アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ゼカリヤ 9:1-17

9  宣告+: 「エホバ*の言葉はハドラクの地に向けられている。ダマスカス+にそれはとどまる。エホバ*は地の人に,またイスラエルのすべての部族に目を留めている+からである。  そしてハマト+もまたそこに境を接しているであろう。ティルス+とシドン+,それは非常に賢い+からである。  そしてティルスは自分のために塁壁を築き,銀を塵のように,金*を街路の泥のように積み上げた+  見よ,エホバ*自ら彼女を立ち退かせる。その軍勢を必ず海の中に打ち倒す+。火の中で彼女自身はむさぼり食われる+  アシュケロンは見て恐れを抱く。そしてガザ,これもまた激しい痛みを覚える。エクロン+も同様である。その待ち焦がれた望み+は恥辱を味わうことになるからである。そして王は必ずガザから消え,アシュケロンには人が住まなくなる+  そして,庶出の+子がまさにアシュドド+に座するであろう。こうしてわたしは必ずフィリスティア人の誇りを断ち滅ぼす+  またわたしは,血にまみれたものをその口から,嫌悪すべきものをその歯の間から除き去る+。しかし,彼自身はわたしたちののために*必ず残されるであろう。彼はユダ+において首長*+のように,エクロンはエブス人+のようになるのである。  そしてわたしは自分の家の前哨地として宿営を張り+,通り過ぎる者も戻って来る者もないようにする。彼らの中を職長が通って行くことももはやない+。今わたしは自分の目で[それを]見たからである+  「シオンの娘よ,大いに喜べ+。エルサレムの娘よ,勝利の叫びを上げよ+。見よ,あなたの王+があなたのもとに来る+。義にかなった者,救われた者である*+。謙遜であり*+,ろばに,しかも成熟した,雌ろば*の子に乗っている+ 10  そしてわたしは必ずエフライムから戦車を断ち*,エルサレムから馬を[断つ+]。また,戦いの弓+も断たれねばならない。こうして,彼は諸国民に平和を語るのである+。その支配は海から海に,*から地の果て*に及ぶであろう+ 11  「そして,[女なる者よ,]* あなた*との契約の血+によって,わたしはあなたの捕らわれ人たち+を水のない坑の中から送り出す。 12  「希望を抱く捕らわれ人たちよ+,とりでに*帰れ+ 「また,今日[あなたに]告げておく,『[女なる者よ,]わたしはあなたに*二倍の分*を報いる+ 13  わたしは自分の[弓]として*ユダを踏むからである。その弓にわたしはエフライムをつがえる。そして,シオンよ,わたしはあなたの子ら+を目覚めさせる*。ギリシャ*+,それはあなたの子らに対してである。また,あなた*を力ある者*の剣のようにする+』。 14  そして,彼らの上方にはエホバが見え+,その矢は稲妻のように出て行く+。また,角笛を*主権者なる主エホバが吹かれる+。また,必ず南*の風あらしと共に進まれるであろう+ 15  万軍のエホバが彼らを守り,彼らはまさに石投げの石をむさぼり食って+これを従える。そして彼らは,そこにぶどう酒があるかのようにしてまさに飲む+―浮かれ騒ぐ。彼らは鉢のように,祭壇の隅のように満たされるのである+ 16  「そして,彼らの*エホバはその日に必ず彼らを救う+。自分の民[を],羊の群れのようにして+。彼らは,その*地の上にきらめく王冠の石のようになるのである+ 17  []の善良さは何と[大きく+],その麗しさは何と[壮大]なのであろう+。穀物は若者たちを,新しいぶどう酒は乙女たちを活気づける+」。

脚注

付録1ハ§4参照。
付録1ハ§4参照。
」。ヘ語,ウェハールーツ
書写の際YHWHがアドーナーイに変えられた134箇所の一つ。付録1ロおよび1ハ§4参照。
「わたしたちののために」。ヘ語,レーローヘーヌー(lEʼ·lo·heh′nu); ギ語,テオーイ; ラ語,デオー
創 36:15の脚注参照。
または,「(彼は義にかなっており,)救いを経験している救われている; 勝利を得つつある)」。ヘ語,ウェノーシャー申 33:29および詩 33:16の場合と同じく受動態; 七十訳,「救っている」もしくは「救いをもたらしている」; ラ語,エト サルウァートル,「そして救い主」。
または,「苦しんでおり」。ヘ語,アーニー; ラ語,パウペル。
「雌ろば」(複),マソ本。
マソ本,タル,ウル訳による; 七十訳,シリ訳,「彼はエフライムから……を全く滅ぼし」。
すなわち,ユーフラテス川。
エレ 16:19の脚注参照。
「[女なる者よ]」。字義,「あなた」。ヘ語,アト,女性単数形; すなわち,シオンもしくはエルサレム。
「あなた」,女性単数形。女性すなわち,シオンもしくはエルサレムを指している。
または,「近づき難い(近寄り難い)場所に」。ヘ語,レヴィッツァーローン; マソ本に出て来る唯一の箇所。
「[女なる者よ,]……あなたに」。字義,「あなたに」。ヘ語,ラーク,女性単数形。9章11節,「女なる者よ」の脚注と比較。
「二倍の分」。ヘ語,ミシュネ。イザ 61:7と比較。
「自分の[弓]として」。字義,「わたしに」。ヘ語,リー。しかし踏まれるのは弓。
または,「奮い立たせる」。
「ギリシャ」,ウル訳; 七十訳,「ギリシャ人の(子供ら)」; マソ本,シリ訳,「ヤワン」。創 10:2; ダニ 8:21の脚注参照。
「あなた」,女性単数形。「シオン」を指している。
「力ある者」。ヘ語,ギッボール。
または,「ショファルを」。ヘ語,バッショーファール
「南」。ヘ語,テーマーン。
「彼らの」。ヘ語,エローヘーヘム。
または,「彼らの」。「民」を指している。