内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第二 2:1‐32

2  そして,その,ダビデエホバ伺っ+,こう言っある。「わたしユダ都市一つ上っ行きましょか」。するとエホバ言わた,「上っ行け」。そしてダビデさらに言った,「どこ上っ行きましょか」。すると,言わた,「ヘブロン+へ」。  そこでダビデは,またその妻,エズレルアヒノアム+カルメルナバルアビガイル+も,そこ上っ行った。  またダビデは,共人々+を,各々その一緒連れ上った。彼らヘブロン[地方]の都市住むようなった。  そこへ,ユダ+やって,そこでダビデそそい+ユダ+ そして,人々ダビデ告げ言った,「ヤベシュギレアデ人々サウル葬りました」。  ゆえにダビデヤベシュギレアデ+使者遣わし,彼らこう言った。「あなた方エホバ祝福ますよう+。それは,あなた方*に,サウル対しこのようある親切*表わし+,これ葬っ+からです。  それ,エホバある親切+信頼できること*あなた方対し表わしくださいますように。わたしまた,こう善良あなた方表わしましょう。あなた方このからです+  それ,あなた方強くし,勇敢なりなさい+。あなた方サウル死んですから。それに,ユダわたしそそい彼ら+です」。  一サウル属し長,ネルアブネル+は,サウル子,イシボセテ+取り,これ連れマハナイム+渡り*  彼ギレアデ+アシュル*エズレル+,エフライム+ベニヤミン+,およびイスラエル,そのすべてた。 10  サウルイシボセテは,イスラエルなっとき四十で,二支配た。ただ,ユダだけ+ダビデ従うなった。 11  そして,ダビデヘブロンユダなっ日数は,七か月+あった。 12  やがて,ネルアブネルと,サウルイシボセテたちマハナイム+ギベオン+行った。 13  一ツェルヤ+ヨアブ+と,ダビデたちは,出行っ*,後ギベオンほとり相会した。一方こちらに,他方向こう座った。 14  ついにアブネルヨアブた,「どうか,若者たち立ち上がらせ,我々闘技させようないか」。これ対しヨアブ言った,「立ち上がらせよ」。 15  それ立ち上がり,数合わせ渡っ行った。ベニヤミンサウルイシボセテ+属する十二と,ダビデうちから十二あった。 16  そして互いつかみかかり,各々相手わき腹を[刺した]ので,一緒倒れた。それで,その場所ヘルカトハツリム*呼ばれるようなっが,それギベオン+ある。 17  そして,その,戦いはなはだ激しくなり,アブネル+イスラエル人々ついにダビデたち撃ち破らた。 18  ところで,そこに,ツェルヤ+息子,ヨアブ+,アビシャイ+,アサエル+た。アサエル速く,原野いるガゼル+ようあった。 19  それで,アサエルアブネル追っ行った。そして,アブネル追うやめ行こなかった。 20  ついに,アブネル振り向い言った,「お前か,アサエル」。それ対し言った,「わたしだ」。 21  するとアブネル言った,「右向き変えて,若者お前もの捕らえ,それからはぎ取る+もの自分もの取れ」。ところが,アサエル追うやめわきそれること望まなかった。 22  それで,アブネルもうアサエル言った,「わたし追うやめて,向きわきそらせろ。どうしてわたしお前討ち倒しよかろ*+。そうなれば,わたしどうしてお前兄弟ヨアブ向かっわたし上げられよう」。 23  それでも,彼どうしてわきそれようなかった。それで,アブネルとうとう石突き*腹部突き刺し+,槍背後から突き出た。彼そこで倒れ,その死んだ。そして,アサエル倒れ死ん場所みな立ち止まるあっ+ 24  そして,ヨアブアビシャイアブネル追っ行った。日沈むころ,彼らは,ギベオン+荒野ほとりギアハあるアマた。 25  そしてベニヤミンアブネル後ろ集まり,彼ら一団なって,一つ頂上立った。 26  すると,アブネルヨアブびかけ言った,「剣果てしなく食らう+か。しまいひどいことなる+本当知らないか。それで,いつなったら,民その兄弟たち追うやめ引き返すよう言うつもり+」。 27  そこで,ヨアブた,「[まことの]*生きおられる+。もしもお前話さなかっなら+,朝なっ初めて,民各々自分兄弟追うやめ引き上げことだろう」。 28  そこでヨアブ吹い+,民止まり,それ以上イスラエル追い続けることず,もはや戦い再開することなかった。 29  アブネルそのは,そのずっアラバ+通っ行き,ヨルダン渡り+,渓谷全域通っ行って,ついにマハナイム+た。 30  一ヨアブは,アブネル追うやめ引き返し,民すべて集めることた。すると,ダビデたちうち十九アサエルなくなった。 31  それでも,ダビデたちは,ベニヤミンの,それアブネル部下たち討ち倒した ― 三百六十死んある+ 32  そこでアサエル+運び,ベツレヘム+ある埋葬葬っ+。次いヨアブその部下進ん行き,ヘブロン+彼ら明けた。

脚注

「あなた方」。ヘ語,アドーネーケム。卓越表わす複数形。創 39:2脚注参照。
または,「このよう忠節愛」。
「信頼できること」。または,「真実」。
「これ陣営から連れ出しマハナイム行き」,七十訳。
「ゲシュル人」,シリ訳,ウル訳; タル,「アシェル人」。
「出行って」。七十訳,「ヘブロンから行って」。
「火打ち小刀野」の意; または,修正より,「脇腹野」。ヨシュ 5:2脚注比較。
「わたしお前討ち倒さないよう,向きわきそらせろ」,七十訳。
または,「後部」。槍後方動かし突き刺しあろう。
「[まことの]神」。付録1ヘ参照。