内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ゼカリヤ 13:1‐9

13  「その+,ダビデ対し,またエルサレム住むたち対して,罪ため+,また憎悪べきものため+井戸+開かれるあろう。  「またその必ずこうなる」と,万軍エホバお告げなる。「[すなわち,]わたしこのから偶像断つ+。それらもはや思い出される*ことない。また,預言たち+汚れ*このから去っ行かせる+  そして,人*なおも預言することあるすれば,その生んこう言わならない。『お前生きられない。偽り事エホバおい語っからだ』。そして,その母,すなわちこれ生んたちは,その預言ゆえに刺し通さならない+  「またその必ずこうなる。[すなわち,]預言たちは,預言するおのおの自分つい恥じるようなる+。彼ら欺きため職服+着けない。  そしてきっとこう言う。『わたし預言ない。土耕す*だ。地*わたし若いころから入れだ』。  そこでこう言うある。『両手あるあなたの[身の]これら*どうか』。するときっと言うあろう,『わたし強く愛するたち打た*ときものだ』」。  「剣よ,わたし牧者+向かい,わたし仲間たる強健男子+向かっ覚ませ」と,万軍エホバお告げなる。「牧者打っ+,群れものたち散らせ+。わたし必ず,取る足りないたち*わたし戻す+」。  「また,その全土必ずこうなる」と,エホバお告げなる。「[すなわち,]そこ三分切り断たて,息絶える+。あと三分ずっそこ残される+  そしてわたし必ずその三分くぐらせる+。わたしは,銀精錬するよう彼らまさに精錬+,金調べるよう彼ら調べる+。それわたし呼び求め,わたしそれ答える+。『これわたしある』とわたし言い+,『エホバわたしです』とそれ言うあろ+」。

脚注

または,「もはや述べられる」。
または,「汚れよる霊感表現」; または,「汚れ霊感表現」。啓 16:13,「表現」の脚注比較。
「人」。ヘ語,イーシュ。
「者」。ヘ語,イーシュ。
「地人」。ヘ語,アーダーム; ギ語,アントローポス; ウル訳,「アダム(はわたし若いころからわたし手本[だった,もしくは,である])」。
または,「これら打ち傷」。
または,「傷つけられた」。
「取る足りないたち」。または,「する少年たち」。ヘ語,ハッツォーアリーム; 七十訳アレ写,「牧者たち」; 七十訳シナ写,バチ写,ウル訳,「幼いたち」,男性形; シリ訳,「勝った(大いなる)者たち」。