内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

テモテ第二 2:1‐26

2  ですから,わたし+,キリストイエス関連過分ご親切+あって,絶えゆきなさい*+  また,多証人支持もとわたしから聞い事柄+,それ忠実人々ゆだねなさい。次いそう人々は,じゅうぶん資格人々教えることできるようなるでしょ+  キリストイエスりっぱ+,苦しみください+  兵+仕えいる*だれも,生活ためもうけ仕事などかかわりませ+。自分兵士募っ是認ようするからです。  また,競闘う場合*さえ+,規則したがって闘っなけれ与えられません。  骨折っ働く農夫その最初あずかるあるべきです+  わたしいること絶え考慮払いなさい*。確かは,すべておいあなた識別+与えくださるでしょう。  わたしたより宣べ伝えとおり+,イエスキリスト死人からよみがえらさこと+,またダビデ属するあること+覚えなさい。  その[良たより]のことで,わたし悪行て[獄に]つながれるまで苦しみ遭っいるです+。しかしそうあっも,言葉つながいるわけありませ+ 10  そのゆえにわたしは,選たちためすべて忍耐ゆきます+。彼らまた,キリストイエス結びつい救いを,永遠栄光+得るためです。 11  次ことば信ずべきものです+。「共死んあれば,わたしたちまた生きるある+ 12  忍ゆくなら,わたしたちまた支配するようなる+。もし否むなら+,彼またわたしたち否まれる。 13  たとえわたしたち忠実も,彼引き続き忠実あられる+。彼自分否むことできないからある」。 14  これらこといつも思い出さなさい+。言葉こと争わないよう+,証人ある*+み前彼ら言い渡しなさい+。それ聴いいるたち覆すだけで,何立たないです。 15  自自身を,是認+,また真理言葉正しく扱う+,何ら恥ずべきところない+働き人+差し出すため,力尽くし励みなさい。 16  また,聖なる事柄汚すむだから遠ざかりなさい+。そうたちいっそう敬虔*進み+ 17  その脱疽よう広がるからです+。ヒメナオフィレトそのます+ 18  これらたち真理からそれ+,復活すでに起き言っます+。こう彼らは,あるたち信仰覆しいるです+ 19  しかしながら,*堅固土台*不動あり+,それこの証印付います。すなわち,「エホバ*ご自分属するたち知っおられる+」,また,「すべてエホバ*み名唱える不義捨てよ」。 20  さて,大きなは,金だけなく,木の[器]もあり,あるもの誉れある目的ため,あるもの誉れない目的ために[用いられます+]。 21  そこで,これらあとものから*いるなら,その誉れある目的ため器,神聖されもの,持ち主有用もの,あらゆる良いため備えできものなります+ 22  それで,若伴いがち*欲望から逃れ+,清い+*呼び求める人々に,義+信仰平和追い求めなさい+ 23  さらに,愚無知質問退けなさい+。それ争い生むことあなた知っます+ 24  *奴隷争う必要ありませ+。むしろ,すべて対し穏やか*+,教える資格備え+,苦境もと自分制し+ 25  好ないたち温和態度諭すこと必要です+彼ら悔い改め授け+,真理正確知識至らくださるしれないからです+ 26  そしては,意志仕えるべくその生きながら捕らえられ+こと知り,そのわな+から本心立ち返るしれません。

脚注

「絶えゆきなさい」。字義,「強められなさい」。
「兵士仕えいる」。字義,「軍役就いいる」。
字義,「競技行動する場合」。
字義,「こと知的なさい」。
「神」,シナ写,エフ写; アレ写,ベザ写,ウル訳,「主」; エ7,8,13,14,16,「エホバ」。
字義,「不敬神」。
「神」,アレ写,ウル訳,シリ訳,エ17,18,22; シナ写,「主」。
「土台」。ギ語,テメリオス; ラ語,フンダーメントゥム。
付録1ニ参照。
付録1ニ参照。
または,「これらから」。
「若さ伴いがちな」。または,「若さ自然な」。字義,「若さ満ちた」。ギ語,ネオーテリカス; ラ語,イウウェニーリア。
「主」,シナ写,アレ写,ウル訳; エ7,8,17,22,「エホバ」。
「主」,シナ写,アレ写,ウル訳; エ16,24,「エホバ」。
または,「巧みで」。