内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ダニエル 4:1‐37

4  「王ネブカドネザル[から],全地住むすべて民,国たみ,もろもろ言語+: あなた方平安増し加わるよう+  至高わたし対し行なわしるし不思議つい告げ知らせることが,わたし良い思え+  そのしるし壮大,その不思議強大あろ+。その王国定めない至る王国+,その支配代々わたるものある+ 4 * 「わたしネブカドネザル自分安楽過ごし+,自分宮殿栄え極め+  だが,わたしあり,それわたし恐れ抱かせるようなっ+。また,わたし心像,わたしあって,それわたし驚がくせるようなっ+  そして,バビロンすべて賢人わたし連れ来るよういう命令が,わたしもとから発せられた。その解き明かしわたし知るようするためあっ+  「その時,魔術行なう祭司,まじない師,カルデア+,占星たち+入った。わたしそれどのようあっ彼ら述べいっが,その解き明かし彼らわたし知らせないあっ+  そしてついに,わたしダニエルやった。そのは,わたし+ベルテシャザルいい+,そのなる神々*持つある+。そので,わたしそれどのようあっ述べこう言った。  「『魔術行なう祭司たちベルテシャザル+,聖なる神々あなたあり+,あなた困惑せる秘密*などないこと+,わたしよく知っいる。よって,わたしその解き明かしを[わたしに]告げ+ 10  「『さて,わたしで,自分だが+,見よ,地真ん中+あった。それ途方なく高かっ+ 11  その成長強くなり,その高さついに達して,全地果てまで見えるほどあっ*+ 12  その麗しく,その豊かあり,そのすべてものため食物あった。その+求め+,その大枝たち住み+,すべてなるものそれから得るあった。 13  「『わたし上,自分引き続きいると,見よ,見張り*+,聖なる+から下った。 14  その大声*呼ばわっこのよう言うあった。「あなた方この切り倒し+,その大枝切り落とせ。その振り落とし,そのまき散らせ。獣そのから,鳥たちその大枝から逃げせよ+ 15  しかし,その根株残し,鉄たが掛け置け。天からよっそれぬれさせ,地草木そのならせ+ 16  そのの[心]から変わらせ,獣それ与え+,七つ*+その過ぎさせよ。 17  この見張りたち*+定めより,その要請なるたちことば[による]。これは,至高人間*王国支配あり*+,ご自分望むそれ与え+,人うち最も立場低い*さえその立てるいうこと+,生ける知るためある」。 18  「『これが,わたしの,ネブカドネザルある。それで,ベルテシャザルよ,あなたは,その解き明かしある述べよ。わたし王国の[他の]すべて賢人たちは,その解き明かし知らせることできないからある+。しかし,あなたそれできる。聖なる神々*あなたあるからある+』。 19  「その時,そのベルテシャザル+いうダニエル自身しばし大いに驚き,自ら考え驚がくられるようなっ+ 「王答え言うあった,『ベルテシャザルよ,このその解き明かしゆえに恐れ驚かなくよい+』。 「ベルテシャザル答え言うあった,『我*,このあなた憎むに,その解き明かしあなた敵対するたちに[当てはまり]ますよう+ 20  「『あなたご覧なっ木,すなわち,大きくなり,強くなって,その高さついに達し全地見えるほどなり+ 21  その麗しく,その豊かあり,そのすべてものため食物あっもの,そのたち住み,その大枝たち宿っもの+ 22  王よ,それあなたです+。あなた大いなるなっ強くなり,あなた雄大大いなるものなっ達し+,あなた支配果てに[及んだ]からです+ 23  「『そしては,ひとり見張り*,そうです,聖なる+から下って,そのこのよう言うご覧なりました。「あなた方この切り倒し損なえ。しかし,その根株残し,鉄たが掛け置き,天からぬれさせ,そのならせて,七つ*その過ぎさせよ+」。ですから, 24  王よ,これその解き明かしです。至高+定め+は,我*なる必ず臨むです+ 25  そして,あなたから追いやられ,あなた住まいなり+,彼ら草木あなた与え雄牛ようそれ食べさせるでしょ+。あなたからぬれるようなり,七つ*+あなた過ぎ,ついにあなたは,至高人間*王国支配あり*+,ご自分望むこれお与えなる+,ということ知るでしょう。 26  「『また,その根株残しおくよう言いましから+,あなた王国は,天支配いる+いうことあなた知っに,あなたとっ確固たるものなります。 27  ですから,王よ,わたし勧めよしされますよう+。義よっあなた除き+,貧しいたち憐れみ示すことよっあなた罪悪を[除き去って]ください+。あなた繁栄長く続かせることなるしれませ+』」。 28  このすべてネブカドネザル臨ん+ 29  太陰月十二か月終わりこと,彼バビロン王宮歩いた。 30  王答え言うあっ+,「この大いなるバビロンは,わたし自分偉力強さもっ+王家ために,またわたし威光尊厳ため築いものない+」。 31  その言葉まだあるうちに,天から下るこのあった。「王ネブカドネザルよ,これあなた対し言わいる。『この王国あなたから離れ去っ+ 32  あなたから追われ,あなた住みかなる+。彼らあなた草木与え雄牛よう食べさせ,七つ*あなた過ぎ,ついにあなたは,至高人間*王国支配あり*,ご自分望むそれ与える,ということ知るあろ+』」。 33  まさにその+,その言葉ネブカドネザル実現た。彼から追われ,雄牛よう草木食べるようなり,そのからぬれ,ついにそのの[羽]のように,そのつめの[かぎづめ]のよう長くなっ+ 34  「こうその月日終わり+,わたしネブカドネザル上げる+,わたし理解わたし戻るようなった。それわたし至高ほめたたえ+,定めない至るまで生きおられる賛美し,その栄光たたえ+。その支配定めない至る支配権,その王国代々わたるものからある+ 35  そして,地住むすべて無きようみなさおり+,この天軍住むたち[の中]でもご意志まま*行なっおられる+。そのとどめ得る+,『あなたか』と言い得るない+ 36  「同時わたし理解わたし戻りはじめ,またわたし王国尊厳ために,威光輝きわたし戻るようなっ+。王高官大官たちわたし求めるようなり,わたし自分王国再び堅く立てられ,普通超え偉大わたし添えられ+ 37  「今,わたしネブカドネザルは,天賛美し,あがめ,その栄光たたえる+。そのみ業すべて真実,その公正*からある+。また,高ぶり歩む辱めることおできなるからある+」。

