内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第二 23:1‐39

23  そして,これらダビデ最後言葉ある+「エッサイダビデ告げことば+高く上げられ強健*告げことば+ヤコブ油そそが+[のことば],イスラエル調べ*快いもの*+   わたしよっ語っエホバ+その言葉*わたしあっ+   イスラエル言わた,わたしイスラエル語ら+『人間支配するかな+恐れ支配するとき+   それ太陽輝き出るよう+一つないの。光輝から,雨から,地からが[生え]出いる+』。   わたしそのよう*あるない+それは,定めなく存続する契約*+わたしあてがわからだ。あらゆるよく整えられ,保証いる+それすべてわたし救い+,すべてわたし喜びからある。それゆえに,それ成長くださるない+   しかし,どうようないたち+いばら茂みよう+,それみな追い払われる+それら取られるよっないからだ。   人それら触れるは,十分武装いるあろう。彼ら*すっかり焼き尽くさしまう+」。  これらダビデ属しあるたち+ある。すなわち,か*頭,タフケモニヨシェブバシェベト+。彼八百振り回し一度*これ打ち殺すあった。  彼に,アホヒドド+エレアザル+は,ダビデあるたちフィリスティア嘲弄とき,そのた。彼ら*戦いためそこ集まった。それで,イスラエル人々退却+ 10  彼立ち上がり,自分疲れ果てて,そのくっつくまでフィリスティア討ち倒しある+。それエホバその日,大いなる救い施さ+。民は,[討ち倒さたちから]はぎ取るためつい帰っようものあっ+ 11  そして,彼は,ハラル+アゲシャマあった。次いフィリスティアレヒ集まっが,そこひら豆+いっぱいなっ一続きあった。民は,フィリスティアため逃げた。 12  しかし,彼その一続きの[畑の]真ん中踏みとどまって,これ救い出し,フィリスティア討ち倒しで,エホバ大いなる救い施さ+ 13  次い三十+うち下って,収穫ころ*,アドラム+洞くついるダビデところた。フィリスティア天幕レファイム*+低地平原設営た。 14  ときに,ダビデそのころ,近寄りにくい+。フィリスティア前哨部隊+そのころ,ベツレヘムた。 15  しばらくて,ダビデ自分渇望表わし言った,「ああ,門傍らあるベツレヘム水溜め一杯飲めたらよいだが+」。 16  そこで,三あるたちは,フィリスティア陣営無理突入て,門傍らあるベツレヘム水溜めからくみ,それ運んで,ダビデところ持っ+。彼それ飲もず,それエホバ注ぎ出し+ 17  次い言った,「エホバよ,このようことするなど,わたし考えられないことです+! 自分かけ行っ人々+を[わたし飲めるでしょか]*」。それそれ飲もなかった。 これらそのあるたち行なっことある。 18  ツェルヤ+ヨアブ兄弟アビシャイ+は,その三十*あった。彼三百振り回しこれ打ち殺した。彼あのよう名声+ 19  彼三十*残りたちより際立っおり,そのなっが,あの[最初の]三順位及ばなかっ+ 20  ある勇敢エホヤダ+で,カブツェエル+多く手柄立てベナヤ*+は,モアブアリエル討ち倒した。彼また,ある降る+,降り行って,とあるあるライオン*+討ち倒した。 21  また,異常大きさ+*エジプト討ち倒しあった。そのエジプトあっが,それでも携えそのところ下っ行き,エジプトからもぎ取って,その殺し+ 22  これらことエホヤダベナヤ+行なった。彼かのあるたち+よう名声た。 23  彼あの三十より際立っが,か順位及ばなかった。だが,ダビデ自分護衛+任じた。 24  ヨアブ兄弟アサエル+かの三十た。すなわち,ベツレヘムドドエルハナン+ 25  ハロドシャマ+,ハロドエリカ, 26  パルティヘレツ+,テコアイケシュ+イラ+ 27  アナトテ+アビエゼル+,フシャ+メブナイ, 28  アホアハ+ツァルモン,ネトファマハライ+ 29  ネトファバアナヘレブ+,ベニヤミンギベアリバイイッタイ+ 30  ピルアトンベナヤ+,ガアシュ+奔流ヒダイ, 31  アルバトアビアルボン,バルフムアズマベト+ 32  シャアルボンエルヤフバ,ヤシェンら,ヨナタン+ 33  ハラルシャマ,ハラルシャラルアヒアム+ 34  マアカトアハスバイエリフェレト,ギロアヒトフェル+エリアム, 35  カルメルヘツロ+,アラブパアライ, 36  ツォバナタン+イグアル,ガドバニ, 37  アンモンツェレク+,ベエロトナハライ,ツェルヤヨアブ武具持ち, 38  イトル+イラ,イトルガレブ+ 39  ヒッタイトウリヤ+ ― 全部三十七ある。

脚注

強健」。ヘ語,ハッゲヴェル
「の調べ」。ヘ語,ゼミロート,すなわち,伴奏付き歌。
または,「イスラエル快い歌うたい」。
「その言葉」。ヘ語,ウーミッラートー(ミッラー変化形),詩 19:4; 詩 139:4; 箴 23:9,またヨブ34来るように,ただのみ用いられる語。
「神」。ヘ語,エール; ラ語,デウム; 七十訳,「強い方」。
または,「定めない契約」。
マソ本は,「住みかで」を付け加えいるが,この表現ヘブライバッシェヴェトいう同様表現あるため,不注意から挿入もの思われる。
「三人」,七十訳
「彼は……槍振り回し一度に」,一 11:11一致マソ本訂正することよる; マソ本,「彼エズアディノで,一度に……」。
『ダビデパスダミムあるたちた。フィリスティアは』,一 11:13
「収穫ころ」,マソ本; 七十訳,および一 11:15,「岩ところへ」。
「レファイム」。ヘ語,レファーイーム; ギ語,ラファイム; シリ訳,ウル訳,「巨人」(複)。
「わたし飲めるでしょか」,七十訳; マソ本頓絶法(急やめること)が用いられ,この言葉抜けいる。
「三十人」,シリ訳および二つヘブライ写本; マソ本,七十訳,ウル訳,「三人」。
「三十人」,18一致て; マソ本,七十訳,ウル訳,「三人」。
字義,「ベナヤフ」。
ライオン」,ヘ語,ハーアリー。アフリカライオン。
「異常大きさの」,一 11:23一致て; マソ本,七十訳,「姿の」。