内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

ゼカリヤ 1:1‐21

1  ダリウス​の​第​二​年+,第​八​の​月​に,エホバ​の​言葉​が​預言​者​イド​+の​子​で​ある​ベレクヤ​*の​子​ゼカリヤ​+に​臨ん​で​こう​言っ​た。  「エホバ​は​あなた方​の​父​たち​に​対し​て​憤っ​た ― 大いに​憤っ​た​の​で​ある+  「それ​で​あなた​は​彼ら​に​言わ​ね​ば​なら​ない,『万軍​の​エホバ​*は​この​よう​に​言わ​れ​た。「『わたし​の​もと​に​帰れ+』と,万軍​の​エホバ​*は​お告げ​に​なる。『そう​すれ​ば​わたし​も​あなた方​の​もと​に​帰ろ​う+』と,万軍​の​エホバ​*は​言わ​れ​た」』。  「『あなた方​の​父​たち​の​よう​に​なっ​て​は​いけ​ない+。以前​の​預言​者​たち​も​彼ら​に​呼びかけ​て​+こう​言っ​た​の​で​ある。「万軍​の​エホバ​*は​この​よう​に​言わ​れ​た。『どうか,あなた方​の​悪い​道​から,あなた方​の​悪い​行ない​から​立ち返る​よう​に+』」』。 「『それでも​彼ら​は​聴か​ず,わたし​に​少し​も​注意​を​払わ​なかっ​た+』と,エホバ​は​お告げ​に​なる。  「『あなた方​の​父​たち​は,彼ら​は​いま​どこ​に​いる​の​か+。また​預言​者​たち​+は,定め​の​ない​時​に​至る​まで​彼ら​は​生き​続け​た​の​か。  しかし​それ​で​も,わたし​の​僕​で​ある​預言​者​たち​に​命じ​た​わたし​の​言葉​と​規定+,それら​は​あなた方​の​父​たち​に​追いつい​た​の​で​は​なかっ​た​か+』。その​ため​に​彼ら​は​立ち返っ​て,こう​言っ​た。『万軍​の​エホバ​は,ご自分​が​わたしたち​に​対し​て​思い定め​た​とおり+,わたしたち​の​道​に​したがい,わたしたち​の​行ない​に​したがって,その​とおり​に​わたしたち​に​対し​て​行なわ​れ​た​の​だ+』」。  ダリウス​の​第​二​年+,第​十一​月​つまり​シェバト​の​月​の​二十四​日,エホバ​の​言葉​が​預言​者​イド​+の​子​で​ある​ベレクヤ​*の​子​ゼカリヤ​+に​臨ん​で​こう​言っ​た。  「わたし​は​夜[に]見​た​が,見よ,赤い​馬​+に​乗っ​た​者​*+が​い​て,深い​所​に​*ある​ぎんばいか​の​木々​+の​間​に​じっ​と​立っ​て​い​た。その​後ろ​に​は,赤​や​鮮やか​な​赤,また​白色​の​馬​が​い​た+」。  それ​で​わたし​は​言っ​た,「我​が​主​よ*,それら​は​だれ​な​の​でしょ​う​か+」。 すると,わたし​と​話し​て​い​た​み使い​*は​こう​言っ​た+。「これら​が​どの​よう​な​者​たち​か,わたし​は​あなた​に​示そ​う」。 10  その​時,ぎんばいか​の​木々​の​間​に​じっ​と​立っ​て​い​た​その​人​が​答え​て​こう​言っ​た。「これら​は,地​を​*歩き回る​よう​に​と​エホバ​が​遣わし​た​者​たち​で​ある+」。 11  その​後,それら​の​者​たち​は,ぎんばいか​の​木々​の​間​に​立っ​て​い​た​エホバ​の​み使い​に​答え​て​こう​言っ​た。「わたしたち​は​地​を​歩き回り​まし​た+。ご覧​ください,全地​は​静か​に​座し,何​の​騒乱​も​あり​ませ​ん+」。 12  すると,エホバ​の​み使い​は​答え​て​言っ​た,「万軍​の​エホバ​よ,いつ​まで​あなた​は,エルサレム​と​ユダ​の​諸​都市​に​憐れみ​を​示さ​れ​ない​の​でしょ​う​か+。