内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第二 8:1‐18

8  そして,その後,ダビデフィリスティア討ち倒し+,これ屈服ある+。こうダビデフィリスティアからメテグアマ取った。  そして[ダビデ]はまたモアブ+討ち倒し,これ横たわら*測った。それは,縄測っこれ殺し,一いっぱいに[測って]これ生かしおくためあっ+。こうモアブ貢ぎ物*携える+ダビデなっ+  そしてダビデさらに,ツォバ+レホブハダドエゼル*+ユーフラテス*+ほとり再びその支配取り戻そとき,彼討ち倒した。  そして,ダビデから騎手千七百徒歩+二万捕らえることなった。次いダビデすべて兵車+ひざ腱切っ+,そのうち兵車*残しおいた。  ダマスカス+シリア*ツォバハダドエゼル助けとき,ダビデそのシリア二万二千討ち倒し+  さらに,ダビデダマスカスシリア守備+置いた。シリア貢ぎ物携えるダビデなっ+。そしてエホバは,ダビデどこ行っも,引き続き救わ+  その上,ダビデハダドエゼルたち付い円盾+取り,それエルサレム持った。  そして,ハダドエゼル都市,ベタハ*ベロタイから,ダビデ非常おびただしい奪い取っ+  さて,ハマト+トイ*は,ダビデハダドエゼルすべて軍勢討ち倒しこと聞い+ 10  それで,トイそのヨラムダビデもとよこして,その安否尋ねさせ+,[ダビデ]がハダドエゼル戦っこれ討ち倒しこと祝い述べさせ*(ハダドエゼルトイ戦い慣れからある)。その品,金品,銅あっ+ 11  それらまた,ダビデ屈服国民すべてから取っ神聖もの一緒に,エホバ神聖ものささげ*+ 12  すなわち,シリア,モアブ+,アンモンら,フィリスティア+,アマレク+からもの,ツォバレホブハダドエゼル分捕りからものあっ+ 13  次いダビデは“塩+”でエドム*討ち倒し帰っとき,名揚げた ― 一万八千[人+]であった。 14  そしてエドム守備置い+。エドム全土守備置き,エドムみなダビデなっ+。エホバは,ダビデどこ行っも,いつも救わ+ 15  こうて,ダビデイスラエル治め続け+。ダビデ引き続きそのすべてため司法裁き+行なっ+ 16  そして,ツェルヤヨアブ+つかさどるあった。アヒルドエホシャファト+記録*あった。 17  そして,アヒトブザドク+アビヤタルアヒメレク*+祭司あり,セラヤ書記あった。 18  それに,エホヤダベナヤ*+ケレト+ペレト+[をつかさどるあっ*]。ダビデは,祭司*なっ+

脚注

「横たわらて」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。
または,「贈り物」。
「ハダドエゼル」,アレポ写,カイ写,レニングラードB19A,その他多くヘブライ写本,および一 18:10; 七十訳,シリ訳,ウル訳,および55ヘブライ写本,「ハダルエゼル」。
「ユーフラテス」。マソ本ただ母音符号しかないが,マソ本欄外,七十訳,シリ訳,ウル訳,および45ヘブライ写本その名称いる。それケレー(読み方)であって,ケティーブ(書かもの)でない。裁 20:13脚注比較。
「兵車組」かしれない。
「シリア」,七十訳,ウル訳; マソ本,「アラム」; シリ訳,「エドム」。
「ベタハ」,マソ本,ウル訳; シリ訳,「テバハ」; 一 18:8では「ティブハト」。創 22:24の「テバハ」と比較。
「トイ」,マソ本; 七十訳,ウル訳,一 18:9,10,「トウ」。
または,「討ち倒しこと祝福た」。
または,「エホバ対し神聖もの宣した」。
「エドム人」,七十訳,シリ訳,六つヘブライ写本,および一 18:12; マソ本,ウル訳,「シリア(アラム); シリア人」。
字義,「思い出させる者」。
「とアビヤタルアヒメレク」,マソ本,七十訳,ウル訳; シリ訳,「とアヒメレクアビヤタル」。
「それに……ベナヤ」。ヘ語,ウーヴェナーヤーフー
「をつかさどるあった」,タル,シリ訳,ウル訳,および一 18:17; マソ本,七十訳,「(ベナヤ)および(ケレトペレト人)」,もしくは,「(ペレト人)とた」。
「祭司」,マソ本,ウル訳; 七十訳,「法廷長」; シリ訳,「長」; 一 18:17,「王傍ら地位者」。