内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

ネヘミヤ 13:1‐31

13  その​日,民​の​聞こえる​ところ​で​モーセ​の​書​+の​朗読​+が​なさ​れ​た​が,その​中​に,アンモン​人​+と​モアブ​人​+は​定め​の​ない​時​まで​も+[まこと​の]​の​会衆​に​*入っ​て​は​なら​ない​と​書い​て​ある​の​が​見つかっ​た。  それ​は​彼ら​が​かつて,パン​と​水​と​を​もっ​て​+イスラエル​の​子​ら​を​迎え​ず+,かえって​これ​に​対し​て​バラム​+を​雇っ​て​災い​を​呼び求め​させ​よう​と​し​た​から​で​ある+。それでも,わたしたち​の​​は​その​呪い​を​祝福​の​言葉​に​変え​られ​た+  そこで,人々​は​この​律法​を​聞く​や+,入り混じっ​た​集団​を​みな​イスラエル​から​取り分け​はじめ​た+  さて,これ​より​以前,わたしたち​の​​の​家​の​大​食堂​+を​任さ​れ​て​い​た​祭司​エルヤシブ​+は​トビヤ​+の​親族​だっ​た​の​で,  彼​の​ため​に​大きな​食堂​+を​設け​た。そこ​に​は​かつて,穀物​の​捧げ物+,乳香​や​器具,および​レビ​人​+や​歌うたい​や​門衛​たち​が​受ける​資格​の​ある*,穀物,新しい​ぶどう​酒​+と​油​+の​十分​の​一*,それ​に​祭司​の​ため​の​寄進​物​が​いつも​置か​れ​て​い​た。  そして,この[間]ずっ​と,わたし​は​エルサレム​に​い​なかっ​た。バビロン​*の​王​アルタクセルクセス​+の​第​三十二​年​+に,わたし​は​王​の​ところ​に​行き,その​後​しばらく​たっ​て*,王​に​賜暇​を​願い求め​た​の​で​ある+  それ​から,わたし​は​エルサレム​に​来​て,エルヤシブ​+が[まこと​の]​の​家​+の​中庭​に​トビヤ​+の​ため​に​広間​を​設け​て​彼​の​ため​に​犯し​た​悪​に​気づく​よう​に​なっ​た。  そして,それ​は​わたし​に​とっ​て​非常​に​悪く​思え​た+。そこで,わたし​は​トビヤ​の​家​の​家具​を​全部,その​大​食堂​の​外​へ​投げ出し​た+  その​後,わたし​は​言いつけ,彼ら​は​その​大​食堂​+を​清め​た+。それ​から,わたし​は[まこと​の]​の​家​の​器具​+を,穀物​の​捧げ物​や​乳香​+と​一緒​に​そこ​に​戻し​た。 10  そして,わたし​は,レビ​人​の​分​+が[これ​に]与え​られ​て​い​なかっ​た​こと​を​知る​よう​に​なっ​た。その​ため​に​仕事​を​する​レビ​人​や​歌うたい​たち​は,それぞれ​自分​の​畑地​+に​逃げ去っ​て​行っ​た。 11  そして,わたし​は​代理​支配​者​たち​+を​とがめ​て+,「どうして[まこと​の]​の​家​が​なおざり​に​され​て​いる​の​か+」と​言い​はじめ​た。それゆえ,わたし​は[レビ​人]を​寄せ集め,彼ら​を​その​いつも​の​場所​に​配置​し​た。 12  そして​ユダ[の​人々]は​皆,穀物​+と​新しい​ぶどう​酒​+と​油​+の​十分​の​一​+を​倉​に​持っ​て​来​た+ 13  そこで​わたし​は​祭司​シェレムヤ​と​写字​生​ザドク​および​レビ​人​の​ひとり​ペダヤ​を​立て​て​倉​を​つかさどら​せ​た​*が,その​指揮​下​に​は​マタヌヤ​+の​子​ザクル​の​子​ハナン​が​い​た。彼ら​は​忠実​な​者​と​みなさ​れ​て​い​た​から​で​あっ​た+。そして,彼ら​の​兄弟​たち​に​分配​+を​行なう​の​が​その​務め​で​あっ​た。 14  私​の​​よ,どうか,この​こと​に​関し​て​私​を​覚え​て​ください+。