内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ダニエル 1:1‐21

1  ユダエホヤキム+王政年,バビロン*ネブカドネザルエルサレムて,これ攻め囲ん+  やがてエホバ*は,ユダエホヤキム,および[まことの]*器具+一部渡さ+。そのためこれシナル*+に,自分携えた。それら器具自分*宝物携え+  そののちは,廷臣*+アシュペナズに,イスラエルおよび王族子孫*高貴たちから連れ来るよう言っ+  すなわち,何ら欠陥なく+,容姿良く,あらゆる知恵対する洞察持ち+,知識通じ,知ら物事対する識別あり+,王宮殿立つ能力備え+子供たちを[連れ来るように],そしてこれカルデア読み書き国語教えるように[と命じた]。  さらには,それらたちために,王美食+から,また自分飲むぶどうからごとあてがい分定めた。三あいだ彼ら養い,その終わりこれら立たせるためあった。  さて,それらたちに,幾ユダた。ダニエル+,ハナニヤ,ミシャエル,アザリヤある+  そして,それら対して,廷臣名前割り当ていっ+。そして,ダニエルベルテシャザル[の名]を当て+,ハナニヤシャデラク,ミシャエルメシャク,アザリヤアベデネゴ[の名]を当て+  しかしダニエルは,王美食また[王]の飲むぶどうよっ自分汚すまい+うち思い定めた。そして,自分汚さないよいよう+,廷臣繰り返し願い出た。  そこで[まことの]は,廷臣ダニエルある親切*憐れみゆだねられ+ 10  それ廷臣ダニエルこう言った。「わたし自分*ある恐れいる。[王]はあなた方食べ物飲み物お定めなっ+。それなのにどうして,同じ子供たち比べあなた方うち沈んいるご覧なることあっよいだろか。[どうして]あなた方は,わたし対しあるものなけれいけないか」。 11  しかしダニエルは,廷臣+ダニエル,ハナニヤ,ミシャエル,アザリヤ立て守護こう言った。 12  「どうか,僕たちあいだ試しください。そして,幾らか野菜+与えわたしたち食べさせ,水与え飲ませるようください。 13  そうして,わたしたち顔色と,王美食頂いいる子供たち顔色あなた示さください。そので,あなたご覧なるところしたがって,このどもお取り扱いください」。 14  ついにこの関しその[願い]を聴き入れ,十あいだ彼ら試すことた。 15  そして,その終わりなっみると,彼らは,王美食食べいるどの子供よりつや良く,肉づき良いあっ+ 16  それ守護は,その彼ら食べる美食飲むぶどう取り去って,彼ら野菜与えいっ+ 17  また,それら子供たち,すなわちその人,このたち対して,[まことの]知識あらゆる書物対する洞察知恵お授けなっ+。また,ダニエル自身は,あらゆる対する理解備え+ 18  さて,その日々終わり,それら携え入れるよう命じおいなっ+,廷臣彼らネブカドネザル連れ行った。 19  それそれらするようなっが,そのすべてたちに,ダニエル,ハナニヤ,ミシャエル,アザリヤ並ぶひとりなかっ+。それこれらそのずっ立つことなっ+ 20  そしては,自分問い尋ね知恵悟り+関するいっさい事柄関して,彼らその王土いる魔術行なう祭司+[や]まじない+だれより優れいること知った。 21  そしてダニエルキュロス*元年までそのままとどまっ+

脚注

「バビロン」,七十訳,ウル訳; マソ本,シリ訳,「バベル」。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
「[まことの]」。ヘ語,ハーエローヒーム; 七十訳バグスター(ギ語),トゥー テウー; シリ訳,「エホバ」。付録1ヘ参照。
「シナル地」,マソ本,七十訳バグスター,テオ訳,ウル訳; 七十訳,「バビロン」。
「自分」。ヘ語,エローハーウ。エローアハ複数で,壮大表わしいる思われる。
「(自分の)廷臣」。ヘ語,サーリーサーウ; ラ語,エウヌーコールム スオールム,「自分宦官たち」。
「王族子孫」。字義,「王位胤」。
「愛ある親切」。または,「忠節」。ヘ語,レヘセド
「自分」。ヘ語,アドーニー; ギ語,キュリオン; ラ語,ドミヌム
キュロスの」。ヘ語,レコーレシュ; ギ語,キュルー; シ語,デクーレシュ; ラ語,キューリー