内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ゼカリヤ 12:1-14

12  宣告: 「イスラエルに関するエホバの言葉」と,エホバはお告げになる。すなわち,天を差し広げ+,地の基を据え+,人の内にその霊*+を形造っておられるが[言われる],  「今わたしは,エルサレム+を,周囲のすべての民をふらつかせる鉢とする+。また,ユダに対し,[まさに]エルサレムに対して,彼は攻囲をしかけて来る+  だが,その日+,わたしはエルサレムをすべての民に対して重荷の石+とする。それを持ち上げる者はみな必ず身にひどいかき傷を負うであろう。地のすべての国民は必ずこれに敵して集まる+  その日+,わたしはすべての馬+を打ってうろたえさせ,その乗り手を[打って]狂気させる+」と,エホバはお告げになる。「そして,ユダの家の上にわたしは自分の目を開き+,もろもろの民の馬をことごとく打ってその視力を失わせる。  それで,ユダの首長たち+はその心の中で必ず言うであろう,『エルサレムに住む者たちは,その*たる万軍のエホバのゆえにわたしの力である+』と。  その日,わたしはユダの首長たちを,木々の間に置かれた火つぼのように+,刈り取った一続きの穀物の中に置かれた燃えるたいまつのようにする+。彼らは,右に左に周囲のすべての民をむさぼり食うのである+。こうしてエルサレムにはなおも人が住むことになる。それ[自身]の場所,エルサレムにである+  「そしてエホバは必ず,ユダの天幕をまず第一に救う。ダビデの家の美しさ,またエルサレムに住む者の美しさがユダに対して大きくなりすぎることのないためである。  その日,エホバはエルサレムに住む者たちを囲む防壁となる+。彼らの中でつまずく者はその日必ずダビデのようになり+,ダビデの家はのように*+,彼らの前にいるエホバのみ使いのようになる+  そしてその日,わたしはエルサレムに攻めて来る国々の民をすべて滅ぼし尽くそうとする+ 10  「またわたしは,ダビデの家とエルサレムに住む者たちの上に恵み+と懇願+の霊*を注ぎ出す。彼らは必ず自分たちが刺し通した+*見つめ,一人[子]について泣き叫ぶかのようにについて泣き叫ぶ。また,初子のための激しい嘆きの時のような激しい嘆きがその者に関してある+ 11  その日,エルサレムでの泣き叫びは大きくなり,メギド*の谷あい平原+にあるハダドリモンでの泣き叫びのようになる。 12  こうしてその地*は必ず泣き叫ぶ+。それぞれの家族が別々に*。すなわち,ダビデの家の家族は自分たちだけ,その女たちも自分たちだけで+。ナタン+の家の家族は自分たちだけ,その女たちも自分たちだけで。 13  レビ+の家の家族は自分たちだけ,その女たちも自分たちだけで。シムイ人+の家族は自分たちだけ,その女たちも自分たちだけで。 14  残っているすべての家族も,それぞれの家族が自分たちだけ,その女たちも自分たちだけで+

脚注

「その霊」。字義,「霊」。ヘ語,ルーアハアーダーム
「その(彼らの)」。ヘ語,エローヘーヘム。
または,「神ようたちように」。ヘ語,ケーローヒーム(keʼ·lo·him'),複数形; 七十訳,「神ように」; ラ語,クウァシ デイー。詩 8:5脚注比較。
「の霊」。ヘ語,ルーアハ; ギ語,プネウマ; ラ語,スピーリトゥム。
「者を」,テオ訳およびヨハ 19:37; マソ本,ウル訳,「わたしを」。
「メギド」。ヘ語,メギッドーン; ラ語,マゲッドン。啓 16:16,「ハルマゲドン」の脚注比較。
「その」。ヘ語,ハーアーレツ
字義,「諸家族,諸家族,離れて」。