内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

テモテ第二 3:1‐17

3  しかし,この​こと​を​知っ​て​おき​なさい。すなわち,終わり​の​日​に​は+,対処​し​にくい​危機​の​*時代​が​来​ます+  というのは,人々​は​自分​を​愛する​者,金​を​愛する​者,うぬぼれる​者,ごう慢​な​*者,冒とく​する​者*,親​に​不​従順​な​者+,感謝​し​ない​者,忠節​で​ない​者+  自然​の​情愛​を​持た​ない​者+,容易​に​合意​し​ない​*+,中傷​する​者*+,自制​心​の​ない​者,粗暴​な​*+,善良​さ​を​愛さ​ない​者+  裏切る​者+,片意地​な​者,[誇り​の​ため​に]思い上がる​者+神​を​愛する​より​快楽​を​愛する​者+  敬虔​な​専心​*と​いう​形​を​取り​ながら​+その​力​に​おい​て​実質​の​ない​者​+と​なる​から​です。こう​し​た​人々​から​は​離れ​なさい+  こう​し​た​人々​の​中​から,[あちこち​の]家族​の​中​に​それ​と​なく​入り込み*+,罪​の​荷​を​負っ​た​弱い​女​たち​を​とりこ​に​し​て​連れ去る​者​が​出る​の​です。[その​女​たち​は,]さまざま​な​欲望​に​引か​れ+  常​に​学び​ながら,決して​真理​の​正確​な​知識​に​達する​こと​が​でき​ない​の​です+  また,ヤンネ​と​ヤンブレ​+が​モーセ​に​抵抗​し​た​と​同じ​よう​に,これら​の​者​も​真理​に​抵抗​し​つづけ​ます+。これら​は,思い​の​腐りきっ​た​者+,信仰​に​つい​て​は​非​と​され​た​人々​です+  と​は​いえ,彼ら​が​それ​以上​進む​こと​は​あり​ませ​ん。彼ら​の​狂気​は,その[二​人]の[狂気]の​場合​と​同じ​よう​に,すべて​の​人​に​極めて​明らか​に​なる​から​です+ 10  しかし​あなた​は,わたし​の​教え,生き方+,目的,信仰,辛抱強さ,愛,忍耐, 11  迫害,苦しみ​に​堅く​従っ​て​き​まし​た。アンティオキア+,イコニオム+,ルステラ​+で​わたし​に​起き​た​の​と​同じ​よう​な​事柄,また​わたし​が​耐え​て​き​た​の​と​同じ​よう​な​迫害​に​も[耐え​て​き​まし​た]。それでも,主​は​その​すべて​から​わたし​を​救い出し​て​ください​まし​た+ 12  実際,キリスト​・​イエス​に​あっ​て​敬虔​な​専心​の​うち​に​生活​し​よう​と​願う​人​は​みな​同じ​よう​に​迫害​を​受け​ます+ 13  しかし,邪悪​な​者​と​かたり​を​働く​者​と​は​いよいよ​悪​に​進み,惑わし​たり​惑わさ​れ​たり​する​でしょ​う+ 14  しかし​あなた​は,自分​が​学び​また​確信​し​た​事柄​に​引き続き​とどまっ​て​い​なさい+。あなた​は,それ​を​どの​よう​な​人​たち​から​学ん​だ​か​と​いう​こと+ 15  また,幼い​時​から​+聖​なる​書物​に​親しん​で​き​た​こと​を​知っ​て​いる​の​です。その[聖​なる​書物]は​あなた​を​賢く​し,キリスト​・​イエス​に​関する​信仰​に​よっ​て​+救い​に​至ら​せる​こと​が​でき​ます+ 16  聖書​全体​は​神​の​霊感​を​受け​た​*もの​で+,教え+,戒め+,物事​を​正し*+,義​に​そっ​て​訓育​する​+の​に​有益​です。 17  それ​は,神​の​人​が​十分​な​能力​を​備え+,あらゆる​良い​業​に​対し​て​全く​整え​られ​た​*者​と​なる​ため​です+

脚注

字義,「猛烈​な」。
字義,「より​上​に​現われ​て​いる(者)」。
または,「あしざま​な​言い方​を​する​者」。
字義,「休戦​の​ない」。
字義,「悪魔」(複)。ギ語,ディアボロイ。
字義,「飼いならさ​れ​て​い​ない」。
「敬虔​な​専心」。字義,「よく​敬う​こと」。
「それ​と​なく​入り込み」。字義,「滑り込み」。
「神​の​霊感​を​受け​た」。字義,「神​が​息​を​吹き込ん​だ」。ギ語,テオプネウストス; ラ語,ディーウィーニトゥス インスピーラータ; エ17(ヘ語),ベルーアハ エローヒーム,「神​の​霊​に​よっ​て」。
「物事​を​正し」。字義,「きちんと​まっすぐ​に​し」。
字義,「適合​する​よう​に​され​た」。