内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第二 22:1‐51

22  こうダビデは,エホバそのすべてたなごころ+と,サウルたなごころ+から救い出さに,この言葉+エホバ述べた。  そうこう言った。 「エホバわたし大岩+,わたしとりで+,わたし逃れさせくださる+   わたしわたし+。わたしそのもと避難ます。わたし+,わたし救い+,わたし堅固高台+また,わたし逃げ場+,わたし救い主+。暴虐からあなたわたし救わます+   わたし賛美れるべき+エホバ呼び求め,そしてから救われる+   死砕け波わたし取り巻いから+絶えわたしおびえさせた,どうようない[者たち]の鉄砲あっ+   シェオル*わたし取り囲み+わなわたし立ち向かっ+   わたし苦難あっエホバ呼び求め+わたし呼びかけつづけ+すると,その神殿からわたし聞か+助け求めるわたし叫びその届い+   そして揺れ動き,激動はじめ+動揺+[]がお怒りなっために,それ揺れ動くあっ+   煙そのから立ち上り,そのから出るむさぼり食っ+炭火そのもとから燃え上がっ+ 10  次いで,[]は押し曲げて,降りられ+濃い暗闇そのあっ+ 11  そして,[]はケルブ乗り+,飛んられた。[]は*見え*+ 12  それから,闇仮小屋ご自分周り置か+暗い*水,濃い+を。 13  そのみ前輝きからは,燃える炭火燃え上がっ+ 14  天から,エホバ雷鳴とどろかはじめ+至高ご自身その発しはじめられ+ 15  また,彼ら散らすために,矢放ちつづけられ+彼ら混乱陥れるために,稲妻+ 16  すると,海見えるようなり+産出*+あらわされた。エホバ叱責で,その*突風よっ+ 17  []は高いから送り出して,わたし捕らえ+大水からわたし引き出しゆか+ 18  []はわたし強いから,わたし憎むたちから,わたし救い出されるあっ+。彼らわたしより強かっから+ 19  彼らわたし災難終始わたし立ち向かっ+しかしエホバわたし支えなら+ 20  次いで,[]はわたし広々連れ出し+わたし助け出しくださるあった。わたしこと喜ばから+ 21  エホバわたししたがってわたし報い+わたし清さしたがってわたし報いくださる+ 22  わたしエホバ守り+よこしまなっわたしから離れることなかっから+ 23  そのすべて司法定め+わたしあり,その法令ついは,わたしそれ*からそれることないから+ 24  そして,わたしは[]に対しとがない+あること実証よう。わたし自分とがから守る+ 25  それで,エホバわたししたがい+そのおけるわたし清さしたがってわたし報いくださるよう+ 26  忠節は,あなた忠節もっ行動+とがない,力あるは,とがない仕方対処ます+ 27  [自らを]清く保つは,あなたご自身清い示し+曲がっは,愚か者よう行動ます+ 28  そして謙遜を,あなた救わます+あなたごう慢たち向かいます。[彼らを]低くする[ため]です*+ 29  エホバよ,あなたわたしともしび+で,わたし輝かくださるエホバからです+ 30  あなたよって,わたし略奪向かっ走ることでき+わたしよって,城壁よじ登ることできるからです+ 31  [まことの]ついは,その完全あり+エホバことば精錬ものある+ご自分もと避難するすべてとって,[]はある+ 32  エホバほかだれ*+わたしたち*ほかだれ+ 33  [まことの]わたし強力要塞*+[]はわたし全きもの+ 34  わたし雌鹿よう*+わたしとっ高いわたし立たくださる+ 35  []は戦いためわたし教えおら+わたし押し曲げ+ 36  そして,あなたその救いわたし下さいます+あなた謙遜わたし大いなるます+ 37  あなたわたしに,わたし歩みため十分大きな場所空けくださいます+それで,わたし足首確かよろけることありませ+ 38  わたし追跡する。彼ら滅ぼし尽くすためだ。わたし彼ら滅ぼし絶やされるまで帰らない+ 39  そして,わたし彼ら絶ち滅ぼし,彼ら打ち砕い+て,立ち上がれないようする+彼らわたし足下倒れる+ 40  そして,あなた戦いためわたし活力帯びさせ+わたし向かっ立ち上がるたちわたしくずおれさせます+ 41  そして,わたしついは,あなた必ずそのうなじわたし渡さます+わたし激しく憎むたち ― わたしまた,彼ら沈黙せる+ 42  彼ら助け叫び求めるが,救うない+エホバ向かって[叫ぶが],実際,彼らお答えならない+ 43  そして,わたし彼らよう細かく突き砕き,ちまたよう彼ら粉砕する+わたし彼ら踏みつぶす。 44  それに,あなたわたしとがめだてからわたし逃れさせくださいます+わたし国民なれるよう保護くださいます+わたし知らなかっ民 ― 彼らわたし仕えます+ 45  異国たちへつらいながらわたしもと来る+もろもろ従順わたし[の言うこと]を聞く+ 46  異国たち*衰えゆき,その堡塁から震えながら来る+ 47  エホバ生きおられる+。わたしほめたたえられるよう+わたし救い高められるよう+ 48  [まことの]わたしため復しゅう行なわれる+もろもろわたし下らせる+ 49  また,わたしからわたし連れ出されるある+そして,あなたは,わたし向かっ立ち上がるたちわたし引き上げ+暴虐行為するからわたし救い出しくださいます+ 50  それゆえに,エホバよ,わたし国民あなた感謝ます+あなたみ名調べ奏でるです+ 51  ご自分ため救い大いなる働き行ない+ある親切*その油そそが*+ダビデその*定めないまで表わす+」。

脚注

シェオル」。ヘ語,シェオール; シ語,ダシウール; ウル訳(ラ語),インフェルニー; ギ語,タナトゥー,「死」。付録4ロ参照。
または,「風翼」。
よう読むしれない,「[神]は乗っ突進られた」,ヘブライ字母一つ訂正することより,また詩 18:10および多くヘブライ写本同様に。
「暗い」,修正よる; KB3よれば,『ふるい掛けた』。
「産出地」。ヘ語,テーヴェール; ギ語,オイクーメネース,「人住む地」,マタ 24:14同じ言葉; ラ語,オルビス,「[地の]円」。
「の息」。ヘ語,ルーアハ; ギ語,プネウマトス。
「それ」,女性形。
字義,「あなたあなたごう慢たち対し下げます」。
「だれか」,マソ本(ヘ語,ミーエール),ウル訳; 七十訳,「だれ強いか」。
「わたしたち」。ヘ語,エローヘーヌー; ギ語,テウー; ラ語,デウム
この本文詩 18:32一致訂正すれば,「[まことの]神わたし活力固く帯びさせおられる」と読める。
または,「雌鹿よう置いて」。
字義,「異(国)のら」。
「愛ある親切」。または,「忠節愛」。
「その油そそがに」。ヘ語,リムシーホー; ギ語,クリストーイ; シ語,ラムシーヘ; ラ語,クリストー
または,「子孫; 後裔」。