内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ソロモンの歌 2:1‐17

2  「わたし沿岸平原*+ただサフラン*+,低地平原ゆり+です」。  「娘たちあって,わたしは,とげ草ゆりよう+」。  「子あって,わたし愛する森林木々りんご+ようです+。わたしその恋い慕い,そこ座りました。そのわたし上あご甘かっです。  あのわたしぶどう連れ行きまし+。わたし翻るあの+*でし+  あなた方干しぶどう菓子+わたし元気づけください。りんごわたし保たください。わたし病んいるからです+  あの左手わたしあり,その右手 ― それわたし抱くです+  エルサレムたちよ,わたしあなた方ガゼル+雌鹿+さして誓い+立てさせました。愛そのなるまでは,[わたしうちに]それ目覚めさせたり,呼び起こしたりない,と+  「わたし愛するです+! ご覧なさい,あのやっます+。山登り,丘跳びはねるようて。  わたし愛するガゼル雄鹿若子ます+。ご覧なさい,あのわたしたち後ろ立っます。窓からじっます。格子越しそっとます+ 10  わたし愛する答えて,わたし言いました,『わたしよ,わたし美しい+,立っ一緒おい+ 11  ご覧,雨期*+過ぎ,大雨終わっ通り過ぎた。 12  花現われ+,ぶどう刈り込む+た。そして,やまばと+わたしたち聞かれるようなった。 13  いちじく+は,早なりいちじく+ため熟し,ぶどう開いて,[その]香り放っいる。立って,来なさい。わたし+,わたし美しいよ,一緒おいで。 14  大岩隠れ場に,険しい坂道隠れ場所いるわたしはと+,あなた姿見せおくれ+。あなた聞かおくれ。あなた快く,あなた姿麗しいから+』」。 15  「お前たちわたしたちためきつね+つかまえよ。ぶどう荒らしいるぎつねを。わたしたちぶどう開いいるから+」。 16  「わたし愛するわたしもの,わたしあのもの+。あのゆり+群れ飼っます+ 17  わたし愛するよ,日いぶき,影去っしまうまで,振り向いください。分離山々*ガゼル+雄鹿若子ようあっください。

脚注

沿岸平原」。または,「シャロン」。ヘ語,ハッシャーローン
または,「クロッカス; ツルボラン」。
「愛」。ヘ語,アハヴァー。
または,「冬」。
または,「裂け山々」。字義,「ベテル(Bether)の山々」。「ベテル」の意味明確ない。