内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第二 24:1‐25

24  ときに,再び+エホバ怒りイスラエル向かっ燃えた。ある*ダビデ駆り立て彼ら向かわ*,「さあ,イスラエルユダ数えなさい+」と言っときことある。  それで,王軍勢*ヨアブ+*言った,「どうか,ダンからベエルシェバ+まで,イスラエル部族行き巡って,あなた方登録もらいたい+。そうすれば,わたし確か知ることなろ+」。  しかしヨアブ言った,「あなたエホバが,このを,王なるいるうちに,今より増しくださいますように。ところで,王なるは,なぜこのよう喜ばでしょ+」。  ついに言葉ヨアブ軍勢たち説き伏せ+。それで,ヨアブ軍勢たちイスラエル登録+から行った。  それから,彼らヨルダン渡って,奔流真ん中ある都市右側アロエル+野営するようなり*,ガド+向かって,ヤゼル+に[進んだ]。  その後,彼らギレアデ+タフティムホドシ*行き,さらにダンヤアン行き,シドン+回った。  次に,ティルス+要塞ヒビ+カナンすべて都市行き,ベエルシェバ+あるユダネゲブ+境目まで行った。  こう彼ら全土くまなく行き巡り,九か月二十終わりエルサレムた。  さて,ヨアブ登録+伝えた。イスラエル抜く勇敢八十万なり,ユダたち五十万あっ+ 10  ところで,ダビデこのよう数え後,その打ちはじめ+。そこでダビデエホバ言った,「私自分ことで,大いにおかしまし+。それ今,エホバよ,どうか,このとが見逃しください+。私本当愚かこと致しまし+」。 11  ダビデ起きところ,エホバ言葉ダビデ見る+,預言ガド+臨ん言った, 12  「行っ*,あなたダビデ言いなさい,『エホバこのよう言わた。「三つわたしあなた負わせる+。そのうち一つ自分ため選べ。わたしそれあなたするためある+」』」。 13  そこでガドダビデもとて,彼告げ言っ+,「あなた土地*飢きんあなた臨むよい+,あなた敵対からか月逃げ+,彼らあなた追跡するが[よいか],あるいはあなた土地疫病*起きるが[よい+]。今,わたし遣わし返答するよく考え,わきまえなさい」。 14  それダビデガド言った,「それわたし非常苦しいことです。どうか,エホバみ手陥らください+。その憐れみ多いからです+。しかし,人*わたし陥らないください+」。* 15  すると,エホバそのから,定められまでイスラエル疫病下さ+,ダンからベエルシェバ+至るまでうち七万死ん+ 16  そして,み使い+そのエルサレム向け突き出して,これ滅び陥れようが,エホバその災いこと悔やみはじめられ+。それで,民滅びもたらしいるみ使いこう言わた。「それ十分だ! さあ,あなた下ろせ」。ときに,エホバみ使いは,エブス+アラウナ+脱穀すぐそばた。 17  次いダビデは,民討ち倒しいるみ使いとき,エホバ言った。すなわち,こう言った。「ご覧ください,私おかしです。私不当ことです。ですが,これら+は ― 何でしょう。どうか,あなたみ手+臨まください」。 18  後に,ガドその日,ダビデところ言った,「上っ行って,エホバためエブス+アラウナ脱穀祭壇立てなさい」。 19  そこでダビデガド言葉通りに,エホバ命じられことしたがって,上っ行くこと+ 20  アラウナ見下ろして,王そのたち自分ほう進ん来る見ると,アラウナすぐ行って,地伏せ+かがめ+ 21  それから,アラウナ言った,「どうして,王なるこのところおいでならですか」。そこでダビデ言った,「あなたから脱穀買っ+,エホバため祭壇築くためです。神罰+から食い止められるようなるためです」。 22  しかし,アラウナダビデ言った,「王なるこれお取りなり+,ご自分良いものおささげください。焼燔捧げ物ためや,薪ため脱穀そり用具ご覧ください+ 23  ああ,王よ,すべてものアラウナ*確か差し上げます」。そしてアラウナさらに言った,「あなたエホバあなた喜びいること示さますよう+」。 24  しかし,王アラウナ言った,「いや,わたし必ず代価払って,それあなたから買うことます+。費用かけに,わたしエホバ焼燔犠牲ささげることませ+」。こうダビデ脱穀五十シェケル*買っ+ 25  それから,ダビデそこエホバため祭壇+築き,焼燔犠牲共与犠牲ささげた。エホバこのため願い聞き入れるようなら+,神罰イスラエルから食い止められた。

脚注

または,「彼」。一 21:1参照。
「あるダビデ駆り立て彼ら向かわせ」。または,「ダビデ駆り立てられ彼ら向かい」。
「の長」。ヘ語,サル; 七十訳,「支配者」; ウル訳,「君」。
「王ヨアブと,彼軍勢たちに」,七十訳4節;一 21:2参照。
「都市右側アロエル野営するようなり」,マソ本; 七十訳,「(渡って,)アロエルで,また……都市始め」; ウル訳,「都市右側アロエルて」。
「タフティムホドシ地」,マソ本; 七十訳,「カデシュ向かうヒッタイト地」。
字義,「行くことなっいる」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。
「七」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳および一 21:12,「三」。
または,「(腺)ペスト」。ラ語,ペスティレンティア; 七十訳,「死(致命災厄)」。
「人」。ヘ語,アーダーム。
七十訳こう付け加えいる。「それダビデ致命災厄ほう選んだ。(15)そして,それ小麦収穫時期ことあった」。
または,「ああ,すべてものアラウナて」。
価格算定付録8イ参照。