内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ゼカリヤ 12:1‐14

12  宣告: 「イスラエル関するエホバ言葉」と,エホバお告げなる。すなわち,天差し広げ+,地据え+,人その*+形造っおられるが[言われる],  「今わたしは,エルサレム+を,周囲すべてふらつかせるする+。また,ユダ対し,[まさに]エルサレム対して,彼攻囲しかけ来る+  だが,その+,わたしエルサレムすべて対し重荷+する。それ持ち上げるみな必ずひどいかき傷負うあろう。地すべて国民必ずこれ敵し集まる+  その+,わたしすべて+打っうろたえさせ,その乗り手を[打って]狂気せる+」と,エホバお告げなる。「そして,ユダわたし自分開き+,もろもろことごとく打っその視力失わせる。  それで,ユダたち+その必ず言うあろう,『エルサレム住むたちは,その*たる万軍エホバゆえにわたしある+』と。  その,わたしユダ首長たちを,木々置か火つぼよう+,刈り取っ一続き穀物置か燃えるたいまつようする+。彼らは,右周囲すべてむさぼり食うある+。こうエルサレムなおも住むことなる。それ[自身]の場所,エルサレムある+  「そしてエホバず,ユダ天幕まず救う。ダビデ美しさ,またエルサレム住む美しさユダ対し大きくなりすぎることないためある。  その,エホバエルサレム住むたち囲む防壁なる+。彼らつまずくその必ずダビデようなり+,ダビデよう*+,彼らいるエホバみ使いようなる+  そしてその,わたしエルサレム攻め来る国々すべて滅ぼし尽くそする+ 10  「またわたしは,ダビデエルサレム住むたち恵み+懇願+*注ぎ出す。彼ら必ず自分たち刺し通し+*見つめ,一人[子]につい泣き叫ぶようつい泣き叫ぶ。また,初子ため激しい嘆きよう激しい嘆きその関しある+ 11  その,エルサレム泣き叫び大きくなり,メギド*谷あい平原+あるハダドリモン泣き叫びようなる。 12  こうその*必ず泣き叫ぶ+。それぞれ家族別々*。すなわち,ダビデ家族自分たちだけ,そのたち自分たちだけ+。ナタン+家族自分たちだけ,そのたち自分たちだけで。 13  レビ+家族自分たちだけ,そのたち自分たちだけで。シムイ+家族自分たちだけ,そのたち自分たちだけで。 14  残いるすべて家族も,それぞれ家族自分たちだけ,そのたち自分たちだけ+

脚注

「その霊」。字義,「霊」。ヘ語,ルーアハアーダーム
「その(彼らの)」。ヘ語,エローヘーヘム。
または,「神ようたちように」。ヘ語,ケーローヒーム(keʼ·lo·him'),複数形; 七十訳,「神ように」; ラ語,クウァシ デイー。詩 8:5脚注比較。
「の霊」。ヘ語,ルーアハ; ギ語,プネウマ; ラ語,スピーリトゥム。
「者を」,テオ訳およびヨハ 19:37; マソ本,ウル訳,「わたしを」。
「メギド」。ヘ語,メギッドーン; ラ語,マゲッドン。啓 16:16,「ハルマゲドン」の脚注比較。
「その」。ヘ語,ハーアーレツ
字義,「諸家族,諸家族,離れて」。