脚注

マソ本,七十訳バグスター,ウル訳ここから4始まっいる。
18脚注参照。
「秘密」。ア語,ラーズ; テオ訳(ギ語),ミュステーリオン; ラ語,サクラーメントゥム。
「全地果てまで見えるほどあった」。字義,「その光景全地果て及んだ」。
「見張り者」。ア語,イール; 七十訳バグスター(ギ語),エイル; ギ語,アンゲロス,「み使い」; ラ語,ウィギル。
字義,「活力もって」。
「時」。または,「定められた(限定た)時」; または,「期間」。ア語,イッダーニーン; ギ語,エテー,「年」; 七十訳バグスター(ギ語),カイロイ,「定められ時」; ラ語,テンポラ,「時」。「年」,BDB,1105ページ; KB,1106ページ;「旧約アラム辞典」(Eウォグト編,ローマ,1971年),124ページ。七相当する「七つ時」は倍。7:25; 12:7,「間」の脚注比較。
「見張りたち」。ア語,イーリーン; 七十訳バグスター(ギ語),エイル; ラ語,ウィギルム。
「人間」。ア語,アノウシャー。
または,「(王国を)支配おられ」。ア語,シャッリート。
うち最も立場低い者」。ア語,ウーシェファル アナーシーム(エナーシュ複数形)。
「神々霊」。ア語,ルーアハエラーヒーン; ラ語,スピーリトゥス デオールム。
「我よ」。ア語,マーリイ。
「見張り者」。ア語,イール; 七十訳バグスター(ギ語),エイル; ラ語,ウィギレム。
16脚注参照。
「我」。ア語,マーリイ。
16脚注参照。
または,「人々」。ア語,アナーシャー。
または,「王国支配おられ」。
16脚注参照。
25,「人間」の脚注参照。
または,「王国支配おられ」。
または,「ご自分望まれるままに」。ア語,ウーケミツベエーフ,不定詞。
または,「裁き」。ア語,ディーン。