内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ソロモンの歌 5:1‐16

5  「わたし+,[わたしの]花嫁+,わたし自分入っ+。わたしわたし没薬+わたし香料摘んだ。わたしわたし蜜ばちわたし食べ+,わたしぶどうわたし飲んだ」。 「友よ,食べなさい! 飲んで,愛情表現+酔いなさい!*  「わたし眠っますが,心目覚めます+。わたし愛するが[戸を]たたくます+!」 「わたし妹,わたし友,わたしはと,とがめない+よ,わたしため開けおくれ+。わたしぬれ,わたししずくで[ぬれしまっだ]から+」。  「『わたし長い脱いしまいました。どうしてまたられるでしょう。わたし洗っしまいました。どうして汚せましょう』。  わたし愛するが[戸の]穴からその引っ込めで,わたしなる+わたし*騒ぎ立ちました。  わたしわたし愛するため開けよう起き上がりました。わたし没薬で,わたし没薬*滴り,[それは]錠くぼみ*に[落ちました]。  わたしわたし愛するため開けました。しかし,わたし愛する行って,通り過ぎでした。あのとき,わたしは[わたしから]出行きました。わたしあの捜しましが,見つかりませでし+。わたしあの呼びましが,あの答えませでした。  市見回っいる見張りたち+わたし見つけました。彼らわたし打ち,わたし傷つけました。城壁見張りたち+わたし広い上掛けはぎ取りました。  「エルサレムたち+,わたしあなた方誓い立てさせまし+。もしわたし愛する+見つけなら,わたし病んいること+あの告げる,と」。  「女最も美しい+,あなた愛するどのようほか愛する勝っいるです+。あなた愛するどのようほか愛する勝っいるで,わたしたちこのよう誓い立てさせです+」。 10  「わたし愛するまぶしいばかり,赤みがかって,万うち最も際立っ*+ 11  その金,精錬金,そのなつめやし房,その黒い[髪]は渡りがらすようです。 12  その流れほとりいるはとようで,それら浸し,縁座っます。 13  そのほほ香料苗床+,香り草ようです。その没薬+滴らせるゆり花。 14  その貴かんらん石*満ち円柱。そのサファイア覆わ象牙皿。 15  そのは,精錬受け台立てられ大理石柱。その姿レバノンようあり,杉ようえり抜きもの+ 16  その上あご非常甘く,あのすべて全く望ましいものです+。エルサレムたちよ,これわたし愛する方,これわたしです」。

脚注

または,「食べなさい! 愛するたちよ,飲んで,酔いなさい!」
「わたしで」,50以上ヘブライ写本および幾つヘブライ印刷版; マソ本,七十訳,シリ訳,「彼で」。
字義,「流れる(過ぎゆく)没薬」。
すなわち,戸差し込むくぼみ。
字義,「のうちよう掲げられ方」。
貴かんらん石で」。ヘ語,バッタルシーシュ