内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ソロモンの歌 7:1‐13

7  「快く仕える+よ,あなた足取りは[あなたの]サンダルあっ美しいものなっこと+。あなた丸み工匠なる飾り物よう+  あなたほぞ周り円い鉢。混ぜ合わさぶどう+が[それから]欠けることないように。あなたは,ゆり+周り囲また,積み上げ小麦ようだ。  あなた二つ乳房は,二若子,雌ガゼルの[産んだ]双子よう+  あなた+象牙ようだ。あなた+バトラビム傍らヘシュボン+ようだ。あなたダマスカス見渡すレバノンようだ。  あなたカルメル+ようで,あなた房々+赤紫染め羊毛よう+。王その垂れ髪引きつけられいる+  愛さいる乙女*,無上喜び与えるもので,あなた美しく,何快いあろ+  あなたこの背丈は,やし+に,あなた乳房+なつめやしいる。  わたし言った,『わたしは,やし上って,そのなつめやし果梗取ろ+』と。そして,どうか,あなた乳房ぶどうようあっ欲しい。あなた香りりんごよう[であれ]。  あなた上あごが,わたし愛するためなめらか滑っ+,眠っいるたち柔らか流れる最良ぶどう+ようあれ」。 10  「わたしわたし愛するもの+。あの渇望わたし向けられます+ 11  わたし愛するよ,ぜひください。野行きましょ+。ヘンナ+*宿りましょう。 12  早く起きて,ぶどう行きましょう。ぶどう新芽出しどう+,花開い+[どうか],ざくろ咲かか[どうか]を見るため+。わたしそこで愛情表現あなたささげましょ+ 13  こいなす+も[その]香り放ちました。わたしたち入り口そばあらゆる種類えり抜き果物あります+。わたし愛するよ,わたしあなたため新しい古い蓄えおきました。

脚注

「愛さいる乙女よ」。字義,「愛よ」。
「ヘンナに」。七十訳,シリ訳,ウル訳,「村々に」。しかし,1:14; 4:13参照。