アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ソロモンの歌 1:1-17

1  ソロモンのもの+である最も優れた歌*+  「あの方が口づけをもってわたしに口づけしてくださるなら+。あなたの愛情の表現*はぶどう酒に勝るものだからです+  あなたの油+は香りの良いものです。あなたの名は注ぎ出される油のようです+。ですから,乙女らはあなたを愛したのです。  あなたのもとに*わたしを引き寄せてください+。一緒に走りましょう。王はわたしを奥の部屋に連れて来ました+! わたしたちはあなたのことを喜び,歓び楽しみましょう。ぶどう酒よりもあなたの愛情の表現を語り告げることにしましょう+。彼女らがあなたを愛したのは当然のことなのです+  「エルサレムの娘たちよ+,わたしは色の黒い娘です。でも,麗しい。ケダルの天幕+のようです[が],ソロモンの天幕布+のようです。  わたしの色が黒いからといって,太陽がわたしを見たからといって,あなた方はわたしを見つめないでください。わたしの母の子らはわたしに対して怒り,わたしにぶどう園の番をさせました。[ですが,]わたしは,わたしのぶどう園+,自分の[ぶどう園]の番はしませんでした。  「わたしの魂の愛している人よ+,どうかわたしに告げてください。あなたはどこで羊の群れを飼っているのですか+。真昼にはどこに羊の群れを伏させるのですか。一体,わたしはなぜあなたの仲間の家畜の群れの中で,喪に服して身を包む女のようにならなければならないのでしょう」。  「女の中で最も美しい人よ+,あなたが自分で知らないのなら,自分で羊の群れの足跡について出て行き,羊飼いたちの幕屋のそばであなたの子やぎらに草を食べさせなさい」。  「わたしの友よ+,わたしはファラオの兵車のわたしの雌馬にあなたを例えた+ 10  あなたのほほは編み毛の間にあって麗しく,あなたの首は飾り玉をつないだ輪の中にあって[麗しい+]。 11  わたしたちはあなたのために金の飾り輪を作ろう+。それと共に銀の飾りびょうも」。 12  「王がその円卓に着いておられる間,わたしの甘松+は香りを放ちました+ 13  わたしの愛する方はわたしにとって没薬+の袋のようです。あの方はわたしの乳房+の間で夜を過ごすでしょう。 14  わたしの愛する方はわたしにとってエン・ゲディ+のぶどう園にあるヘンナ+の花房のようです」。 15  「ご覧,わたしの友よ+,あなたは美しい。ご覧,あなたは美しい。あなたの目は,はと[の目のよう]だ+」。 16  「ご覧ください,わたしの愛する方,あなたは美しく*+,それに快い方です。わたしたちの寝床+もまた,青葉の[寝床]です。 17  わたしたちの壮大な家*の梁は杉+,垂木はねずの木なのです。

脚注

または,「最も美しい(最も卓越した)歌」。字義,「歌(複)の歌」。
字義,「あなたの愛情」。ヘ語,ドーデイカー。
または,「後に」。裁 13:11の脚注; ルツ 1:16の脚注参照。
「あなたは美しく」,男性形。彼女の愛する羊飼いを指している。
字義,「わたしたちの家々」。