内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第二 20:1‐26

20  さて,たまたまそこに,どうようない*+で,名シェバ+いうた。ベニヤミンビクリあった。彼角笛吹き鳴らし+こう言いだした。「我々ダビデ分け前持っおらず,エッサイ相続持っない+。イスラエルよ,各自自分神々もとに[帰れ*+]!」  そこで,すべてイスラエル人々ダビデ従うやめて,ビクリシェバ従っ上っ行っ+。しかし,ユダ人々は,ヨルダンからエルサレムまで自分たち付き従っ+  やがて,ダビデエルサレム自分+。それから,王世話させるため残しおいそばめたち,十+取り,監禁入れが,彼女たち食物供給続けた。けれども,彼女たち関係持たなかっ+。彼女たち生きた[夫]のいるやもめ状態*,自分たち死ぬまで,しっかり閉じ込められた。  さて,王アマサ言っ+,「ユダ人々うちわたしため呼び集め,あなたここ立ちなさい」。  それで,アマサユダ呼び集めるため行った。しかしは,[王]がため指定おい定められより遅れた。  それで,ダビデアビシャイ+言った,「今や,ビクリシェバ+我々とっアブサロム+よりひどくなるだろう。あなたは,あなたたち+連れ行き,彼追いなさい。彼実際,自分ために,防備施さ都市見つけて,我々から逃れる*ことならないためだ」。  こうて,ヨアブ+部下ケレト+ペレト+と,すべてあるたちは,彼続い行った。彼らエルサレムて,ビクリシェバ追っ行った。  彼らギベオン+ある大きなすぐそばいると,アマサ+彼ら会いた。さて,ヨアブまとって,帯締めた。そのは,剣さや入れて,その帯びた。そして,彼来ると,それ*抜け落ちた。  次いヨアブアマサに,「わたし兄弟+,あなた元気か」と言った。それから,彼口づけよう+,ヨアブ右手アマサひげ捕まえた。 10  アマサは,ヨアブあっ用心なかった。そこで,[ヨアブ]はそれ腹部突き刺し+で,その流れ出,もう一度そうする必要なかった。こう死んだ。それから,ヨアブその兄弟アビシャイは,ビクリシェバ追った。 11  ときに,ヨアブ若者たちそば立って,「ヨアブこと喜んいるだれも,ダビデ属するだれ+,ヨアブ従え!」と言い続けた。 12  そのずっと,アマサ街道真ん中転がっ+。そのは,民みな立ち止まるて,アマサ街道から移した。最後に,彼投げた。そのもと上っ来るみな立ち止まるからある+ 13  その[男]が街道から取り除くすぐ,人みなヨアブ従っ通っ行き,ビクリシェバ+追った。 14  そして,[シェバ]はイスラエル部族通っベトマアカアベル+行った。すべてビクリ*も,集合て,やはり続い入った。 15  そこで彼らて,ベトマアカアベル包囲し,その都市対し攻囲塁壁盛り上げ+。それ塁壁内側立っからある。そして,ヨアブ皆,城壁倒壊ようその掘った。 16  ときに,ひとり賢い+その都市からこう呼ばわりだした。「お聴きください,皆さん,お聴きください。どうか,ヨアブこう言っください。『ここまで近づいください。私あなたお話しください』」。 17  それ彼女ところ近づくと,その言った,「あなたヨアブですか」。するとは,「そうだ」と言った。そこで彼女言った,「この奴隷言葉お聴きください+」。すると言った,「わたし聴いいる」。 18  それ彼女さらに言った,「昔,人々例外なく,『とにかくアベル伺わよう。そうすれば,確か終わらせることなる』と言うでした。 19  私平和好む+忠実+イスラエルたち代表おります。あなたイスラエルおけるなる都市+ひとつ死なようおらます。あなたどうしてエホバ相続+呑み込む+ようことでしょか」。 20  これ対しヨアブ答え言った,「わたし呑み込んだり,滅び陥れたりするなど,わたし全く考えられないことだ。 21  問題そのようない。ただ,エフライム+山地出身の,ビクリシェバ+いうダビデ対し上げ+。あなた方そのだけ引き渡しなさい+。そうすれば,わたしこの都市から引き揚げよう+」。すると,女ヨアブ言った,「ご覧ください,その+城壁越しあなたところ投げられるでしょう!」 22  すぐに,このその知恵+用いすべてところ行った。それ彼らビクリシェバ切り落とし,それヨアブところ投げた。そこで,彼すぐ角笛吹き鳴らし+で,人々その都市から散っ行き,各々自分*に[帰った]。ヨアブエルサレムもと帰った。 23  さて,ヨアブイスラエル全軍つかさどる+あった。エホヤダ+ベナヤ+ケレト+ペレト+つかさどるあった。 24  そしてアドラム+強制労働徴用たちつかさどるあった。アヒルドエホシャファト+記録*あった。 25  それに,シェワ+書記+あった。ザドク+アビヤタル+祭司あった。 26  そして,ヤイルイラまたダビデ祭司*+なった。

脚注

または,「ならず者」。字義,「ベリアル(無価値)の男」。
「自分神々もとに[帰れ]」。字義,「自分天幕に」。ヘ語,レオーハーラーウ。ソフェリムよる18修正箇所一つで,元ヘブライ本文レーローハーウ(leʼ·lo·hav',「神々」もしくは「神」を意味するエローヒーム変化形)と読まされいる。付録2ロ参照。
「生きた[夫]のいるやもめ状態で」。字義,「生きいる状態やもめ状態[で]」,マソ本; 七十訳,「生きやもめで」; ウル訳,「やもめ状態生きて」。
字義,「我々奪い去る」。
「それ」,すなわち,剣。
字義,「ベリ人」。
字義,「天幕」(複)。
または,「思い出させる者」。
8:18,「祭司」の脚注参照。