内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ネヘミヤ 12:1-47

12  そして,これらはシャルテル+の子ゼルバベル+およびエシュア+と共に上って来た祭司とレビ人であった。すなわち,セラヤ,エレミヤ,エズラ,  アマルヤ+,マルク,ハトシュ,  シェカヌヤ,レフム,メレモト,  イド,ギネトイ,アビヤ,  ミヤミン,マアドヤ,ビルガ,  シェマヤ+,およびヨヤリブ,エダヤ+  サル*,アモク+,ヒルキヤ,エダヤ+。これらはエシュア+の時代に祭司およびその兄弟たちの頭であった。  そしてレビ人はエシュア+,ビヌイ+,カドミエル+,シェレブヤ,ユダ,マタヌヤ+で,感謝をささげることをつかさどったのは,彼とその兄弟たちであった。  また,彼らの兄弟であるバクブクヤとウニは彼らの向かい側で見張りの務めに当たった。 10  エシュアは,ヨヤキム+の父となり,ヨヤキムは,エルヤシブ+の父となり,エルヤシブはヨヤダ+の[父となった]。 11  そして,ヨヤダは,ヨナタンの父となり,ヨナタンは,ヤドア+の父となった。 12  そして,ヨヤキムの時代に父方の家の頭+である祭司たちがいた。すなわち,セラヤ+の者ではメラヤ,エレミヤの者ではハナニヤ, 13  エズラ+の者ではメシュラム,アマルヤの者ではエホハナン, 14  マルキ*の者ではヨナタン,シェバヌヤ+の者ではヨセフ, 15  ハリム+の者ではアドナ,メラヨトの者ではヘルカイ, 16  イドの者ではゼカリヤ,ギネトンの者ではメシュラム, 17  アビヤ+の者ではジクリ,ミヌヤミン*の者では ――*,モアドヤの者ではピルタイ, 18  ビルガ+の者ではシャムア,シェマヤの者ではエホナタン, 19  またヨヤリブの者ではマテナイ,エダヤ+の者ではウジ, 20  サライの者ではカライ,アモクの者ではエベル, 21  ヒルキヤの者ではハシャブヤ,エダヤ+の者ではネタヌエルである。 22  エルヤシブ+の時代にレビ人,ヨヤダ+,ヨハナン,ヤドア+は父方の家の頭として記録され,また祭司たちもペルシャ人ダリウスの王の統治に至るまで[記録された]。 23  父方の家の頭としてのレビの子ら+は,エルヤシブの子ヨハナンの時代に至るまで,歴代の事績の書に記録された。 24  そして,レビ人の頭はハシャブヤ,シェレブヤ+およびカドミエル+の子エシュア*であり,彼らの兄弟たちはその向かい側で,守衛の分団と守衛の分団が相対して,[まことの]の人ダビデの命令にしたがって賛美をささげ,感謝をささげた+ 25  マタヌヤ+とバクブクヤ,オバデヤ,メシュラム,タルモン,アクブ+は門衛+,守衛の分団として,門の倉のそばで見張っていた。 26  これらの者はヨツァダク+の子エシュア+の子ヨヤキム+の時代と,総督ネヘミヤ+および写字生+である祭司エズラ+の時代にいた。 27  ときに,エルサレムの城壁の奉献式+に当たって,彼らはレビ人を捜し求め,そのすべての所からエルサレムに連れて来て,感謝のことば+と歌+,シンバル[および]弦楽器+とたて琴+とをもって,歓びながら奉献式を行なおうとした。 28  そこで歌うたいの子らは,この地域+から,エルサレムの周辺とネトファ人+の集落から, 29  またベト・ギルガル+や,ゲバ+とアズマベト+の畑地から集まった。歌うたいたちがエルサレムの周囲に自分たちのために建てていた集落+があったからである。 30  こうして,祭司とレビ人は身を清め+,また民+と門+と城壁+とを清めた。 31  そこで,わたしはユダの君たち+を城壁の上に上らせた。