内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ゼパニヤ 1:1‐18

1  ユダアモン+ヨシヤ+時代に,ヒゼキヤアマルヤゲダリヤクシあるゼパニヤ臨んエホバ言葉:  「わたし必ずいっさいものから絶やす」と,エホバお告げなる+  「わたし絶やす+。天飛ぶ生き物絶やし+,またつまずきなるもの邪悪たちに[絶やす+]。わたし*から断ち滅ぼす+」と,エホバ*お告げなる。  「またわたしは,ユダ対し,エルサレムすべて住民対しわたし伸ばす+。そして,バアル*残っいるたち+,すなわち異国祭司たち*その祭司たちこの場所から断ち滅ぼす+  また,屋上衆群かがめいるたち+,身かがめ+エホバ誓い立て+,かつまたマルカムかけ*誓い立ているたち+を,  さらに,エホバ従うことやめ+エホバ求めず,これ問い尋ねることなかったち+を[断ち滅ぼす]」。  主権なるエホバみ前沈黙せよ+。エホバ近く+,エホバ犠牲調えられからある+。[]は,ご自分招いたち神聖され+  「そして,エホバ犠牲に,わたしは,君たち,王たち+,またすべて異国装い着けいる+注意向けることなる。  また,すべてその*登っ来る者,自分主人*暴虐欺き満たすたち+注意向ける。 10  また,そのこれある」と,エホバお告げなる。「すなわち,“魚+”から叫び声,第地区+から泣きわめく声,丘+からぶつかり合うある。 11  泣きわめけ+,マクテシュ*住むたちよ。商い人あるそのすべて沈黙られからある+。銀量り出すみな断ち滅ぼさた。 12  「またその時,わたしともしび携えエルサレムくまなく捜すことなる+。そして,自分固まっいるたち+,そのうちで,『エホバ善いことくれないが,悪いこともたらすわけない』と言っいるたち*+注意向ける。 13  そして,そのたち必ず略奪され,その家々荒れ果てることなる+。そして,彼ら建てそこ住むことなく+,ぶどう設けそのぶどう飲むことない+ 14  「エホバ*大いなる+近い+。それ近い。しかも非常急いやっ来る+。エホバ響き悲痛ある+。そこは,力ある*叫び声上げる+ 15  その憤怒日,苦難苦もん+,あらし荒廃日,闇陰うつ+,雲濃い暗闇日, 16  角笛*警報+あり,防備施さ都市攻め,隅高い攻め寄せる+ 17  こうわたし人々*苦難臨ませる。彼ら必ず盲人よう歩き回るあろ+。エホバ対しおかしためある+。そして,彼らまさによう+,そのはらわたよう注ぎ出される+ 18  そのエホバ憤怒彼ら救い出すことできない+。[]の熱心よっ全地*むさぼり食われる+。[]は住むすべて滅び,まさに恐るべき[絶滅]を*もたらすからある+」。

脚注

「人」。ヘ語,ハーアーダーム。
付録1ハ§2参照。
「バアル」。ヘ語,ハッバアル,偽り名; ギ語およびラ語,バアル。
異国祭司たち」。ヘ語,ハッケマーリーム; ウル訳,「神殿警護たち」。
マルカムかけて」。ヘ語,ベマルカーム; シ語,ベマルクーム; ウル訳,「メルコムかけて」; 七十訳,「彼らかけて」。
または,「基壇」; または,「敷居」。王座基壇ない台座しれない。
「自分主人」(複)。または,「自分大いなる主人」。ヘ語,アドーネーヘム。アドーン複数形。創 39:2脚注参照。
字義,「“つき臼”」。ヘ語,ハンマクテーシュ。エルサレム区画で,中央谷(もしくはテュロペオン谷)の上流,“魚門”と地区近く思われる。
たち」。ヘ語,ハーアナーシーム。イーシュ複数形。
付録1ハ§2参照。
「力ある者」。ヘ語,ギッボール。創 10:8脚注比較。
または,「ショファル」。ヘ語,ショーファール。
または,「人々に」。ヘ語,ラーアーダーム
または,「全」。ヘ語,コルハーアーレツ
または,「まさに突然恐怖を」,訂正より。