アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ソロモンの歌 8:1-14

8  「ああ,あなたがわたしの母+の乳房を吸うわたしの兄弟+のようであったなら! わたしはあなたを外で見いだすなら,あなたに口づけするでしょう+。人々はわたしをさげすんだりはしないでしょう。  わたしはあなたを導き,わたしをいつも教えてくれたわたしの母の家に連れて入るでしょう+。わたしは香料を加えたぶどう酒+を,ざくろの新鮮な果汁をあなたに飲ませるでしょう。  あの方の左手はわたしの頭の下にあり,その右手―それはわたしを抱くことでしょう+  「エルサレムの娘たちよ,わたしはあなた方に誓いを立てさせました。愛がその気になるまでは,[わたしのうちに]それを目覚めさせたり,呼び起こしたりしない,と+」。  「自分の愛する者+に寄りかかって,荒野から上って来る+この女はだれだろう+」。 「りんごの木の下でわたしはあなたを*呼び起こしました。あなたの母はそこであなたのために産みの苦しみを味わったのです。あなたを産んだ人はそこで産みの苦しみを経験したのです+  「わたしを印章としてあなたの*心臓の上に+,印章としてあなたの腕の上に置いてください。愛は死のように強く+,全き専心に対する要求+はシェオルと同じく*屈することがないからです。その燃え盛る勢いは火の燃え盛る勢い,ヤハ*+の炎です。  大水も愛を消すことはできません+。川もそれを流し去ることはできません+。人*が愛のために自分の家の貴重品をことごとく与えるとしても,人々はそれらのものを*きっとさげすむことでしょう」。  「わたしたちにはまだ乳房もない小さな妹がいる+。わたしたちの妹に[結婚の]申し入れのある日に,わたしたちは彼女のために何をしてやろうか」。  「もし彼女が城壁であれば+,わたしたちはその上に銀の胸壁を築くであろう。しかし,もし彼女が扉であれば+,これを杉の厚板でふさいでしまおう」。 10  「わたしは城壁です。わたしの乳房は塔のようです+。こうして,わたしはあの方の目に,平和を見いだしている者のようになりました。 11  「バアル・ハモンにソロモンの所有するぶどう園+がありました。[王]はそのぶどう園を番人に託しました+。各々はその実のために銀千枚*を持って来たものです。 12  「わたしのものであるわたしのぶどう園は,わたしの思い通りにすることができます*。ソロモンよ,千はあなたのもの,二百はその実の番をする者たちのものです」。 13  「ああ,園の中に住む者よ+,仲間の者たちがあなたの*声に注意を払っている。わたしにそれを聞かせておくれ+」。 14  「わたしの愛する方よ,走ってください。香料の山の上のガゼルか雄鹿の若子のようになってください*+」。

脚注

「あなたを」,男性形。
「あなたの」,男性形。
シェオルと同じく」。ヘ語,キシュオール; ギ語,ハーイデース; ラ語,インフェルス。付録4ロ参照。
「ヤハ」。ソロモンの歌の中で神のみ名が出て来る唯一の箇所。ここでは省略形が用いられている。ギンスInt,386,387ページ; 詩 68:4の脚注; 付録1イ参照。
「人」。ヘ語,イーシュ。
または,「人々は彼を」。
または,「金子千枚」。
字義,「わたしの前にあります」。
「住む者よ……あなたの」,どちらも女性形。
字義,「雄鹿の若子にご自分を似せてください」。「ご自分」は男性形。2:8,9,16,17と比較。