私​の​​の​家​+と​その​保護​に​関連​し​て​私​が​行なっ​た​愛​ある​親切​の​行ない​*を​ぬぐい去ら​ない​で​ください+ 15  その​ころ,わたし​は​ユダ​の​内​で​安息​日​+に​ぶどう​搾り場​を​踏ん​だり,穀物​の​山​を​運ん​で​来​て[これ​を]ろば​+に​負わ​せ​たり+,また​ぶどう​酒,ぶどう​や​いちじく+,および​あらゆる​荷​を[負わ​せ​て],安息​日​+に[これ​を]エルサレム​に​運び込ん​だり​し​て​いる​人々​を​見​た。そこで​わたし​は​彼ら​が​食糧​を​売っ​て​い​た​その​日​に[彼ら​に​対し​て]証し​を​し​た。 16  また,ティルス​人+も[この​都]*に​住み,魚​や​あらゆる​商品​+を​運ん​で​来​て,安息​日​に,ユダ​の​子​ら​に,エルサレム​で​売りさばい​て​い​た。 17  それで,わたし​は​ユダ​の​高貴​な​人々​を​とがめ​て+,彼ら​に​言っ​た,「あなた方​の​し​て​いる​この​悪事​は​どう​いう​こと​な​の​です​か。安息​日​を​汚す​と​は。 18  あなた方​の​父祖​たち​も,この​よう​に​行なっ​た​の​で+,わたしたち​の​​は​この​すべて​の​災い​+を​わたしたち​の​上​に,また​この​都​の​上​に​も​もたらさ​れ​た​の​で​は​あり​ませ​ん​か。それなのに,あなた方​は​安息​日​を​汚す​こと​に​よっ​て+,イスラエル​に​対し​て​燃える​怒り​を​増し加え​て​いる​の​です」。 19  そして,安息​日​の​前​に​エルサレム​の​門​*が​ぼんやり​見える​よう​に​なる​と,わたし​は​直ちに​命じ,扉​は​閉ざさ​れる​よう​に​なっ​た​の​で​ある+。わたし​は​さらに,安息​日​の​後​まで​は​これ​を​開い​て​は​なら​ない​と​言い,また​わたし​の​従者​の​何​人​か​の​者​を​門​に​配置​し,安息​日​に​荷​が​入っ​て​来​ない​よう​に​し​た+ 20  それゆえ,貿易​商​や​あらゆる​商品​を​売る​者​たち​は​一度​か​二​度​エルサレム​の​外​で​夜​を​過ごし​た。 21  そこで,わたし​は​彼ら​に​対し​て​証し​を​し+,彼ら​に​言っ​た,「あなた方​は​なぜ​城壁​の​前​で​夜​を​過ごし​て​いる​の​です​か。もし​再び​そう​する​なら,わたし​は​あなた方​に​手​を​掛け​ます+」。その​時​以来,彼ら​は​安息​日​に​は​来​なく​なっ​た。 22  次い​で​わたし​は​レビ​人​+に,彼ら​が​定期​的​に​身​を​浄め​て​+入っ​て​来​て,安息​日​を​神聖​な​もの​と​し​て​守る​ため​に*+,門​の​見張り​+を​し​て​いる​よう​に​と​言っ​た。私​の​​よ,この​こと​も​また,どうか​私​の​ため​に​覚え+,どうか,あなた​の​愛​ある​親切​の​豊か​さ​に​したがって​+私​を​ふびん​に​思っ​て​ください。 23  さらに,その​ころ,わたし​は​アシュドド​人+,アンモン​人[および]モアブ​人​+の​妻​を​めとっ​て​住まわ​せ​て​い​た​+ユダヤ​人​を​見​た。 24  そして​彼ら​の​子​ら​は,半分​は​アシュドド​の​言葉​を​話し​て​い​た​が,ユダヤ​の​言葉​の​話し方​を​知っ​て​いる​者​は​ひとり​も​おら​ず+,それぞれ​別​の​民​の​国語​で[話し​て​い​た]。 25  そこで,わたし​は​彼ら​を​とがめ,彼ら​の​上​に​災い​を​呼び求め+,その​うち​の​何​人​か​の​者​を​打ち+,その​毛​を​引き抜き,​に​かけ​て​こう​誓わ​せる​よう​に​なっ​た+。「あなた方​は​娘​を​彼ら​の​息子​に​与え​て​は​なら​ず,あなた方​の​息子,あるいは​あなた方​自身​の​ため​に​彼ら​の​娘​の​だれ​を​も​迎え​て​は​なり​ませ​ん+ 26  イスラエル​の​王​ソロモン​が​罪​を​おかし​た​の​は,これら​の​こと​の​ため​で​は​あり​ませ​ん​でし​た​か+。