内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ソロモンの歌 8:1‐14

8  「ああ,あなたわたし+乳房吸うわたし兄弟+ようあっなら! わたしあなた見いだすなら,あなた口づけするでしょ+。人々わたしさげすんだりないでしょう。  わたしあなたき,わたしいつも教えくれわたし連れ入るでしょ+。わたし香料加えぶどう+を,ざくろ新鮮果汁あなた飲ませるでしょう。  あの左手わたしあり,その右手 ― それわたし抱くことでしょ+  「エルサレムたちよ,わたしあなた方誓い立てさせました。愛そのなるまでは,[わたしうちに]それ目覚めさせたり,呼び起こしたりない,と+」。  「自愛する+寄りかかって,荒野から上っ来る+このだれだろ+」。 「りんごわたしあなた*呼び起こしました。あなたそこであなたため産み苦しみ味わっです。あなた産んそこで産み苦しみ経験です+  「わたしあなた*心臓+,印章あなた置いください。愛よう強く+,全き専心対する要求+シェオル同じく*屈することないからです。その燃え盛る勢い燃え盛る勢い,ヤハ*+です。  大消すことできませ+。川それ流し去ることできませ+。人*ため自分貴重ことごとく与えるも,人々それらもの*きっとさげすむことでしょう」。  「わたしたちまだない小さないる+。わたしたちに[結婚の]申し入れあるに,わたしたち彼女ためろうか」。  「もし城壁あれ+,わたしたちその胸壁築くあろう。しかし,もし彼女あれ+,これ厚板ふさいしまおう」。 10  「わたしです。わたし乳房ようです+。こうて,わたしあのに,平和見いだしいるようなりました。 11  「バアルハモンソロモンするぶどう+ありました。[王]はそのぶどう番人託しまし+。各々そのため*持っものです。 12  「わたしものあるわたしぶどうは,わたし思い通りすることできます*。ソロモンよ,千あなたもの,二百そのするたちものです」。 13  「ああ,園住む+,仲間たちあなた*注意払っいる。わたしそれ聞かおくれ+」。 14  「わたしするよ,走っください。香料ガゼル雄鹿若子ようなっください*+」。

脚注

「あなたを」,男性形。
「あなたの」,男性形。
シェオル同じく」。ヘ語,キシュオール; ギ語,ハーイデース; ラ語,インフェルス。付録4ロ参照。
「ヤハ」。ソロモンみ名来る唯一箇所。ここ省略用いられいる。ギンスInt,386,387ページ; 詩 68:4脚注; 付録1イ参照。
「人」。ヘ語,イーシュ。
または,「人々を」。
または,「金子枚」。
字義,「わたしあります」。
「住むよ……あなたの」,どちら女性形。
字義,「雄鹿若子ご自分似せください」。「ご自分」は男性形。2:8,9,16,17比較。