内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ゼパニヤ 2:1‐15

2  集い寄れ,そうだ,集合せよ+,恥辱青ざめることない*国民+  法が[何も]産み出さないうち+,[その]日もみがらよう過ぎ去ら[ないうち],エホバ燃える怒りあなた方臨まないうち+,エホバ怒りあなた方臨まないうち+  地柔和*たち+,[]の司法定め守り行なっ*すべてたちよ,エホバ求め+。義求め+,柔和*求め+。恐らく*+あなた方エホバ怒り隠されるあろ*+  ガザ捨てられ[都市]となり+,アシュケロン荒れ果てなるある+。アシュドド+,人々これ真昼追い出し+,エクロン根こぎされるあろ+  「海地方住むたち,ケレト*国民災い+! エホバ言葉あなた方責める。ああ,カナン,フィリスティアよ,わたしあなた滅ぼして,そこ住む絶えさせる+  そして地方は,牧草+,羊飼いため井戸ため石囲いあるなる。  こうそこユダ残っいるたちため地域なるある+。そこで彼ら食物得る。彼らアシュケロン家々夕べ伸ばし横たわる。その*エホバ彼ら注意向け+,その捕らわれたち必ず連れ戻すからある+」。  「わたしモアブそしり+と,アンモンののしり言葉聞い+。それもっ彼らわたしそしり,その領地対し大いに高ぶった。  それゆえ,わたしいるとおり+」と,万軍エホバ,イスラエルお告げなる,「モアブソドムよう+,アンモン+ゴモラようなる。いらくさ所有する所,塩坑,荒れ果てなっ定めない至るある+。わたし残っいるたち彼ら奪い取り,わたし国民残り彼ら所有する+ 10  これが,その代わり彼ら持つところなる+。彼ら万軍エホバ*そしり,これ対し大いに高ぶっからある+ 11  エホバ畏怖抱かせる*+。地すべて神々*必ず衰退せるからある+。そしては,各々そのから[]にかがめる+。諸国民すべて島々*が[そのようする+]。 12  「あなた方,エチオピア*+また,わたし*よっ討ち殺されるなる+ 13  「また[]はその伸ばして,アッシリア滅ぼす+。そして,ニネベ荒れ果て+,荒野ようない地域する。 14  そしてそのは,家畜群れが,国*すべて野生動物伸ばし横たわるある+。ペリカンやまあらし+,まさにその柱頭+過ごす。窓鳴きつづけるある。敷居荒れすさんままある。腰板+まで必ずあらわされるからある。 15  これが,安らか座して,そのに,『わたしいる。ほかだれない+』と言っ歓喜都市ある+。彼女いかに驚き的,野生動物伸ばし横たわるなっことか。そこ通るみな口笛吹き,手振るあろ+」。

脚注

「恥辱青ざめることない」。または,「慕い求めることない」。
「柔和な」。または,「謙遜な」。
または,「[神]の裁き守った」。
または,「つつましさ; 謙遜」。
「恐らく」。ヘ語,ウーライ。
「あなた方は……隠される保護れる)であろう」。ヘ語,ティッサーテルー; ゼパニヤ含まれるツァーファン異なる。書名脚注比較。
「クレタ人」,七十訳。
「その」。ヘ語,エローヘーヘム。
付録1ハ§2参照。
マソ本,ウル訳よる; 七十訳,シリ訳,「エホバ彼ら現われる」。
の……神々」,マソ本(ヘ語,エローヘー ハーアーレツ),ウル訳; 七十訳,「地国民の……神々」。
または,「すべて沿い地帯」。
「エチオピア人」,七十訳,ウル訳; ヘ語,クーシーム; タル,シリ訳,「クシュ人」。
「わたし剣」,マソ本,タル,七十訳,ウル訳。
「国」。ヘ語,ゴーイ; 七十訳,「地」; シリ訳,ウル訳,「諸国(もろもろ民)」。