内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ソロモンの歌 3:1‐11

3  「わたし,寝床で,わたし愛しいる+捜しました。わたしあの捜しましが,見いだせませでした。  どうか,わたして,市+行き巡らください。わたし愛しいるを,ちまた公共広場+捜さください。わたしあの捜しましが,見いだせませでした。  市行き巡っ見張りたち+わたし見つけました。『わたし愛しいるあなた方ませでしか』。  彼から離れるなく,わたしわたし愛しいる見つけました。わたしとらえて,離そませでした。そして,わたしに,わたし身ごもった[母]の部屋あの連れました。  エルサレムたちよ,わたしあなた方ガゼル雌鹿さして+誓い立てさせまし+。愛そのなるまでは,[わたしうちに]それ目覚めさせたり,呼び起こしたりない,と+」。  「没乳香+,いえ,貿易あらゆる種類香粉+におっいる,煙よう荒野から上っ来るこのもの*でしょう」。  「ご覧なさい,それは[王]のいす,ソロモンものです。イスラエルある+から六十ある*その周ります。  みな持ち,戦い教えられたちで,各々怖れため+帯びます」。  「それは,ソロモン自分ためレバノン+から作っつり台です。 10  [王]はそので,その支え作りました。その赤紫染め羊毛できおり,その内側エルサレムたちこめ*取り付けものです」。 11  「シオンたちよ,出て,花冠+つけソロモンなさい。それは,[王]の結婚日,その歓び+に,[王]のためその+編まものです」。

脚注

字義,「だれ」。女性述部伴う。
「力ある者」。ヘ語,ギッボーリーム。
または,「娘たち黒たんで」,マソ本訂正することより。