内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

テモテ第一 3:1‐16

3  このことばべきものです+ 監督+*とらえよう努めているいるなら,そのりっぱ仕事望んいるです。  したがって,監*は,とがめられるところない+,一あり,習慣節度守り*+,健全思い持ち+,秩序正しく*+,人よくもてなし*+,教える資格あり+  酔騒いだり*+殴ったり+,道理わきまえ*+,争い好ま*+,金愛するなく+  自りっぱ治め*+,まじめ尽くし子供従わせいるあるべきです+  (実際,自分治めること知らないあれば,どのよう会衆世話するでしょか。)  また,新しく転向*あっなりませ+。[誇りために]思い上がり+下さ裁き陥るようことあっいけないからです+  さらに,その外部人々からりっぱ証言*いるべきです+。非難わな+陥ることないためです。  同に,奉仕たち*+まじめで,二枚舌使ったり*ず,大酒ふけらず,不正利得貪欲なく+  清良心もっ+信仰神聖奥義+保っいるべきです。 10  そして,そのたちふさわしいどうまず試し+,とがめないあるなら+,奉仕仕えなさい。 11  同に,女たちまじめで,人中傷たり+,習慣節度守り+,すべて忠実あるべきです+ 12  奉たち*あり+,子供自分たちりっぱ治めいるべきです+ 13  りっぱする自分ためりっぱ立場+,キリストイエス関する信仰あっ少しはばかることなく語れる*+ようなるです。 14  わたしこれらことは,間なくあなたところ行きたい思いつつ+ 15  万遅れ場合に,たち+どのよう行動べきあなた知っもらうためです。それ生ける会衆あり,真理また支え+です。 16  明らかことですが,この敬虔専心*関する神聖奥義+まこと偉大です。すなわち,『彼おい明らかされ+,霊おい宣せられ+,み使いたち現われ+,諸国民宣べ伝えられ+,世信じられ+,栄光うち迎え上げられ+』のです。

脚注

「監督職」。ギ語,エピスコペース; エ17(ヘ語),ペキードゥート,「監督すること」。
「監督」。ギ語,エピスコポン; エ17(ヘ語),ウーフェキード,「そして監督は」。
「習慣節度守り」。字義,「しらふで」。
字義,「整えられて」。
字義,「見知らたち愛し」。
「酔っ騒いだり」。字義,「ぶどうふけったり」。
字義,「すぐ応じ」。
字義,「戦わず」。
「(を)りっぱ治め」。字義,「(の)前立ち」。
「新しく転向人」。字義,「新改宗者」。ギ語,ネオフュトン。
「証言」。字義,「証し」。
「奉仕たち」。または,「執事たち」。ギ語,ディアコヌース; ラ語,ディアーコノース。
字義,「二たり」。
「奉仕たち」。または,「執事たち」。ギ語,ディアコノイ; ラ語,ディアーコネース。
または,「信仰あっ非常大胆得る」。
「敬虔専心」,シナ写,アレ写,ウル訳; エ7,8,「エホバ恐れ」。