アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

サムエル第二 20:1-26

20  さて,たまたまそこに,どうしようもない男*+で,名をシェバ+という者がいた。ベニヤミン人ビクリの子であった。彼は角笛を吹き鳴らして+こう言いだした。「我々はダビデに分け前を持ってはおらず,エッサイの子に相続分を持ってはいない+。イスラエルよ,各自自分の神々のもとに[帰れ*+]!」  そこで,すべてのイスラエルの人々はダビデに従うのをやめて,ビクリの子シェバに従って上って行った+。しかし,ユダの人々は,ヨルダンからエルサレムまで自分たちの王に付き従った+  やがて,ダビデはエルサレムの自分の家に来た+。それから,王は家の世話をさせるために後に残しておいたそばめたち,十人の女+を取り,監禁用の家に入れたが,彼女たちに食物を供給し続けた。けれども,彼女たちとは何の関係も持たなかった+。彼女たちは生きた[夫]のいるやもめの状態で*,自分たちの死ぬ日まで,しっかりと閉じ込められていた。  さて,王はアマサに言った+,「ユダの人々を三日のうちにわたしのために呼び集め,あなたもここに立ちなさい」。  それで,アマサはユダを呼び集めるために行った。しかし彼は,[王]が彼のために指定しておいた定められた時よりも遅れた。  それで,ダビデはアビシャイ+に言った,「今や,ビクリの子シェバ+は我々にとってアブサロム+よりもひどくなるだろう。あなたは,あなたの主の僕たち+を連れて行き,彼の跡を追いなさい。彼が実際,自分のために,防備の施された諸都市を見つけて,我々の目の前から逃れる*ことにならないためだ」。  こうして,ヨアブ+の部下とケレト人+とペレト人+と,すべての力のある者たちとは,彼の後に続いて出て行った。彼らはエルサレムを出て,ビクリの子シェバの跡を追って行った。  彼らがギベオン+にある大きな石のすぐそばにいると,アマサ+が彼らに会いに来た。さて,ヨアブは衣をまとって,帯を締めていた。その身には,剣をさやに入れて,その腰に帯びていた。そして,彼が出て来ると,それ*が抜け落ちた。  次いでヨアブはアマサに,「わたしの兄弟+,あなたは元気か」と言った。それから,彼に口づけしようとして+,ヨアブの右手はアマサのひげを捕まえた。 10  アマサは,ヨアブの手にあった剣に用心していなかった。そこで,[ヨアブ]はそれで彼の腹部を突き刺した+ので,その腸が地に流れ出,もう一度彼にそうする必要はなかった。こうして彼は死んだ。それから,ヨアブとその兄弟アビシャイは,ビクリの子シェバの跡を追った。 11  ときに,ヨアブの若者たちの一人が彼のそばに立って,「ヨアブのことを喜んでいる者はだれでも,ダビデに属する者はだれでも+,ヨアブに従え!」と言い続けた。 12  その間ずっと,アマサは街道の真ん中で血の中で転がっていた+。その男は,民がみな立ち止まるのを見て,アマサを街道から野に移した。最後に,彼の上に衣を投げた。そのもとに上って来る者がみな立ち止まるのを見たからである+ 13  その[男]が街道から彼を取り除くとすぐ,人はみなヨアブに従って通って行き,ビクリの子シェバ+の跡を追った。 14  そして,[シェバ]はイスラエルの全部族の中を通ってベト・マアカのアベル+に行った。すべてのビクリ人*も,集合して,やはり彼の後に続いて入った。 15  そこで彼らは来て,ベト・マアカのアベルで彼を包囲し,その都市に対して攻囲塁壁を盛り上げた+。それは塁壁の内側に立っていたからである。そして,ヨアブと共にいた民は皆,城壁を倒壊させようとしてその下を掘っていた。 16  ときに,ひとりの賢い女+がその都市からこう呼ばわりだした。「お聴きください,皆さん,お聴きください。どうか,ヨアブにこう言ってください。『ここまで近づいてください。私にあなたとお話しさせてください』」。 17  それで彼が彼女のところに近づくと,その女は言った,「あなたがヨアブですか」。すると彼は,「そうだ」と言った。そこで彼女は言った,「この奴隷女の言葉をお聴きください+」。すると彼は言った,「わたしは聴いている」。 18  それで彼女はさらに言った,「昔,人々は例外なく,『とにかくアベルで伺わせよう。そうすれば,確かに事を終わらせることになる』と言うのが常でした。 19  私は平和を好む+忠実な+イスラエルの者たちを代表しております。あなたはイスラエルにおける母なる都市+のひとつを死なせようとしておられます。あなたはどうしてエホバの相続物+を呑み込む+ようなことをしてよいのでしょうか」。 20  これに対してヨアブは答えて言った,「わたしが呑み込んだり,滅びに陥れたりするなど,わたしには全く考えられないことだ。 21  問題はそのような事ではない。ただ,エフライム+の山地の出身の,ビクリの子でシェバ+という名の男がダビデに対して手を上げたのだ+。あなた方はその男だけを引き渡しなさい+。そうすれば,わたしはこの都市から引き揚げよう+」。すると,女はヨアブに言った,「ご覧ください,その男の首+は城壁越しにあなたのところに投げられるでしょう!」 22  すぐに,この女はその知恵+を用いてすべての民のところに行った。それで彼らはビクリの子シェバの首を切り落とし,それをヨアブのところに投げた。そこで,彼はすぐ角笛を吹き鳴らした+ので,人々はその都市から散って行き,各々自分の家*に[帰った]。ヨアブもエルサレムの王のもとに帰った。 23  さて,ヨアブはイスラエルの全軍をつかさどる者+であった。エホヤダ+の子ベナヤ+はケレト人+とペレト人+とをつかさどる者であった。 24  そしてアドラム+は強制労働に徴用された者たちをつかさどる者であった。アヒルドの子エホシャファト+は記録官*であった。 25  それに,シェワ+は書記官+であった。ザドク+とアビヤタル+は祭司であった。 26  そして,ヤイル人イラもまたダビデの祭司*+となった。

脚注

または,「ならず者」。字義,「ベリアル(無価値)の男」。
「自分の神々のもとに[帰れ]」。字義,「自分の天幕に」。ヘ語,レオーハーラーウ。ソフェリムによる18の修正箇所の一つで,元のヘブライ語本文はレーローハーウ(leʼ·lo·hav′,「神々」もしくは「神」を意味するエローヒームの変化形)と読まれていたとされている。付録2ロ参照。
「生きた[夫]のいるやもめの状態で」。字義,「生きている状態のやもめの状態[で]」,マソ本; 七十訳,「生きたやもめで」; ウル訳,「やもめの状態で生きて」。
字義,「我々の目を奪い去る」。
「それ」,すなわち,剣。
字義,「ベリ人」。
字義,「天幕」(複)。
または,「思い出させる者」。
8:18,「祭司」の脚注参照。