アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ソロモンの歌 6:1-13

6  「女の中で最も美しい人よ+,あなたの愛する人はどこに行ったのですか。あなたの愛する人はどこへ向かったのでしょう。わたしたちはあなたと一緒にその人を捜しましょう」。  「わたしの愛する方は自分の園に+,香料植物の苗床+へ下って行きました。園の中で羊の群れを飼い+,ゆりの花を摘むためです。  わたしはわたしの愛する方のもの,わたしの愛する方はわたしのもの+。あの方はゆりの中で羊の群れを飼っています+」。  「わたしの友+よ,あなたは“快い都市+* のように美しい。エルサレム+のように麗しく,旗+の周りに隊をなす者たちのように畏敬の念を抱かせる+  わたしの前からあなたの目+をそらしておくれ。それはわたしを恐れ慌てさせたからだ。あなたの髪はギレアデから跳ねて下ったやぎの群れのようだ+  あなたの歯は洗い場から上って来た雌羊の群れのようだ。みな双子を産み,その中のどれも若子を失ったことがない+  あなたのベールの後ろにあるあなたのこめかみは,ざくろの片割れのようだ+  六十人の王妃,八十人のそばめ,そして数知れぬ乙女らがいるかもしれない+  わたしのはと+,とがめのない者+はただ一人。その母に属する者はただ一人。彼女は自分を産んだ者の浄い者。娘たちは彼女を見て,これを幸いな者と言い,王妃やそばめたち[も見て],彼女をたたえはじめた+ 10  『夜明けのように+見下ろしている者,満月のように+美しく,きらめく太陽のように+浄く,旗の周りに隊をなす者たちのように畏敬の念を抱かせる+この女はだれですか+』」。 11  「くるみの木の園+にわたしは下りて行きました。奔流の谷+で木の芽を見るため,ぶどうの木が新芽を出したかどうか,ざくろの木が花を咲かせたかどうかを見るためでした+ 12  わたしの気づかないうちに,わたしの魂は快く仕える民の兵車のそばにわたしを置きました*」。 13  「帰って来なさい,帰って来なさい,シュラムの[娘]よ。帰って来なさい,帰って来なさい。わたしたちがあなたを見ることができるように*+」。 「あなた方はシュラムの[娘]に何を見るというのですか+」。 「二つの宿営*の舞のようなものを!」

脚注

「“快い都市”」。または,「ティルツァ」。
マソ本と七十訳はここで6章が終わっている。
シリ訳とウル訳はここで6章が終わっている。
「二つの宿営」。または,「マハナイム」。