内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

ダニエル 10:1‐21

10  ペルシャ​の​王​キュロス​+の​*第​三​年,その​名​を​ベルテシャザル​+と​呼ば​れ​て​い​た​ダニエル​に​啓示​さ​れ​た​事柄​が​あっ​た。その​事柄​は​真実​*で​あり,大きな​戦​が​あっ​た+。そして​彼​は​その​事柄​を​理解​し,自分​の​見​た​もの​に​関し​て​理解​を​得​て​い​た+  その​ころ​わたし​ダニエル​は​まる​三​週​間​*の​喪​に​服し​て​い​た+  美味​な​パン​は​食べ​ず,肉​も​ぶどう​酒​も​口​に​入れ​ず,まる​三​週​間​を​終える​まで​は​身​に​油​を​塗る​こと​も​し​なかっ​た+  そして,第​一​の​月​の​二十四​日,わたし​が​大川​つまり​ヒデケル​*+の​岸​に​い​た​時​で​ある​が,  目​を​上げ​て​見る​と,そこ​に,亜麻​布​を​まとい+,ウファズ​*+の​金​を​*腰​に​+帯び​た​ひとり​の​人​*が​い​た。  そして,その​者​の​体​は​貴かんらん石​+の​よう​で​あり,その​顔​は​稲妻​の​現われ​の​よう​で​あっ​た+。その​目​は​燃える​たいまつ​の​よう​で​あり+,その​腕​と​足​の​立つ​所​と​は​磨き上げ​た​銅​を​眺める​よう​で​あっ​た+。その​言葉​の​響き​は​群衆​の​どよめき​の​よう​で​あっ​た。  そして,わたし,つまり​この​ダニエル​だけ​が​その​姿​を​見​た。その​時​わたし​と​一緒​に​い​た​人々​は*,その​姿​を​見​なかっ​た+。それでも,それら​の​者​たち​に​は​非常​な​おののき​が​臨み,彼ら​は​逃げ​て​行っ​て​身​を​隠す​の​で​あっ​た。  それで,この​わたし​だけ​が​そこ​に​残り,それ​に​よっ​て​この​大いなる​姿​を​見​た。そして,わたし​に​は​何​の​力​も​残っ​て​おら​ず,わたし​の​威厳​は​わたし​に​あっ​て​滅び​に​変わり,わたし​は​何​の​力​も​保っ​て​い​なかっ​た+  そして​わたし​に​は​その​人​の​言葉​の​響き​が​聞こえ​て​き​た。だが,その​言葉​の​響き​を​聞い​て​いる​うち​に,わたし​は,ひれ伏し​て​顔​を​地​に​付け​た​まま​+深く​眠っ​て​しまっ​て​い​た+ 10  すると,見よ,ひとつ​の​手​が​あっ​て​わたし​に​触れ+,それ​が​少し​ずつ​わたし​を​起こし​て,ひざ​と​両​手のひら​で[起き上がら​せ]て​くれ​た。 11  そう​し​て​彼​は​わたし​に​こう​言っ​た。 「ダニエル,大いに​望ましい​人​*+,わたし​が​話​し​て​いる​言葉​に​つい​て​理解​を​得よ+。そして,あなた​の​立っ​て​い​た​所​に​立ち上がる​よう​に。わたし​は​今,あなた​の​ところ​に​遣わさ​れ​て​き​た​の​で​ある」。 それで,彼​が​この​言葉​を​語っ​た​時,わたし​は​その​とおり​に​立ち上がっ​た​が,身​は​震え​て​い​た。 12  すると​彼​は​なおも​こう​言っ​た。「ダニエル​よ,恐れる​こと​は​ない+。あなた​が​自分​の​心​を​理解​力​に,そして​あなた​の​*の​前​で​身​を​低く​する​こと​+に​向け​た​最初​の​日​以来+,あなた​の​言葉​は​聞か​れ​て​いる​から​で​ある。わたし​自身​あなた​の​言葉​の​ゆえに​ここ​に​来​た+ 13  しかし,ペルシャ​+の​王土​の​君​+が​*二十一​日​間​わたし​に​逆らっ​て​立ち​つづけ​た+。すると,見よ,主立っ​た​*君​の​ひとり​+ミカエル​*+が​わたし​を​助け​に​来​た。それ​で​わたし​は​そこ​に​い​て,ペルシャ​の​王​たち​の​傍ら​に​とどまっ​た*+ 14  そして​今,末​の​日​に​+あなた​の​民​+に​臨む​事柄​を​あなた​に​悟ら​せる​ため​に​やっ​て​来​た。それ​は​なお[来たる​べき]日々​+に​かかわる​幻​+な​の​で​ある」。 15  さて,彼​が​この​よう​な​言葉​を​わたし​に​話し​た​時,わたし​は​顔​を​地​に​向け​た​まま​+口​が​きけ​なく​なっ​て​い​た。 16  すると,見よ,人​の​子​ら​*に​似​た​者​が​わたし​の​唇​に​触れる​の​で​あっ​た+。それ​で​わたし​は​口​を​開い​て​話し​はじめ+,自分​の​前​に​立っ​て​い​た​者​に​こう​言っ​た。「我​が​主​よ*+,その​現われ​の​ため​に,わたし​の​もだえ​は​わたし​の​内​に​生じ,わたし​は​何​の​力​も​保っ​て​い​ませ​ん​でし​た+ 17  それで,この​我​が​主​の​僕​は​どうして​この​我​が​主​と​お話し​でき​た​でしょ​う​か+。そして​わたし​に​は,今​なお​何​の​力​も​とどまっ​て​おら​ず,息​さえ​全く​残っ​て​い​ない​の​です+」。 18  すると,地​の​人​*の​よう​な​姿​を​し​た​者​が​再び​わたし​に​触れ​て,わたし​を​強め​て​くれ​た+ 19  そう​し​て​彼​は​こう​言っ​た。「恐れる​こと​は​ない+,大いに​望ましい​人​*+。あなた​に​平安​が​ある​よう​に+。強く​あれ。さあ,強く​あれ+」。それで,彼​が​わたし​に​話しかける​と​すぐ,わたし​は​自分​の​力​を​奮い起こし,ようやく​こう​言っ​た。「我​が​主​が​お話し​ください​ます​よう​に+。わたし​を​強め​て​くださっ​た​の​ですから+」。 20  すると​彼​は​続け​て​こう​言っ​た。 「わたし​が​何​の​ため​に​あなた​の​ところ​に​来​た​か,あなた​は​本当​に​知っ​て​いる​だろ​う​か。そして​今,わたし​は​ペルシャ​の​君​*と​戦う​ため​に​戻っ​て​行く+。わたし​が​出​て​行く​とき,見よ,ギリシャ​*の​君​も​やっ​て​来る+ 21  しかし​わたし​は,真実​の​書​の​中​に​書き留め​られ​た​事柄​を​あなた​に​告げる+。これら​の​事​に​関し​て​わたし​を​強く​支え​て​くれる​者​は,あなた方​の​君​+ミカエル​*+の​ほか​に​い​ない。