この​七十​年​の​間,あなた​は​これ​を​糾弾​さ​れ​た​の​です+」。 13  すると​エホバ​は,わたし​と​話し​て​い​た​み使い​に,良い​言葉,慰め​の​言葉​を​もっ​て​答え​られ​た+ 14  それで,わたし​と​話し​て​い​た​み使い​は​わたし​に​さらに​こう​言っ​た。「呼ばわっ​て​こう​言い​なさい。『万軍​の​エホバ​は​この​よう​に​言わ​れ​た。「わたし​は,エルサレム​の​ため,シオン​の​ため​に,大いなる​しっと​を​もっ​て​しっと​し​た+ 15  安楽​に​し​て​いる​諸​国民​に​対し​て​は​大いなる​憤り​を​もっ​て​憤っ​て​いる+。わたし​は​少し​だけ​憤っ​た​の​だが+,彼ら​は​災い​を​助け​た​から​で​ある+」』。 16  「それゆえ​エホバ​は​この​よう​に​言わ​れ​た。『「わたし​は​必ず​憐れみ​を​抱い​て​エルサレム​に​帰る+。わたし​の​家​も​そこ​に​建て​られる​で​あろ​う+」と,万軍​の​エホバ​は​お告げ​に​なる。「そして​測り綱​が​エルサレム​の​上​に​張り渡さ​れる​で​あろ​う+」』。 17  「さらに​呼ばわっ​て​言い​なさい,『万軍​の​エホバ​は​この​よう​に​言わ​れ​た。「わたし​の​もろもろ​の​都市​は​やがて​良い​もの​で​あふれる​よう​に​なる+。エホバ​は​やがて​必ず​シオン​の​こと​を​悔やみ+,再度​エルサレム​を​選び取る​の​で​ある+」』」。 18  それ​から​わたし​が​目​を​上げ​て​見る​と,見よ,四​本​の​角​が​あっ​た+ 19  それ​で​わたし​は​自分​と​話し​て​い​た​み使い​に​言っ​た,「これら​は​何​でしょ​う​か」。すると​彼​は​言っ​た,「これら​は,ユダ​+を,イスラエル​+と​エルサレム​を​追い散らし​た​角​で​ある+」。 20  さらに​また,エホバ​は​わたし​に​四​人​の​職人​を​示さ​れ​た。 21  そこで​わたし​は​言っ​た,「これら​の​人々​は​何​を​し​に​来る​の​でしょ​う​か」。 すると​さらに​こう​言わ​れ​た。「これら​は​ユダ​を​追い散らし​て​だれひとり​頭​を​上げる​者​も​い​ない​ほど​に​し​た​角​+で​ある​が,それら​もう​一方​の​者​たち​は,それら[の​角]を​おののか​せる​ため,すなわち​ユダ​*の​地​に​向かっ​て​角​を​もたげ​て​これ​を​追い散らそ​う​と​する​諸​国民​の​角​を​投げうつ​ため​に​来る​の​で​ある+」。

脚注

「ベレクヤ」。ヘ語,ベレクヤー。代​一 3:20; 代​一 9:16; ネヘ 3:4,30; ネヘ 6:18の​場合​と​同じ。
「万軍​の​エホバ」。ヘ語,エフワー ツェヴァーオート。この​表現​は​ゼカリヤ​書​に​53​回​出​て​来る。
付録1ハ§​2​参照。
付録1ハ§​2​参照。
付録1ハ§​2​参照。
「ベレクヤ」。ヘ語,ベレクヤーフー。代​一 6:39; 代​一 15:17; 代​二 28:12の​場合​と​同じ。
「者」。ヘ語,イーシュ。
または,「底知れ​ぬ​深み​に」。ヘ語,バンメツラー; ラ語,イン プロフンドー; タル,「バベル(バビロン)」。
「我​が​主​よ」。ヘ語,アドーニー; ギ語,キュリエ; ラ語,ドミネ
または,「使者」。ヘ語,ハンマルアーク; ギ語,ホ アンゲロス; ラ語,アンゲルス
地​を」。ヘ語,バーアーレツ
「ユダ」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「エホバ」。