内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ネヘミヤ 12:1‐47

12  そして,これらシャルテル+ゼルバベル+およびエシュア+上っ祭司レビあった。すなわち,セラヤ,エレミヤ,エズラ,  アマルヤ+,マルク,ハトシュ,  シェカヌヤ,レフム,メレモト,  イド,ギネトイ,アビヤ,  ミヤミン,マアドヤ,ビルガ,  シェマヤ+,およびヨヤリブ,エダヤ+  サル*,アモク+,ヒルキヤ,エダヤ+。これらエシュア+時代祭司およびその兄弟たちあった。  そしてレビエシュア+,ビヌイ+,カドミエル+,シェレブヤ,ユダ,マタヌヤ+で,感謝ささげることつかさどっは,彼その兄弟たちあった。  また,彼ら兄弟あるバクブクヤウニ彼ら向かい見張り務め当たった。 10  エシュアは,ヨヤキム+なり,ヨヤキムは,エルヤシブ+なり,エルヤシブヨヤダ+の[父なった]。 11  そして,ヨヤダは,ヨナタンなり,ヨナタンは,ヤドア+なった。 12  そして,ヨヤキム時代父方+ある祭司たちた。すなわち,セラヤ+メラヤ,エレミヤハナニヤ, 13  エズラ+メシュラム,アマルヤエホハナン, 14  マルキ*ヨナタン,シェバヌヤ+ヨセフ, 15  ハリム+アドナ,メラヨトヘルカイ, 16  イドゼカリヤ,ギネトンメシュラム, 17  アビヤ+ジクリ,ミヌヤミン*は ――*,モアドヤピルタイ, 18  ビルガ+シャムア,シェマヤエホナタン, 19  またヨヤリブマテナイ,エダヤ+ウジ, 20  サライカライ,アモクエベル, 21  ヒルキヤハシャブヤ,エダヤ+ネタヌエルある。 22  エルヤシブ+時代レビ人,ヨヤダ+,ヨハナン,ヤドア+父方記録れ,また祭司たちペルシャダリウス統治至るまで[記録た]。 23  父方レビ+は,エルヤシブヨハナン時代至るまで,歴代事績記録た。 24  そして,レビハシャブヤ,シェレブヤ+およびカドミエル+エシュア*あり,彼ら兄弟たちその向かいで,守衛分団守衛分団相対して,[まことの]ダビデ命令したがって賛美ささげ,感謝ささげ+ 25  マタヌヤ+バクブクヤ,オバデヤ,メシュラム,タルモン,アクブ+門衛+,守衛分団て,門そば見張った。 26  これらヨツァダク+エシュア+ヨヤキム+時代と,総督ネヘミヤ+および写字+ある祭司エズラ+時代た。 27  ときに,エルサレム城壁奉献+当たって,彼らレビ捜し求め,そのすべてからエルサレム連れて,感謝ことば++,シンバル[および]弦楽器+たて琴+もって,歓びながら奉献行なおた。 28  そこで歌うたいは,この地域+から,エルサレム周辺ネトファ+集落から, 29  またベトギルガル+や,ゲバ+アズマベト+畑地から集まった。歌うたいたちエルサレム周囲自分たちため建て集落+あっからある。 30  こうて,祭司レビ清め+,また++城壁+清めた。 31  そこで,わたしユダたち+城壁上らた。さらに,わたし大きな感謝合唱+行列取り決め,[そしてその一方は]城壁方,“灰*+”に[進ん行った]* 32  そしてホシャヤと,ユダたち半分彼ら後ろ続い進みはじめ, 33  またアザリヤ,エズラメシュラム, 34  ユダベニヤミンシェマヤエレミヤも[進んだ]。 35  また,祭司ラッパ+持って[進んだ]。すなわち,ヨナタンゼカリヤあった。[ヨナタンは]シェマヤ子,[順次さかのぼって]マタヌヤ子,ミカヤ子,ザクル+子,アサフ+ある。 36  また,[ゼカリヤ]の兄弟たちシェマヤアザルエル,ミラライ,ギラライ,マアイ,ネタヌエルユダ,ハナニおり,[まことの]ダビデ楽器+持って[進んだ]。写字エズラ+彼らに[立った]。 37  そして彼らは,“泉+”のところで,前方まっすぐ,城壁坂道通って“ダビデ都市+”の階段+上っ行き,“ダビデ家”の通って,東の“水+”にまで[進んだ]。 38  そして,もう一方感謝合唱+前方進んおり,わたしその従い,また半分従って,城壁を[進み],“焼きかまど+”の通り,“広い城壁+”のところ行き, 39  “エフライム+”の通り,“旧[市+]の門”に行き,“魚+”と“ハナヌエル+”と“メア+”に至り,“羊+”に行った。そして彼らは“監視門”で立ち止まった。 40  ついに感謝合唱+は[まことの]+立ち止まり,わたしも,またわたし代理支配たち半分+ 41  また祭司たち,エリヤキム,マアセヤ,ミヌヤミン*,ミカヤ,エルヨエナイ,ゼカリヤ,ハナニヤラッパ+持ち, 42  またマアセヤシェマヤ,それエレアザル,ウジ,エホハナン,マルキヤ,エラムおよびエゼルも[立ち止まった]。そして,歌うたいたち監督イズラフヤその[声]を聞こえさせ+ 43  こう彼らその日,大いなる犠牲+ささげ歓ん+。[まことの]が,大いなる喜び+もっ彼ら歓ばせくださっからある。また,女+子供たち+歓んで,エルサレム歓びはるか遠くまで聞こえ+ 44  さらに,その日,貯蔵+,寄進+,初物+,十分*+ため広間+つかさどる人々任じられ,祭司レビため+律法[によっ要求た]分+都市畑地から*そこ集めることなった。これユダ歓びが,仕えいる祭司レビ+ためだっからある。 45  そして彼らは,また歌うたい+門衛たち+また,ダビデ[と]そのソロモン命令したがって,彼ら務め+浄め+務め当たるようなった。 46  昔,ダビデアサフ時代歌うたいたちおり+賛美感謝ささげることなさある+ 47  そして,ゼルバベル+時代ネヘミヤ+時代中,すべてイスラエル[の人々]はごと必要したがって*歌うたい+門衛+与え,またレビに[これを]神聖もの与え+,レビアロンに[これを]神聖もの与えた。

脚注

多分,20の「サライ」と同一人物。
「マルク」,七十訳。
5では「ミヤミン」。
マソ本明らかここ一つ省いいる。
「イエス」,七十訳。
「“灰門”」。普通,七十訳ウル訳場合ように“糞門”と呼ばた。
「そしてその一方は……進ん行った」。角かっこ38一致するよう挿入た。
10:7では「ミヤミン」。
「十分一」。または,「什一」。
または,「畑地したがって」。
「日ごと必要したがって」。字義,「一日そのに」。