アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

テモテ第一 5:1-25

5  年長の男子*+を厳しく批判してはなりません。むしろ,父親に対するように懇願し,若い男子には兄弟に対するように,  年長の婦人+には母親に対するように,若い婦人には姉妹+に対するように貞潔をつくして[当たり]なさい。  本当にやもめであるやもめ+を敬いなさい。  しかし,やもめに子供や孫がいるなら,彼らにまず,自分の家族の中で敬虔な専心*を実践すべきこと+,そして親や祖父母に当然の報礼をしてゆくべきこと+を学ばせなさい。これはのみ前で受け入れられることなのです+  さて,本当にやもめで窮苦にある女+は,に希望を置いており+,夜昼ひたすら祈願と祈りを続けます+  しかし,肉感を満たすこと+にふける女は,生きてはいても死んでいるのです+  それで,こうした命令を絶えず与えなさい+。その人たちが,とがめられるところのない者となるためです+  当然のことですが,自分に属する人々,ことに自分の家の者+に必要な物を備えない人がいるなら+,その人は信仰+を否認していることになり+,信仰のない人*より悪いのです。  六十歳以上のやもめを名簿に載せなさい。それは,一人の夫の妻で+ 10  子供を養育し+,見知らぬ人をもてなし+,聖なる者の足を洗い+,患難にある人を助け+,あらゆる良い業に勤勉に従った+など,りっぱな業に対する証しを立てられている人です+ 11  それに対し,若いやもめは断わりなさい。その性的な衝動が自分とキリストとの間を隔てると+,彼女たちは結婚することを望むようになり, 12  自分の初めの信仰[の表明]を無視して+裁きを受けるようになるからです。 13  同時に,彼女たちは何もしないでいることも覚え,家々をぶらつき回ります。そうです,何もしないでいるだけでなく,うわさ話をしたり,人の事に手出ししたりする者となって+,[話す]べきでないことを話します。 14  それでわたしは,若いやもめが結婚し+,子供を産み+,家庭をあずかり,反対する者に悪口の誘いを与えないようにすることを望みます+ 15  事実,ある人たちはすでにそれて行ってサタンに従うようになりました。 16  もし信者である婦人のもとにやもめたち*がいるなら,その人に彼女たちを助けさせ+,会衆がその重荷を負わなくてもよいようにしなさい。そうすれば,[会衆]は本当にやもめである人たちを助けることができます+ 17  りっぱに主宰の任を果たす+年長者たち*,とりわけ,話すことや教えることに骨折っている人たち+を,二倍の誉れに値するものとみなしなさい+ 18  「脱穀している牛にくつこを掛けてはならない+」,また,「働き人はその報酬を受けるに値する+」と聖句は述べているからです。 19  年長者*に対する訴えは,二人または三人の証人に基づくのでないかぎり認めてはなりません+ 20  罪を習わしにする者たち+を,見守るすべての人の前で戒めなさい+。ほかの人たちも恐れの気持ちを持つようになるためです+ 21  とキリスト・イエス*と選ばれたみ使いたちの前で,あなたに厳粛に言い渡します+。早計な判断を下すことなくこれらの事を守り,何事も偏った見方で行なうことのないようにしなさい+ 22  だれに対しても決して性急に手を+置いてはなりません+。また,他の人の罪にあずかる者となってはなりません+。自分を貞潔に保ちなさい+ 23  もう水を飲むのをやめて,胃のため,また度々かかる病気のために,ぶどう酒を少し用いなさい+ 24  ある人たちの罪は公に明らかで+直接裁きに至りますが,そのほかの人の場合も,[その罪は]おって明らかになります+ 25  同じように,りっぱな業も公に明らかであり+,そうでないものも,隠されたままでいることはありえません+

脚注

「年長の男子」。または,「長老」。ギ語,プレスビュテローイ。
「敬虔な専心」,シナ写,アレ写; エ7,8,「知恵とエホバへの恐れ」。
「信仰のない人」,シナ写,アレ写,ウル訳,シリ訳; エ13,14,18,「エホバを否認した人」。
「やもめたち」。すなわち,親族で夫に先立たれた人たち。
または,「長老たち」。
または,「長老」。ギ語,プレスビュテルー。
付録6ホ参照。