アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ナホム 2:1-13

2  散らす者があなた*の顔の前に上って来た+。防備を施した所の守りを固めよ。道を見張れ。腰を強くせよ。大いに力を増し加えよ+  エホバは必ず,イスラエルの誇りのように,ヤコブの誇り+を集めるのである。奪い去る者たちが彼らから奪い去ったからである+。そして,彼らの若枝を損なった+  []の力ある者たちの盾は赤く染められている。[その]活力ある者たち*は深紅で装っている+。[]が備えをする日,その戦車は鉄[の装備]の火を伴う。ねず+の木[の槍*]はわなないた。  街路では戦車が狂ったように駆け巡る+。公共広場を右へ左へ突き進む。その様はたいまつのようである。それらは稲妻のように+疾駆する。  []はその威光ある者たちを思い出される+。彼らは歩きながらつまずく+。彼らはその城壁に急ぐ。防柵をしっかり固めねばならない。  河川の水門は必ず開けられ,宮殿もまさに崩れ落ちる。  そして,事は定められた。彼女はあらわにされた。彼女は必ず運び去られる+。その奴隷女たちははとのような声を上げてうめき+,繰り返しその心臓を打ちたたく+  そして,ニネベは,[存在しはじめた+]ころから水の溜め池のようであった+。彼らは逃げて行く。「立ち止まれ! あなた方は*立ち止まれ!」 だが,引き返す者はいない+  あなた方は銀を強奪せよ。金を強奪せよ+。整え置かれた物は限りないからである。あらゆる望ましい品々が大量にある+ 10  空虚とうつろ,荒廃させられた[都市+]! そして心は溶け入り+,ひざはよろめき+,激しい痛みがすべての腰にある+。彼らすべての顔は[興奮の]ほてりをつのらせた+ 11  ライオンのねぐら,たてがみのある若いライオンの洞*はどこなのか。ライオン*はそこを歩き,中に入り*+,ライオンの子はそこにいる。[これを]おののかせる者はいなかった+ 12  ライオンは自分の子らのために十分にかき裂き,自分の雌ライオンたちのために絞め殺すのであった。また,自分の穴を獲物で,その隠れ場を,かき裂いた動物で常に満たしていた+ 13  「見よ,わたしはあなたを攻める」と,万軍のエホバ*はお告げになる+。「わたしは彼女*の戦車を煙の中で焼きつくす+。また,あなたの,たてがみのある若ライオンたちを剣がむさぼり食う+。そしてわたしはあなたの獲物を地から断つ。あなたの使者たちの声はもはや聞かれない+」。

脚注

「あなた」,女性単数形。ニネベを指している。
「活力ある者たち」。または,「勇気ある人々」。ヘ語,アンシェー・ハイル。
字義,「ねずの木」; 槍の柄を表わす修辞的表現法。
または,「水よ」。
「洞」,二つの文字を入れ替えることによる; マソ本,「牧場; 放牧地」。
「ライオン」。ヘ語,アルエー。アフリカライオン。
「中に入り」,または,「(ライオンは)中に入るために(そこを歩き)」。「中に入るために」(ラーヴォー)は,わずかな訂正による; ヘ語,ラーヴィー。アジアライオン。
「万軍のエホバ」,マソ本,タル,ウル訳; 七十訳,「全能のエホバ」。
「彼女」,マソ本; タル,七十訳,シリ訳,ウル訳,「あなた」。