アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

サムエル第二 21:1-22

21  さて,ダビデの時代に三年間,毎年毎年,飢きん+があった。そこでダビデはエホバの顔に助言を求めた。するとエホバは言われた,「サウルの上と,その家の上に血の罪*がある。彼がギベオン人を殺したからである+」。  それで王はギベオン人+を呼び寄せて,彼らに話した。(ところで,ギベオン人はイスラエルの子らの出ではなく,アモリ人+の残っている者の出であった。イスラエルの子らは彼らに誓っていたのであるが+,サウルはイスラエルとユダの子らに対してねたみを感じるあまり+,彼らを討ち倒そうとした+。)  そしてダビデはさらにギベオン人に言った,「わたしはあなた方に何をしようか。何をもって償い*をすれば+,あなた方は必ずエホバの相続物+を祝福してくれるのか」。  それでギベオン人は彼に言った,「サウルとその家の者に関しては,それはわたしたちに*とって銀や金の問題ではありませんし+,またそれはわたしたちがイスラエルの中で人を殺すことでもありません」。そこで彼は言った,「あなた方の言うことは何でも,あなた方のために行なおう」。  ここにおいて彼らは王に言った,「わたしたちを絶滅させた者+,イスラエルのどの領地でも生存してゆけないようにわたしたちを滅ぼし尽くそうとたくらんだ者+  その者の子らの七人がわたしたちに渡されるようにして頂きましょう+。わたしたちはエホバの選ばれた者*+であるサウルのギベア+で,エホバのために彼らをさらし者にし*なければなりません+」。それゆえ王は,「わたしは,彼らを渡そう」と言った。  しかし,王は,自分たちの間,ダビデとサウルの子ヨナタンとの間にあったエホバの誓いのゆえに+,サウルの子ヨナタンの子メピボセテ+に同情を覚えた。  そのため王は,アヤの娘リツパ+の二人の息子,彼女がサウルに産んだ子,アルモニとメピボセテ,それにサウルの娘ミカル*+の五人の息子,彼女がメホラ人バルジライの子アドリエル+に産んだ子らを取った。  それから,彼らをギベオン人の手に渡したので,彼らはそれらの者を山の上でエホバの前にさらし者にした+。それで,これら七人は一緒に倒れた。彼らは,収穫の初めの日のころ,大麦の収穫の始め+に処刑された。 10  ところで,アヤ+の娘リツパは粗布を取り+,収穫の始まりから水が天から彼らの上に注ぎ下るまで+,それを自分のために岩の上に広げた。彼女は昼は天の鳥+が,また夜は野の野獣+が彼らの上にとどまるのを許さなかった。 11  ついに,サウルのそばめ,アヤの娘リツパのしたことがダビデに伝えられた+ 12  それでダビデは行って,ヤベシュ・ギレアデ+の土地所有者たちのところからサウルの骨+とその子ヨナタンの骨を取った。これらの人々は,フィリスティア人がギルボア+でサウルを討ち倒した日に,フィリスティア人がそれらふたりをつるした+,ベト・シャン+の公共の広場からそれを盗んでいたのである。 13  次いで,彼はサウルの骨とその子ヨナタンの骨をそこから携え上った。その上,彼らはさらし者にされていた者たちの骨を集めた+ 14  それから,彼らはサウルとその子ヨナタン*の骨を,ベニヤミンの地のツェラ+にある,その父キシュ+の埋葬所に葬った。王が命じておいたことをみな行なうためであった。こうして,この後,はこの地のために願いを聞き入れられた+ 15  ときに,フィリスティア人+は再びイスラエルと戦いをすることになった。それゆえ,ダビデと,共にいたその僕たちは下って行き,フィリスティア人と戦ったが,ダビデはしだいに疲れた。 16  すると,レファイム*+から生まれた者たちのひとりで,その槍+の重さは銅で三百シェケル*あり,新しい剣*を帯びていたイシュビ・ベノブは,ダビデを討ち倒そうと考えた。 17  直ちに,ツェルヤの子アビシャイ+は[ダビデ]を助けに来て+,このフィリスティア人を討ち倒し,これを殺した。そのとき,ダビデの部下は彼に誓って言った,「あなたはもうこれから,私たちと共に戦いに出ないでください+。あなたがイスラエルのともしび+を絶やさないため+です!」 18  そして,その後,ゴブ*でまたもやフィリスティア人との戦いが起きたのである。そのとき,フシャ人+シベカイ+が,レファイム+から生まれた者たちのひとりであったサフを討ち倒したのであった。 19  それから,ゴブでもう一度フィリスティア人との戦いが起き,ベツレヘム人ヤアレ・オレギムの子エルハナン+はギト人ゴリアテ*を討ち倒した*。その槍の柄は機織り工の巻き棒のようであった+ 20  また,ガト+でもう一度戦いが起きたが,そのとき,そこには,手に各々六本の指,足に各々六本の指,合計二十四本ある,異常な大きさの男がいた。彼もまた,レファイム+に生まれた者であった。 21  そして,彼はイスラエルを嘲弄していた+。ついに,ダビデの兄弟シムイ*+の子ヨナタン+が彼を討ち倒した。 22  これら四人はガト+のレファイムに生まれた者であった。彼らはダビデの手と,その僕たちの手に倒れるに至った+

脚注

「血の罪」。字義,「」(複)。ヘ語,ハッダーミーム
または,「補償」。
字義,「わたしに」,マソ本,集合的な意味で; マソ本欄外,「わたしたちに」。
「選ばれた者」,マソ本; 七十訳,「選ばれた者たち」; ウル訳,「かつて選ばれた者」。「山で」と読むべきなのかもしれない。21章9節と比較。
「さらし者にし」,マソ本,すなわち,腕や脚を折って; 七十訳,「日なたで[木に]掛け」; シリ訳,「犠牲にし」。
「メラブ」,七十訳および二つのヘブライ語写本; シリ訳,「ナダブ」。タルグムはこの部分を次のように読んでいる,「メラブが産んで,(サウルの娘ミカルが育てた)彼女の五人の息子」。6:23と比較。
七十訳は,「と日なたで[木に]掛けられた者たち」を付け加えている。
字義,「ラファ」。ヘ語,ハーラーファー。ここに出ている父の名は巨人の種族全体を表わすものと解釈される。
約3.42㌔。
「新しい剣」,ウル訳; ギ語,コリュネーン,「こん棒」,しばしば戦闘用に先端に鉄の金具を付けたもの。
代一 20:4では「ゲゼル」。
または,「ガトのゴリアテ」。
「ベツレヘム人ヤアレ・オレギムの子エルハナンはギト人ゴリアテを討ち倒した」,マソ本; 代一 20:5では「ヤイルの子エルハナンはギト人ゴリアテの兄弟ラフミを討ち倒した」。
代一 20:7では「シムア」; サム一 16:9では「シャマ」。