内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

ゼカリヤ 10:1‐12

10  「あなた方​は,春​の​雨​+の​時期​に​エホバ​に​雨​を​願い求めよ+。あらし​の​雲​を​作っ​て​いる​エホバ+,大降り​の​雨​を​与え+,ひとりひとり​に​野​の​草木​を​与える​者​に+  テラフィム​+は​怪異​な​*事柄​を​語っ​た​から​で​ある。また,占い​を​する​者​たち​は​偽り事​を​幻​で​見+,無​価値​な​夢​を​彼ら​は​語りつづけ,ただ​いたずら​に​慰め​を​与え​よう​と​する​から​で​ある+。その​ため​に​人々​は​必ず​羊​の​群れ​の​よう​に​離れ​て​行く+。彼ら​は​苦しむ。羊飼い​が​い​ない​から​で​ある+  「牧者​たち​に​対し​て​わたし​の​怒り​は​激しく​燃え​た+。やぎ​の​よう​な​指導​者​たち​に​対し​て​+わたし​は​言い開き​を​求める+。万軍​の​エホバ​は​自分​の​畜群​たる​ユダ​の​家​に​注意​を​向け+,これ​を​戦闘​に​おける​自分​の​威厳​の​馬​+の​よう​に​し​た​から​で​ある。  この​者​から​要人​*+が​出,この​者​から​支柱​と​なる​支配​者​*+が​出,この​者​から​戦闘​の​弓​+が​出る。この​者​から​すべて​の​職長​+が​こぞって​出る​の​で​ある。  そして​彼ら​は​必ず​力​ある​者​+の​よう​に​なり,戦闘​の​中​で​街路​の​泥​を​踏みつける+。こう​し​て​彼ら​は​戦闘​に​携わる​の​で​ある。エホバ​は​彼ら​と​共​に​いる​から​で​ある+。馬​に​乗る​者​たち​は​恥辱​を​味わう​こと​に​なる+  そして​わたし​は​ユダ​の​家​を​勝っ​た​もの​と​し,ヨセフ​の​家​を​救う​で​あろ​う+。また​わたし​は​彼ら​に​住みか​を​与える*。わたし​は​彼ら​に​憐れみ​を​示す​から​で​ある+。彼ら​は,わたし​が​捨て去ら​なかっ​た​者​たち​の​よう​に​なる​の​で​ある+。わたし​は​彼ら​の​神​*エホバ​で​あり,彼ら​に​答える​から​で​ある+  そして,エフライム​の​者​たち​は​力​ある​者​の​よう​に​なり+,その​心​は​ぶどう​酒​に​よる​か​の​よう​に​歓び​に​満たさ​れる+。そして,その​息子​たち​は​見​て​必ず​歓ぶ+。その​心​は​エホバ​に​あっ​て​喜び​に​満たさ​れる​で​あろ​う+  「『わたし​は​彼ら​の​ため​に​口笛​を​吹い​て​+彼ら​を​集め寄せる。わたし​は​必ず​彼ら​を​請け戻し+,彼ら​は​多く​なり,まこと​に​多く​なっ​た​者​たち​の​よう​に​なる+  また,わたし​は​彼ら​を​もろもろ​の​民​の​間​に​種​の​よう​に​散らす+。遠く​の​場所​で​彼ら​は​わたし​を​思い出す​で​あろ​う+。彼ら​は​その​子​ら​と​共​に​生き返っ​て,帰っ​て​来る​の​で​ある+ 10  それ​で​わたし​は​彼ら​を​エジプト​の​地​から​連れ戻さ​ね​ば​なら​ない+。アッシリア​から​わたし​は​彼ら​を​集め寄せる+。ギレアデ​+の​地​と​レバノン​に,わたし​は​彼ら​を​携え​て​来る。彼ら​の​ため​の[十分​な​場所]は​見いださ​れ​ない​で​あろ​う+ 11  また​彼​は​苦難​を​もっ​て​海​を​通る​こと​に​なる+。海​の​中​で​波​を​打ち倒さ​ね​ば​なら​ない+。ナイル​の​すべて​の​深み​*は​干上がる​こと​に​なる+。また,アッシリア​の​誇り​も​くじか​れ​ね​ば​なら​ない+。エジプト​の​笏​+も​離れ去る+ 12  そして​わたし​は​彼ら​を​エホバ​の​ゆえに​勝っ​た​者​と​し+,彼ら​は​その​名​に​よっ​て​歩き回る​で​あろ​う+』と,エホバ​は​お告げ​に​なる」。

脚注

または,「有害​な」。
「要人」。字義,「隅​の​塔」; 重要​な​もしくは​かなめ​と​なる​人,つまり​長​を​表わす​描画​的​表現。
「支柱​と​なる​支配​者」。字義,「掛けくぎ」; 支え​で​ある​人,つまり​支配​者​を​表わす​描画​的​表現。
あるいは,「わたし​は​彼ら​を​戻ら​せる」と​読む​の​か​も​しれ​ない。
「彼ら​の​」。ヘ語,エローヘーヘム。
「深み」。ヘ語,メツーロート; ギ語,バテー; ラ語,プロフンダ。