脚注

キュロス​の」。ヘ語,レコーレシュ; ギ語,キュルー; ラ語,キューリー
真実」。ヘ語,ウェエメト
「まる​三​週​間」。字義,「日々​の​三​」。ヘ語,シェローシャー シャーヴイーム ヤーミーム
「ヒデケル」。ヘ語,ヒッダーケル; 七十訳,ウル訳,「チグリス」; シリ訳,「ユーフラテス」。
「ウファズ」。ヘ語,ウーファーズ; ラ語,オブリーゾー,「精錬​さ​れ​た」。
金​を」。ヘ語,ベケテム,エジプト​語​から​の​借用​語。
「ひとり​の​」。ヘ語,イーシュ​・​エハード。
人々​は」。ヘ語,ウェハーアナーシーム。イーシュ​の​複数​形。
「大いに​望ましい​人」。字義,「望ましい​事柄(複)の​」。ヘ語,イーシュ​・​ハムドート。
「あなた​の​」。ヘ語,エローヘイカー。
「しかし……の​君​が」。ヘ語,ウェサル; 七十訳​バグスター(ギ語),アルコーン; ラ語,プリンケプス
または,「第​一​の」。
「ミカエル」,マソ本(ヘ語,ミーカーエール),七十訳,シリ訳,ウル訳;「だれ​か​神​の​よう​で​あろ​う​か」の​意。
「わたし​は​そこ​に​い​て……の​傍ら​に​とどまっ​た」,マソ本,ウル訳; 七十訳,「わたし​は​彼​を​そこ,……の​傍ら​に​残し​た」。
または,「地​の​人々​の​子​ら」。ヘ語,ベネー アーダーム
「我​が​主​よ」。ヘ語,アドーニー; ラ語,ドミネ ミー。
「地​の​人」。または,「人」。ヘ語,アーダーム; ギ語,アントロープー; ラ語,ホミニス。
11​節の​脚注​参照。
「の​君」。ヘ語,サル; 七十訳​バグスター(ギ語),アルコントス; ラ語,プリンキペム。
「ギリシャ」。ヘ語,ヤーワーン,「ヤワン」。8:21の​脚注​参照。
13​節,「ミカエル」の​脚注​参照。