内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ダニエル 7:1‐28

7  バビロン*ベルシャザル*+に,ダニエル+。その時,彼その書き留め+。事全容告げた。  ダニエル高めこう言うあった。 「わたし夜,自分いると,見よ,天四方*+広大+かき立てた。  そして,四つ巨大+,それぞれ異なる+ものが,海から上っ来るあっ+  「第ものライオン+,それあっ+。わたしずっいると,ついにその抜き取らた。またそれから持ち上げられ+,人間よう二つ立つようされ,それ人間与えられ+  「また,見よ,別獣,二ものた。それ+。そして,それ一方起こさ+,その中,歯あばら骨あった。彼らそれ向かっこのよう言うあった。『起き上がって,多く食らえ+』。  「この後,わたしずっいると,見よ,別の[獣]*,ひょうもの+。しかし,それは,背中*ところに,飛ぶ生き物四つあった。また,その四つあり+,支配それ与えられた。  「この後,わたしずっいると,見よ,四獣,恐ろしく,すさまじく,際立っ強いもの+。そして,それが,大きなものあった。それむさぼり食い,かみ砕き,残っものその踏みつけるあった。そして,それそれ以前た[他の]すべて異なっおり,しかもあっ+  わたしそれらついずっ思い巡らしいると,見よ,別角,小さなもの+それら生えた。初めあっうち,そのから引き抜かものあった。そして,見よ,人ようこのあり,また大仰事柄語るあっ+  「わたしずっいると,ついに幾つ置か*+*+座らた。その衣服よう白く+,その清らか羊毛ようあっ+。その+,その車輪燃えるあっ+ 10  火流れ流れて,そのから+。その仕えいる*+数千,そのすぐ立っいる一万一万+法廷*+着き,幾つあって,それ開かた。 11  「わたしその時,その語る大仰言葉+響きゆえにずった。わたしずっいると,ついにその殺され,その滅ぼさ燃える渡さ+ 12  また,残りたち+ついは,その支配取り去らが,一時また時節+あいだ*延ばすこと許さた。 13  「わたしずっいると,見よ,天++よう*来るあった。その+近づき,彼らこれそのすぐ連れ+ 14  そして,そのは,支配+尊厳+王国*+与えられた。もろもろ民,国たみ,もろもろ言語これ仕えるためあっ+。その支配は,過ぎ行くことない,定めなく続く支配権,その王国滅び至ることないものある+ 15  「わたしダニエルは,このことため自ら*苦しみ,自分わたし驚がくせるようなっ+ 16  わたしそこ立っいるすぐ近く上っ行き,このすべて関し確か知らせ求めよう+。するとは,この解き明かしわたし知らせながらこう言った。 17  「『これら巨大つい言えば,それ四つあるゆえ+,地から立ち上がるいる+ 18  しかし,至上+属するなるたち*+王国受け,そのたち定めなく,まさに定めない定めない重ねるまで王国取得する+ことなる』。 19  「次いその時,わたしつい確かめたい思った。それすべて異なっことほか恐ろしく,その鉄,そのかぎづめで,むさぼり食い,[また]かみ砕き,残っものその踏みつけるあっ+ 20  また,そのあっ+ついて,さらに,生え出て,そのから*抜け落ち+の[角+],すなわちあっ大仰事柄語り+,外観そのともがらより大きかっ角[につい知ろた]。 21  「わたしずっいると,その時,まさにそのなるたち戦いしかけ,それ彼ら対し優勢なっ+ 22  ついに+て,至上属するなるたち+助ける裁き下され,定められ到来なるたちその王国取得+ 23  「そのこのよう言った。『第つい言えば,地生じる王国ある。それは[他の]すべて王国異なっいるあろう。それ全地むさぼり食い,それ踏みにじり,打ち砕く+ 24  また,十つい言えば,その王国から起こり立ついる+。そして,それらさらに起こるが,その初めたち異なっおり+,また辱める+ 25  また至高*逆らう言葉語り+至上属するなるたち*絶え悩ます*+。そして*++変えようし,彼ら*一時と[二]時半時*その渡される+ 26  そののち法廷*着い+,その持つ支配ついに取り去った。[これを]滅ぼし尽くし,全く*滅ぼし去るためある+ 27  「『そして,王国と,支配と,全天下もろもろ王国偉観は,至上なるたち*ある与えられ+。彼ら*王国定めなく続く王国あり+,あらゆる支配彼ら仕えかつ従う+』。 28  「ここまでこの終わりなった。わたしダニエルは,自ら考え終始ひどく驚がくられた。そのためわたし顔色自分うち変わった。しかし,このついは,自分うち収めまま*+」。

脚注

「バビロン」,ウル訳; マソ本,シリ訳,「バベル」; 七十訳,「バビロニア地」; 七十訳バグスター,「カルデア人」。
5:1,「ベルシャザル」の脚注参照。
「の……風」。ア語,ルーヘー; ラ語,ウェンティー。
「獣」,七十訳,シリ訳; マソ本省いいる。
「背中」,マソ本欄外; マソ本,「脇」(複)。
または,「ついに壮大置かれ」,アラムこの名詞威光表わす複数あれば。
」。ア語,ウェアッティーク ヨーミーン; ラ語,アンティークウス ディエールム
「その仕えいる」。ア語,エシャンメシューンネーフ; ラ語,ミニストラーバント エイー。
字義,「裁き」。ア語,ディーナー; ラ語,イウディキウム
または,「一また定められあいだ」。ア語,アドゼマン ウェイッダーン; ギ語,ヘオース クロヌー カイ カイルー; ラ語,ウスクウェ アド テンプス エト テンプス
よう者」。ア語,ケヴァル エナーシュ詩 8:4ウーヴェンアーダーム(「」)と比較。
「と王国」。ア語,ウーマルクー; ラ語,レーグヌム
「自ら」。ア語,ルーヒー; テオ訳(ギ語),プネウマ; ラ語,スピーリトゥス
または,「至高属するなるたち」。ア語,カッディーシェー エルヨーニーン(エルヨーン複数形)。「聖なるたち」を表わすアラム言葉連なっもう一つ複数成しいる。あるいは,文で「聖なるたち」が近接いるためその複数倣っいる。「聖なるたち」が至高たちあるいう意味ないこと明らか。「至高者」というは,七十訳,シリ訳,ウル訳,および多くヘブライ写本単数形。
または,「生え出て,それ譲るためが」。
至高」。ア語,イッラーイアー,単数形; ギ語,ヒュプシストン; ラ語,エクスケルスム
18脚注参照。
「絶え悩ます」。字義,「すり減らす」。
「時」。ア語,ジムニーン。
「彼ら」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「すべてもの」; 七十訳バグスター,「それ」。
または,「一時節と[二]時節時節間」。ア語,アドイッダーン ウェイッダーニーン ウーフェラグ イッダーン。ここで,ウェイッダーニーン両数で,「と」を意味する解される。「旧約アラム辞典」(Eウォグト編,ローマ,1971年),124ページ,「‘per tempus et(duo)tempora et dimidium tempus’,i.e. per 3 1/2annos[『一時と(二)時半時間』,すなわち,3 1/2間]」。BDB,1105ページ; KB,1106ページ; BHS,ダニ 7:25,脚注“b”参照; また,4:16脚注; 12:7,「間」の脚注参照。
字義,「裁き」。
「全く」。字義,「終わりまで」。
18脚注参照。
または,「その」。「聖なるたちある民」を指す。
2:4から始まっアラムよる記述ここ終わっいる。