アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ゼカリヤ 7:1-14

7  さらに,王ダリウス+の第四年,第九の月[つまり]キスレウ*+の四[日]に,エホバの言葉がゼカリヤに臨んだ。  そのためベテルは,エホバの顔を和めようとして+,シャルエツェル,およびレゲム・メレクとその配下の人々*を送り,  万軍のエホバの家に属する祭司たち+,また預言者たちに語ってこう言った。「わたしは,これまで,ああ幾年になるでしょうか,ずっとしてきましたように+,第五の+月に物断ちを行なって*泣き悲しむべきでしょうか」。  すると,万軍のエホバの言葉が引き続きわたしに臨んでこう言った。  「この地のすべての民*また祭司たちに言うように,『第五の[月]また第七の+[月]にあなた方が断食を行なって+泣き叫んだ時,しかもそれは七十年に及んだが+,[その時]あなた方は,本当にわたしに,このわたしに対して断食を行なったのか+  また,食べたり飲んだりした時,あなた方自身が食べ,あなた方自身が飲んでいたのではなかったか。  [あなた方は,]エルサレムに人が住んでいて安らかであり,それに属する諸都市がその周囲にあった時,ネゲブ*+にもシェフェラ*+にも人が住んでいた[ころに]エホバが以前の預言者たちによって叫ばれた+言葉に[従うべき]ではないのか+』」。  エホバの言葉はなおもゼカリヤに臨んでこう言った。  「万軍のエホバはこのように言われた。『真の公正をもって*あなた方の裁きを行なえ+。互いに対して愛ある親切*+と憐れみ+とを実行せよ。 10  やもめ+や父なし子+からだまし取ってはならない。そして,外人居留者+や苦しむ者+からも。また,互いに対し心の中で悪をたくらんではならない+』。 11  それなのに彼らは注意を払おうとせず+,しきりに強情な肩を向け+,耳を鈍くして聞かなかった+ 12  また,その心+を金剛石のようにし,万軍のエホバがその霊により+,以前の預言者たちによって+送った律法や言葉に従わなかった+。そのため,万軍のエホバとしては大いなる憤りを持たれた+」。 13  「『そのゆえにこうなった。彼が呼んでも彼らが聴かなかったように+,彼らが呼んでもわたしは聴こうとしなかった+』と,万軍のエホバは言われた。 14  『そうしてわたしは,彼らの知らなかった+あらゆる国民の中に彼らを激しく投げ込んだ+。その土地そのものも彼らの後ろで荒廃に捨てられ,通り過ぎる者もそこに戻って来る者もいなくなった+。彼らはその望ましい土地+を驚きの的とした』」。

脚注

ユダヤ人の太陰第9の月の流刑後の名称で,11月から12月に当たる。付録8ロ参照。
「とその配下の人々」。ヘ語,ワアナーシャーウ。イーシュの複数形。
「物断ちを行なって」。ヘ語,ヒンナーゼール。不定詞独立形で,時に関しては不定で,非人称。
「このの……」。ヘ語,アム ハーアーレツハガ 2:4の脚注参照。
または,「南」。すなわち,約束の地の南部。
または,「低地」。
字義,「真実の裁き[をもって]」。
愛ある親切」。または,「忠節な愛」。ヘ語,ウェヘセド