内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ネヘミヤ 13:1‐31

13  その日,民聞こえるところモーセ+朗読+なさが,そのに,アンモン+モアブ+定めないまで+[まことの]会衆*入っならない書いある見つかった。  それ彼らかつて,パンもっ+イスラエル迎え+,かえってこれ対しバラム+雇っ災い呼び求めさせようからある+。それでも,わたしたちその呪い祝福言葉変えられ+  そこで,人々この律法聞く+,入り混じっ集団みなイスラエルから取り分けはじめ+  さて,これより以前,わたしたち食堂+任さ祭司エルヤシブ+トビヤ+親族だっで,  彼ため大きな食堂+設けた。そこかつて,穀物捧げ物+,乳香器具,およびレビ+歌うたい門衛たち受ける資格ある*,穀物,新しいぶどう++十分*,それ祭司ため寄進いつも置かた。  そして,この[間]ずっと,わたしエルサレムなかった。バビロン*アルタクセルクセス+三十二+に,わたしところ行き,そのしばらくたっ*,王賜暇願い求めある+  それから,わたしエルサレムて,エルヤシブ+が[まことの]+中庭トビヤ+ため広間設けため犯し気づくようなった。  そして,それわたしとっ非常悪く思え+。そこで,わたしトビヤ家具全部,その食堂投げ出し+  その後,わたし言いつけ,彼らその食堂+清め+。それから,わたしは[まことの]器具+を,穀物捧げ物乳香+一緒そこ戻した。 10  そして,わたしは,レビ+が[これに]与えられなかっこと知るようなった。そのため仕事するレビ歌うたいたちは,それぞれ自分畑地+逃げ去っ行った。 11  そして,わたし代理支配たち+とがめ+,「どうして[まことの]なおざりされいる+」と言いはじめた。それゆえ,わたしは[レビ人]を寄せ集め,彼らそのいつも場所配置た。 12  そしてユダ[の人々]は皆,穀物+新しいぶどう++十分+持っ+ 13  そこでわたし祭司シェレムヤ写字ザドクおよびレビひとりペダヤ立てつかさどら*が,その指揮マタヌヤ+ザクルハナンた。彼ら忠実みなさからあっ+。そして,彼ら兄弟たち分配+行なうその務めあった。 14  私よ,どうか,このこと関し覚えください+。私+その保護関連行なっある親切行ない*ぬぐい去らないください+ 15  そのころ,わたしユダ安息+ぶどう搾り場踏んだり,穀物運んて[これを]ろば+負わたり+,またぶどう酒,ぶどういちじく+,およびあらゆるを[負わて],安息+に[これを]エルサレム運び込んだりいる人々た。そこでわたし彼ら食糧売っそのに[彼ら対して]証した。 16  また,ティルス+も[この都]*住み,魚あらゆる商品+運んて,安息に,ユダに,エルサレム売りさばいた。 17  それで,わたしユダ高貴人々とがめ+,彼ら言った,「あなた方いるこの悪事どういうことですか。安息汚すは。 18  あなた方父祖たちも,このよう行なっ+,わたしたちこのすべて災い+わたしたちに,またこのもたらさありませか。それなのに,あなた方安息汚すことよっ+,イスラエル対し燃える怒り増し加えいるです」。 19  そして,安息エルサレム*ぼんやり見えるようなると,わたし直ちに命じ,扉閉ざされるようなっある+。わたしさらに,安息までこれ開いならない言い,またわたし従者配置し,安息入っないよう+ 20  それゆえ,貿易あらゆる商品売るたち一度エルサレム過ごした。 21  そこで,わたし彼ら対し証し+,彼ら言った,「あなた方なぜ城壁過ごしいるですか。もし再びそうするなら,わたしあなた方掛けます+」。その以来,彼ら安息なくなった。 22  次いわたしレビ+に,彼ら定期浄め+入って,安息神聖もの守るため*+,門見張り+いるよう言った。私よ,このことまた,どうかため覚え+,どうか,あなたある親切豊かしたがって+ふびん思っください。 23  さらに,そのころ,わたしアシュドド+,アンモン人[および]モアブ+めとっ住まわ+ユダヤた。 24  そして彼らは,半分アシュドド言葉話しが,ユダヤ言葉話し方知っいるひとりおら+,それぞれ国語で[話した]。 25  そこで,わたし彼らとがめ,彼ら災い呼び求め+,そのうち打ち+,その引き抜き,かけこう誓わせるようなっ+。「あなた方彼ら息子与えならず,あなた方息子,あるいはあなた方自身ため彼らだれ迎えなりませ+ 26  イスラエルソロモンおかしは,これらことためありませでし+。しかも,多く国々ようませでし+。彼その愛さ+イスラエルされました。そのさえ,異国たちおかさです+ 27  それで,あなた方異国めとっ住まわて,わたしたち対し忠実ことて,このすべて大いなる犯すは,今まで聞いことないありませ+」。 28  そして,大祭司エルヤシブ+ヨヤダ+ホロン+サンバラテ+婿あった。それで,わたしわたしところから追い払っ+ 29  私よ,どうか,祭司汚しこと+,および祭司*レビ+契約*+[を汚しこと]のゆえに彼ら覚えください。 30  そして,わたしすべて異国ものから彼ら浄め+,祭司レビ責務指定て,それぞれ自分仕事就か+ 31  定められささげられる+供給熟し初物ため*[そうた]。 よ,どうか,益なりますよう+,私覚えください+

脚注

「の会衆に」。ヘ語,ビクハル; ギ語,エックレーシアーイ; ラ語,エックレーシアム
字義,「(穀物,新しいぶどう十分一,)レビ歌うたい門衛たちおきて」。
「十分一」。または,「什一」。
「バビロン」,七十訳,ウル訳; マソ本,シリ訳,「バベル」。
字義,「そして日々終わりに」。
「立てて……つかさどらた」,七十訳,シリ訳。
または,「行なっ忠節行ない」。
字義,「それ」,女性形。エルサレム指す。
ネヘミヤ実際エルサレム12あっこと示す証拠完全ものいる。それは,使徒ヨハネ描写聖都に,啓 21:12,13記録いるとおり,12が ― それぞれ三つずつ各々四つ方向面して ― 立っいる同じある。地上エルサレム12は,ネヘミヤ見回り始めから時計方向順番列挙すれとおり。南部地区:“谷門”(2:13),“灰門”(2:13),および“泉門”(2:14); 東部地区:“水門”(3:26),“馬門”(3:28),および“検分門”(3:31); 北部地区:“監視門”(12:39),“羊門”(3:32),および“魚門”(3:3); 西部地区:“旧[市]の門”(3:6),“エフライム門”(12:39),および“隅門”(二 25:23; ゼカ 14:10)。
神聖もの守る神聖ものみなす; なるもの扱う)ために」。ヘ語,レカッデーシュ; ギ語,ハギアゼイン; ラ語,サンクティフィカンドゥム
「祭司職」,マソ本; 七十訳,シリ訳,および一つヘブライ写本,「祭司たち」。
「および……の契約」。ヘ語,ウーヴェリート; ギ語,ディアテーケース
「の供給[または,供え物]……のためも」。ヘ語,ウーレクルバンマル 7:11の「コルバン」参照。