アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

テモテ第一 6:1-21

6  くびきのもとにあって奴隷である人は皆,自分の所有者を,全く尊敬すべきものとみなしてゆきなさい+。それは,のみ名と教えが決して悪く言われることのないためです+  さらに,信者である所有者+のいる人は,それが兄弟であるからといって+見下げることがあってはなりません+。むしろ,自分の良い奉仕の益を受ける*のが信者であり,自分の愛する者であるからこそ,いよいよ快く奴隷として仕えなさい。 これらのことを絶えず教え+,またこうした勧めを与えてゆきなさい。  もしだれかがほかの教理を教え+,健全な+言葉,すなわちわたしたちのイエス・キリストの[言葉]に同意せず,また敬虔な専心*にかなう教え+に[同意し]ないなら,  その人は[誇りのために]思い上がっているのであり+,何も理解しておらず+,疑問をはさむことや言葉をめぐる論争+で精神的に+病んでいるのです。そうした事から,そねみ+,闘争,ののしりの+ことば,悪意のうたぐりが起こり,  また,思いが腐って+真理を奪い取られ+,敬虔な専心を利得の手段と考える+人々の,ささいな事をめぐる激しい言い争い*が[起こり]ます。  確かに,自ら足りて*+敬虔な専心*+を守ること,これは大きな利得+の手段です。  わたしたちは世に何かを携えて来たわけではなく,また何かを運び出すこともできないからです+  ですから,命を支える物と身を覆う物とがあれば,わたしたちはそれで満足するのです+  しかし,富もうと思い定めている人たちは,誘惑+とわな,また多くの無分別で害になる欲望+に陥り,それは人を滅びと破滅に投げ込みます+ 10  金銭に対する愛+はあらゆる*有害な事柄+の根+であるからです。ある人たちはこの愛を追い求めて信仰から迷い出,多くの苦痛で自分の全身を刺したのです+ 11  しかし,の人よ,あなたはこうした事から逃げ去りなさい+。そして,義,敬虔な専心*,信仰,愛,忍耐,温和な気質+を追い求めなさい。 12  信仰の戦いをりっぱに戦い*+,永遠の命をしっかりとらえなさい。あなたはそのために召され,多くの証人たちの前でりっぱに公の宣言+をしたのです。 13  すべてのものを生かして*おられる,また,証人+としてポンテオ・ピラトの前で+りっぱに公の宣言をされた+キリスト・イエス*のみ前であなたに命じます+ 14  わたしたちのイエス・キリストの顕現+の時まで,汚点のない,またとがめられるところのない仕方でおきてを守り行ないなさい。 15  その[顕現]は,幸福な唯一の大能者+がその*定めの時+に示されるのです。[その方は]王として支配する者たちの+,主として支配する者たちの+であり, 16  ただひとり不滅性*を持ち+,近づき難い光の中に住み+,人はだれも見たことがなく,また見ることのできない方です+。この方に永遠の誉れ+と偉力とがありますように。アーメン。 17  今の事物の体制*で富んでいる人たち+に命じなさい。高慢に*なることなく+,また,不確かな富にではなく+,わたしたちの楽しみのためにすべてのものを豊かに与えてくださる+に希望を託すように。 18  そして,善を行ない+,りっぱな業に富み+,惜しみなく施し,進んで分け合い+ 19  自分のため,将来に対するりっぱな土台+を安全に蓄え+,こうして真の命をしっかりとらえるようにと+ 20  テモテよ,あなたに託されているものを守り+,聖なる事柄を汚すむだ話や,誤って「知識」ととなえられているもの+による反対論から離れなさい。 21  ある人たちは,そうした[知識]を見せびらかそうとしたために信仰からそれて行きました+ 過分のご親切があなた方と共にありますように。

脚注

「自分の良い奉仕の益を受ける」,シナ写,アレ写; エ7,8,「地上でエホバの善にあずかる」。
「敬虔な専心」,シナ写,アレ写,ウル訳; エ7,8,「エホバへの恐れ」。
「ささいな事をめぐる激しい言い争い」。または,「互い同士のいらだち」。
「自ら足りて」。または,「満足して」。
「敬虔な専心」,シナ写,アレ写,ウル訳; エ7,8,「エホバへの恐れ」。
または,「すべての」。
「敬虔な専心」,アレ写,ウル訳,シリ訳; エ7,8,「エホバへの恐れ」。
または,「信仰の正しい闘いにおける勝利のために闘い」。
または,「すべてのものを命に至らせて」。
付録6ホ参照。
または,「ご自分の」。
字義,「死のないこと」。ギ語,アタナシアン; ラ語,インモルターリターテム。
または,「事物の秩序」。ギ語,アイオーニ; ラ語,サエクリー; エ17,18,22(ヘ語),ハーオーラーム,「事物の秩序」。
または,「ごう慢に; 尊大に」。