さらに,わたしは二組の大きな感謝式の合唱隊+と行列を取り決め,[そしてその一方は]城壁の上を右の方,“灰の山の門*+”に[進んで行った]* 32  そしてホシャヤと,ユダの君たちの半分は彼らの後ろに続いて進みはじめ, 33  またアザリヤ,エズラとメシュラム, 34  ユダとベニヤミンとシェマヤとエレミヤも[進んだ]。 35  また,祭司の子らの者もラッパ+を持って[進んだ]。すなわち,ヨナタンの子ゼカリヤであった。[ヨナタンは]シェマヤの子,[順次さかのぼって]マタヌヤの子,ミカヤの子,ザクル+の子,アサフ+の子である。 36  また,[ゼカリヤ]の兄弟たちシェマヤとアザルエル,ミラライ,ギラライ,マアイ,ネタヌエルとユダ,ハナニがおり,[まことの]の人ダビデの歌の楽器+を持って[進んだ]。写字生エズラ+は彼らの先に[立った]。 37  そして彼らは,“泉の門+”のところで,前方へまっすぐ,城壁の坂道を通って“ダビデの都市+”の階段+を上って行き,“ダビデの家”の上を通って,東の方の“水の門+”にまで[進んだ]。 38  そして,もう一方の感謝式の合唱隊+は前方に進んでおり,わたしはその後に従い,また民の半分も従って,城壁の上を[進み],“焼きかまどの塔+”の上を通り,“広い城壁+”のところに行き, 39  “エフライムの門+”の上を通り,“旧[市+]の門”に行き,“魚の門+”と“ハナヌエルの塔+”と“メアの塔+”に至り,“羊の門+”に行った。そして彼らは“監視の門”で立ち止まった。 40  ついに二組の感謝式の合唱隊+は[まことの]の家+で立ち止まり,わたしも,またわたしと共にいた代理支配者たちの半分も+ 41  また祭司たち,エリヤキム,マアセヤ,ミヌヤミン*,ミカヤ,エルヨエナイ,ゼカリヤ,ハナニヤもラッパ+を持ち, 42  またマアセヤとシェマヤ,それにエレアザル,ウジ,エホハナン,マルキヤ,エラムおよびエゼルも[立ち止まった]。そして,歌うたいたちは監督イズラフヤと共にその[声]を聞こえさせていた+ 43  こうして彼らはその日,大いなる犠牲+をささげて歓んだ+。[まことの]が,大いなる喜び+をもって彼らを歓ばせてくださったからである。また,女+や子供たち+も歓んだので,エルサレムの歓びははるか遠くまで聞こえた+ 44  さらに,その日,貯蔵品+,寄進物+,初物+,十分の一*+のための広間+をつかさどる人々が任じられ,祭司とレビ人のために+律法[によって要求された]分+を諸都市の畑地から*そこに集めることになった。これはユダの歓びが,仕えている祭司とレビ人+のためだったからである。 45  そして彼らは,また歌うたい+や門衛たち+もまた,ダビデ[と]その子ソロモンの命令にしたがって,彼らのへの務め+と浄め+の務めに当たるようになった。 46  昔,ダビデとアサフの時代には歌うたいたちの頭がおり+への賛美の歌と感謝をささげることがなされていたのである+ 47  そして,ゼルバベル+の時代とネヘミヤ+の時代中,すべてのイスラエル[の人々]は日ごとの必要にしたがって*歌うたい+と門衛+の分を与え,またレビ人に[これを]神聖なものとして与え+,レビ人はアロンの子らに[これを]神聖なものとして与えていた。

脚注

多分,20の「サライ」と同一人物。
「マルク」,七十訳。
5では「ミヤミン」。
マソ本明らかここ一つ省いいる。
「イエス」,七十訳。
「“灰門”」。普通,七十訳ウル訳場合ように“糞門”と呼ばた。
「そしてその一方は……進ん行った」。角かっこ38一致するよう挿入た。
10:7では「ミヤミン」。
「十分一」。または,「什一」。
または,「畑地したがって」。
「日ごと必要したがって」。字義,「一日そのに」。