しかも,多く​の​国々​の​民​の​中​に​彼​の​よう​な​王​は​い​ませ​ん​でし​た+。彼​は​その​​に​愛さ​れ​て​い​た​の​で+​は​彼​を​全​イスラエル​の​王​と​され​まし​た。その​彼​に​さえ,異国​の​妻​たち​は​罪​を​おかさ​せ​た​の​です+ 27  それで,あなた方​が​異国​の​妻​を​めとっ​て​住まわ​せ​て,わたしたち​の​​に​対し​て​不​忠実​な​こと​を​し​て,この​すべて​の​大いなる​悪​を​犯す​と​は,今​まで​聞い​た​こと​も​ない​事​で​は​あり​ませ​ん​か+」。 28  そして,大​祭司​エルヤシブ​+の​子​ヨヤダ​+の​子​ら​の​一​人​は​ホロン​人​+サンバラテ​+の​婿​で​あっ​た。それで,わたし​は​彼​を​わたし​の​ところ​から​追い払っ​た+ 29  私​の​​よ,どうか,祭司​職​を​汚し​た​こと+,および​祭司​職​*と​レビ​人​+と​の​契約*+[を​汚し​た​こと]の​ゆえに​彼ら​を​覚え​て​ください。 30  そして,わたし​は​すべて​の​異国​の​もの​から​彼ら​を​浄め+,祭司​と​レビ​人​と​に​責務​を​指定​し​て,それぞれ​自分​の​仕事​に​就か​せ+ 31  定め​られ​た​時​に​ささげ​られる​薪​+の​供給​物​と​熟し​た​初物​の​ため​に​も*[そう​し​た]。 私​の​​よ,どうか,益​と​なり​ます​よう​に+,私​を​覚え​て​ください+

脚注

「の​会衆​に」。ヘ語,ビクハル; ギ語,エックレーシアーイ; ラ語,エックレーシアム
字義,「(穀物,新しい​ぶどう​酒​と​油​の​十分​の​一,)レビ​人​や​歌うたい​や​門衛​たち​の​おきて」。
「十分​の​一」。または,「什一」。
「バビロン」,七十訳,ウル訳; マソ本,シリ訳,「バベル」。
字義,「そして​日々​の​終わり​に」。
「立て​て……つかさどら​せ​た」,七十訳,シリ訳。
または,「行なっ​た​忠節​な​愛​の​行ない」。
字義,「それ」,女性​形。エルサレム​を​指す。
ネヘミヤ​は​実際​の​エルサレム​の​都​に​12​の​門​が​あっ​た​こと​を​示す​証拠​を​完全​な​もの​に​し​て​いる。それ​は,使徒​ヨハネ​の​描写​し​た​天​の​聖都​に,啓 21:12,13に​記録​さ​れ​て​いる​とおり,12​の​門​が ― それぞれ​三つ​ずつ​各々​四つ​の​方向​に​面し​て ― 立っ​て​いる​の​と​同じ​で​ある。地上​の​エルサレム​の​12​の​門​は,ネヘミヤ​が​見回り​始め​た​所​から​時計​の​針​と​逆​方向​に​順番​に​列挙​すれ​ば​次​の​とおり。南部​地区:“谷​の​門”(2:13),“灰​の​山​の​門”(2:13),および“泉​の​門”(2:14); 東部​地区:“水​の​門”(3:26),“馬​の​門”(3:28),および“検分​の​門”(3:31); 北部​地区:“監視​の​門”(12:39),“羊​の​門”(3:32),および“魚​の​門”(3:3); 西部​地区:“旧[市]の​門”(3:6),“エフライム​の​門”(12:39),および“隅​の​門”(代​二 25:23; ゼカ 14:10)。
神聖​な​もの​と​し​て​守る神聖​な​もの​と​みなす; 聖​なる​もの​と​し​て​扱う)ため​に」。ヘ語,レカッデーシュ; ギ語,ハギアゼイン; ラ語,サンクティフィカンドゥム
「祭司​職」,マソ本; 七十訳,シリ訳,および​一つ​の​ヘブライ​語​写本,「祭司​たち」。
「および……の​契約」。ヘ語,ウーヴェリート; ギ語,ディアテーケース
「の​供給​物[または,供え物]……の​ため​に​も」。ヘ語,ウーレクルバンマル 7:11の「コルバン」参照。