アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ネヘミヤ 11:1-36

11  さて,民の君たち+はエルサレムに住んでいたが+,そのほかの民はくじを引いて+十人のうちから一人ずつ連れて来て聖なる都+エルサレムに住まわせ,あとの九人をほかの都市に[住まわせた]。  その上,民はすべて自ら進んで+エルサレムに住もうとする人々を祝福した+  そして,これらはエルサレムに住んだ+この管轄地域+の頭たちである。ただ,ユダの諸都市には,イスラエル+,祭司+とレビ人+,それにネティニム*+およびソロモンの僕たちの子ら+が,それぞれ自分たちの都市+で,自分たちの所有地に住んだ。  また,エルサレムには,ユダの子らのうちのある者たちとベニヤミンの子らのうちのある者たちが住んだ+。ユダの子らのうちでは,ウジヤの子アタヤがいた。[ウジヤは]ゼカリヤの子,[順次さかのぼって]アマルヤの子,シェファトヤの子,マハラレルの子。[マハラレルは]ペレツ+の子らの者である。  また,バルクの子マアセヤがいた。[バルクは]コルホゼの子,[順次さかのぼって]ハザヤの子,アダヤの子,ヨヤリブの子,ゼカリヤの子。[ゼカリヤは]シェラ人*の子である。  エルサレムに住んでいた,ペレツの子らは全部で四百六十八人で,有能な人々であった。  そして,これらはベニヤミン+の子らであった。すなわちメシュラム+の子サル。[メシュラムは]ヨエドの子,[順次さかのぼって]ペダヤの子,コラヤの子,マアセヤの子,イティエルの子,エシャヤの子である。  彼の後には*ガバイ[と]サライ*で,九百二十八人。  また,ジクリの子ヨエルが彼らの監督*で,ハセヌアの子ユダがこの都市を第二として治めた。 10  祭司のうちでは,ヨヤリブ+の子エダヤ,ヤキン+ 11  セラヤで,[セラヤは]ヒルキヤの子,[順次さかのぼって]メシュラム+の子,ザドク+の子,メラヨトの子,アヒトブ+の子である。[アヒトブ]は[まことの]の家の指揮者であった。 12  また,この家の仕事をする者たち+である,彼らの兄弟たち,八百二十二人。それに,エロハム+の子アダヤで,[エロハムは]ペラルヤの子,[順次さかのぼって]アムツィの子,ゼカリヤの子,パシュフル+の子,マルキヤ+の子である。 13  また,父方の家+の頭たちである,[アダヤ]の兄弟たち,二百四十二人。それにアザルエルの子アマシュサイで,[アザルエルは]アフザイの子,[順次さかのぼって]メシレモトの子,イメルの子である。 14  また,勇気のある力ある者たち+である,彼らの兄弟たち,百二十八人。それに,彼らの監督+,大いなる者たちの子ザブディエルがいた。 15  そしてレビ人+のうちでは,ハシュブの子シェマヤで,[ハシュブは]アズリカムの子,[順次さかのぼって]ハシャブヤ+の子,ブニの子である。 16  またレビ人の頭のうちで,シャベタイ+とヨザバド+は,[まことの]の家の外の仕事をつかさどっていた。 17  また,マタヌヤ+がいたが,アサフ+の子ザブディの子ミカの子で,賛美[の歌+]の指揮者*で,彼は祈りの際にほめたたえることをし+,バクブクヤは彼の兄弟たちのうちでその次であった。また,エドトン+の子ガラル+の子シャムアの子アブダがいた。 18  聖なる都+にいるレビ人は全部で二百八十四人であった。 19  そして,門衛+は門で見張っている+アクブ,タルモン+および彼らの兄弟たち,百七十二人であった。 20  そして,そのほかのイスラエル,祭司[および]レビ人は,ユダのその他のすべての都市で,それぞれ自分の世襲所有地+にいた。 21  また,ネティニム+はオフェル+に住んでおり,ツィハとギシュパはネティニムをつかさどっていた。 22  そして,エルサレムにいるレビ人の監督+はミカ+の子マタヌヤ+の子ハシャブヤの子バニの子ウジで,[ミカ]は歌うたい+であるアサフ+の子らのうちのひとりであり,[ウジはまことの]の家の仕事に関係していた。 23  彼らのためには王の命令があり+,日々必要とするところにしたがって歌うたいのための定まった備えがあったのである+ 24  また,ユダの子ゼラハの子らのうちのメシェザブエルの子ペタフヤは民のあらゆる事柄のために王のそばにいた。 25  そして,彼らの畑地にある集落+については,ユダの子らの中にはキルヤト・アルバ+とそれに依存する町々*,ディボン*とそれに依存する町々,エカブツェエル+とその集落, 26  エシュア*,モラダ+,ベト・ペレト+ 27  ハツァル・シュアル+,ベエル・シェバ+とそれに依存する町々, 28  チクラグ+,メコナとそれに依存する町々, 29  エン・リモン+,ツォルア+,ヤルムト+ 30  ザノアハ+,アドラム+とその集落,ラキシュ+とその畑地,アゼカ+とそれに依存する町々に住む者もいた。こうして彼らはベエル・シェバからヒンノム+の谷*に至るまで宿営するようになった。 31  そして,ベニヤミンの子らは,ゲバ+から,ミクマシュ+とアヤ+とベテル+およびそれに依存する町々, 32  アナトテ+,ノブ+,アナヌヤ, 33  ハツォル,ラマ+,ギタイム+ 34  ハディド,ツェボイム,ネバラト, 35  ロド+とオノ+,職人の谷にいた。 36  そしてレビ人のうち,ベニヤミンのためのユダの*組もあった。

脚注

10:28の脚注参照。
「シェラ人」,母音符号を訂正することによる; マソ本,「シロ人」。民 26:20と比較。
「そして彼の兄弟たち」,七十訳
あるいは,「そして彼の兄弟たち,勇気のある力ある者たち」と読むのかもしれない。マソ本を訂正することによる。11章14節前半と比較。
「監督」。ヘ語,パーキード; ギ語,エピスコポス。王二 11:18の脚注; 使徒 20:28,「監督」の脚注参照。
字義,「頭」。ヘ語,ローシュ。
「それに依存する町々」。字義,「彼女の娘たち」。
多分,ヨシュ 15:22の「ディモナ」と同一。
「イエス」,七十訳。
「ヒンノムの谷」。ヘ語,ゲー・ヒンノーム; ラ語,ウァッレム エンノム。付録4ハ参照。
「ベニヤミンのためのユダの」。七十訳,「ユダのためとベニヤミンのための」。