アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

テモテ第一 3:1-16

3  このことばは信ずべきものです+ 監督+の職*をとらえようと努めている人がいるなら,その人はりっぱな仕事を望んでいるのです。  したがって,監督*は,とがめられるところのない人で+,一人の妻の夫であり,習慣に節度を守り*+,健全な思いを持ち+,秩序正しく*+,人をよくもてなし*+,教える資格があり+  酔って騒いだり*+人を殴ったりせず+,道理をわきまえ*+,争いを好まず*+,金を愛する人でなく+  自分の家の者をりっぱに治め*+,まじめさを尽くして子供を従わせている人であるべきです+  (実際,自分の家の者を治めることも知らない人であれば,どのようにしての会衆を世話するのでしょうか。)  また,新しく転向した人*であってはなりません+。[誇りのために]思い上がり+悪魔に下された裁きに陥るようなことがあってはいけないからです+  さらに,その人は外部の人々からもりっぱな証言*を得ているべきです+。非難と悪魔のわな+に陥ることのないためです。  同様に,奉仕の僕たち*+もまじめで,二枚舌を使ったり*せず,大酒にふけらず,不正な利得に貪欲でなく+  清い良心をもって+信仰の神聖な奥義+を保っているべきです。 10  そして,その人たちがふさわしいかどうかまず試し+,とがめのない者であるなら+,奉仕者として仕えさせなさい。 11  同様に,女たちもまじめで,人を中傷したりせず+,習慣に節度を守り+,すべての事に忠実であるべきです+ 12  奉仕の僕たち*は一人の妻の夫であり+,子供と自分の家の者たちをりっぱに治めているべきです+ 13  りっぱに奉仕する人は自分のためにりっぱな立場を得+,キリスト・イエスに関する信仰にあって少しもはばかることなく語れる*+ようになるのです。 14  わたしがこれらのことを書くのは,間もなくあなたのところに行きたいと思いつつも+ 15  万一遅れた場合に,の家の者たち+の中でどのように行動すべきかをあなたに知ってもらうためです。それは生けるの会衆であり,真理の柱また支え+なのです。 16  明らかなことですが,この敬虔な専心*に関する神聖な奥義+はまことに偉大です。すなわち,『彼は肉において明らかにされ+,霊において義と宣せられ+,み使いたちに現われ+,諸国民の中で宣べ伝えられ+,世で信じられ+,栄光のうちに迎え上げられた+』のです。

脚注

「監督の職」。ギ語,エピスコペース; エ17(ヘ語),ペキードゥート,「監督すること」。
「監督」。ギ語,エピスコポン; エ17(ヘ語),ウーフェキード,「そして監督は」。
「習慣に節度を守り」。字義,「しらふで」。
字義,「整えられていて」。
字義,「見知らぬ人たちを愛し」。
「酔って騒いだり」。字義,「ぶどう酒にふけったり」。
字義,「すぐに応じ」。
字義,「戦わず」。
「(を)りっぱに治め」。字義,「(の)前に立ち」。
「新しく転向した人」。字義,「新改宗者」。ギ語,ネオフュトン。
「証言」。字義,「証し」。
「奉仕の僕たち」。または,「執事たち」。ギ語,ディアコヌース; ラ語,ディアーコノース。
字義,「二重の話をしたり」。
「奉仕の僕たち」。または,「執事たち」。ギ語,ディアコノイ; ラ語,ディアーコネース。
または,「信仰にあって非常な大胆さを得る」。
「敬虔な専心」,シナ写,アレ写,ウル訳; エ7,8,「エホバへの恐れ」。