アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ゼカリヤ 13:1-9

13  「その日+,ダビデの家に対し,またエルサレムに住む者たちに対して,罪のため+,また憎悪すべきもののため+の井戸+が開かれるであろう。  「またその日には必ずこうなる」と,万軍のエホバはお告げになる。「[すなわち,]わたしはこの地から偶像の名を断つ+。それらはもはや思い出される*ことはない。また,預言者たち+と汚れの霊*とをこの地から去って行かせる+  そして,人*がなおも預言することがあるとすれば,その者を生んだ父と母は彼にこう言わねばならない。『お前は生きられない。偽り事をエホバの名において語ったからだ』。そして,その父と母,すなわちこれを生んだ者たちは,その預言の業のゆえに彼を刺し通さねばならない+  「またその日には必ずこうなる。[すなわち,]預言者たちは,預言をする際おのおの自分の幻について恥じるようになる+。彼らは欺きのために毛の職服+を身に着けない。  そしてきっとこう言う。『わたしは預言者ではない。土を耕す者*だ。地の人*がわたしを若いころから手に入れたのだ』。  そこで人は彼にこう言うのである。『両手の間にあるあなたの[身の]これらの傷*はどうしたのか』。すると彼はきっと言うであろう,『わたしを強く愛する者たちの家で打たれた*ときのものだ』」。  「剣よ,わたしの牧者+に向かい,わたしの仲間たる強健な男子+に向かって目を覚ませ」と,万軍のエホバはお告げになる。「牧者を打って+,群れのものたちを散らせ+。わたしは必ず,取るに足りない者たち*の上にわたしの手を戻す+」。  「また,その全土で必ずこうなる」と,エホバはお告げになる。「[すなわち,]そこの三分の二が切り断たれて,息絶える+。あとの三分の一はずっとそこに残される+  そしてわたしは必ずその三分の一に火の中をくぐらせる+。わたしは,銀を精錬するようにして彼らをまさに精錬し+,金を調べるようにして彼らを調べる+。それはわたしの名を呼び求め,わたしはそれに答える+。『これはわたしの民である』とわたしは言い+,『エホバはわたしのです』とそれは言うであろう+」。

脚注

または,「もはや述べられる」。
または,「汚れによる霊感の表現」; または,「汚れた霊感の表現」。啓 16:13,「表現」の脚注と比較。
「人」。ヘ語,イーシュ。
「者」。ヘ語,イーシュ。
「地の人」。ヘ語,アーダーム; ギ語,アントローポス; ウル訳,「アダム(はわたしの若いころからのわたしの手本[だった,もしくは,である])」。
または,「これらの打ち傷」。
または,「傷つけられた」。
「取るに足りない者たち」。または,「番をする少年たち」。ヘ語,ハッツォーアリーム; 七十訳アレ写,「牧者たち」; 七十訳シナ写,バチ写,ウル訳,「幼い者たち」,男性形; シリ訳,「勝った(大いなる)者たち」。