辱を被ることにならないようにしましょう+」。 18  さらに,わたしはわたしののみ手+のこと,それがわたしの上に良いものであったこと+,また王がわたしに言った言葉+のことを彼らに告げた。すると彼らは言った,「立ち上がって,ぜひ建てることにしましょう」。それで,彼らはこの良い業のためにその手を強めた+ 19  さて,ホロン人サンバラテ+と,アンモン人+である僕+トビヤ+,およびアラビア人+ゲシェム+はこれを聞くと,わたしたちをあざ笑い+,わたしたちを見下して,こう言いだした。「お前たちのしているこの事は何だ。お前たちは王に背こうとしているのか+」。 20  けれども,わたしは彼らに返答して言った,「天の+こそ,わたしたちに功を奏させてくださるですから+,その僕であるわたしたちは立ち上がり,わたしたちは必ず建てます。しかしあなた方には,エルサレムに何の分け前+も,正当な権利も,記念+もありません」。

脚注

「ニサン」。ユダヤ人の太陰第1の月の流刑後の名称で,この名称が出て来る2か所のうちの最初の例。3月から4月に当たる。エス 3:7参照。
すなわち,ユーフラテス川。
庭園」。ヘ語,ハッパルデース; ギ語,パラデイスー; シ語,パルダイサー。
「城」。または,「要塞」。再建された神殿の北西に位置していた。
または,「ある地の人」。ヘ語,アーダーム。
字義,「“龍の泉”」,マソ本,ウル訳; 七十訳に合わせてマソ本を訂正することにより,「“いちじくの木の泉”」。多分,エン・ロゲルの井戸と同一。
「“灰の山の門”」。普通,七十訳やウル訳の場合のように,“糞の門”と呼ばれた。