内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

サムエル第二 19:1‐43

19  後​に,ヨアブ​に,「見よ,王​は​泣い​て​おら​れ,アブサロム​の​ため​に​嘆き悲しん​で​おら​れる+」と​伝え​られ​た。  それで,その​日​の​救い​は​すべて​の​民​に​とっ​て​嘆き​の​時​と​なっ​た。民​は​その​日,「王​は​その​子​の​こと​で​痛手​を​受け​て​おら​れる」と​言う​の​を​聞い​た​から​で​ある。  そして​民​は​その​日,戦い​で​逃げ​た​ため​恥辱​を​被っ​て​こっそり​帰る​よう​に,こっそり​と​帰っ​て​都市​に​入り​はじめ​た+  とき​に​王​は,顔​を​すっかり​覆い,王​は​大声​で,「我​が​子​アブサロム! アブサロム,我​が​子​よ,我​が​子​よ!」と​叫び​続け​た+  ついに​ヨアブ​は​王​の​家​に​入っ​て​言っ​た,「あなた​は​今日,あなた​の​すべて​の​僕​たち,つまり​今日​あなた​の​魂​と,あなた​の​息子​+や​娘​たち​+の​魂,それ​に​あなた​の​妻​たち​+の​魂​と,あなた​の​そばめ​たち​+の​魂​を​逃れ​させ​て​いる​者​たち​+の​顔​に​恥​を​かか​せ​まし​た。  あなた​を​憎ん​で​いる​者​たち​を​愛し,あなた​を​愛し​て​いる​者​たち​を​憎ん​で​おら​れる​から​です。あなた​は​今日,隊長​たち​や​僕​たち​は​ご自分​に​とっ​て​無​に​等しい​こと​を​伝え​られ​た​の​です。もしも​アブサロム​が​生き​て​い​て,わたしたち​他​の​者​すべて​が​今日​死ん​で​い​た​なら,そう​で​あれ​ば,その​ほう​が​あなた​の​目​に​かなっ​て​いる​こと​を,わたし​は​今日,よく​知っ​た​から​です。  ですから​今,立ち上がっ​て,出​て​行き,あなた​の​僕​たち​の​心​に​+率直​に​話し​て​ください。エホバ​に​かけ​て,わたし​は​まさしく​誓い​ます​が,もし​あなた​が​出​て​行こ​う​と​なさら​ない​の​でし​たら,今夜​は​だれひとり​あなた​と​共​に​泊る​こと​は​ない​から​です+。そう​なれ​ば,それ​は​あなた​に​とっ​て​きっと,あなた​の​若い​時​から​今​に​至る​まで​あなた​に​臨ん​だ​すべて​の​危害​より​も​悪い​もの​と​なる​でしょ​う」。  そこで​王​は​立ち上がり,門​の​ところ​に​腰​を​掛け​た+。すべて​の​民​に​対し​て,人々​は​報告​を​し,「王​は​門​の​ところ​に​座っ​て​おら​れ​ます」と​言っ​た。それで,すべて​の​民​は​王​の​前​に​来る​よう​に​なっ​た。 イスラエル​は,各々​自分​の​家​*に​逃げ帰っ​て​い​た+  そして,民​は​皆,イスラエル​の​すべて​の​部族​の​中​で​争い​に​巻き込ま​れ​て,こう​言っ​た。「我々​を​敵​の​たなごころ​から​救い出し​て​くださっ​た​の​は​王​だ+。この​方​こそ​我々​を​フィリスティア​人​の​たなごころ​から​逃れ​さ​せ​て​くださっ​た​の​だ。ところ​が​今,この​方​は​アブサロム​の​もと​から,この​地​から​逃げ去っ​て​おら​れる+ 10  しかし​我々​が​自分​たち​の​上​に​立て​て​油​を​そそい​だ​アブサロム​は+,戦い​で​死ん​で​しまっ​た+。それ​で​は​今,あなた方​は​王​を​連れ戻す​ため​に,なぜ​何​も​し​ない​で​いる​の​か+」。 11  ダビデ​​は,祭司​の​ザドク​+と​アビヤタル​+に​人​を​やっ​て​言っ​た,「ユダ​+の​年長​者​たち​に​話し​て,こう​言い​なさい。『あなた方​は​どうして​王​を​その​家​に​連れ戻す​最後​の​者​に​なる​の​か。全​イスラエル​の​言葉​が​王​の​家​に​届い​て​いる​と​いう​の​に。 12  あなた方​は,わたし​の​兄弟​だ。あなた方​は,わたし​の​骨,わたし​の​肉​だ+。それなのに​どうして,あなた方​は​王​を​連れ戻す​最後​の​者​に​なる​の​か』。 13  また,アマサ​+に​も​言わ​なけれ​ば​なら​ない,『あなた​は​わたし​の​骨肉​で​は​ない​か。それで,もし​あなた​が​ヨアブ​の​代わり​に​ずっ​と​わたし​の​前​で​軍​の​長​に​なら​ない​なら+​が​わたし​に​その​よう​に​なさり,重ね​て​その​よう​に​なさる​よう​に+』」。 14  それ​から​彼​は​ユダ​の​すべて​の​人々​の​心​を​一​人​の​人​の​よう​に​傾け​させ​た​の​で+,彼ら​は​王​に,「あなた​も,あなた​の​僕​たち​も​皆,お帰り​ください」と​伝言​し​た。 15  それで,王​は​帰る​こと​に​し,やがて​ヨルダン​まで​来​た。ユダ​は,行っ​て​王​を​迎え,王​を​案内​し​て​ヨルダン​を​渡ら​せる​ため,ギルガル​+に​来​た。 16  それ​から,バフリム​+の​出身​の​者​で​ある,ベニヤミン​人​ゲラ​+の​子​シムイ​+は,ダビデ​​を​迎える​ため​急い​で​ユダ​の​人々​と​共​に​下っ​て​来​た。 17  そして,ベニヤミン​の​出身​の​人々​一千​人​が​彼​と​共​に​い​た。(それ​に​また,サウル​の​家​の​従者​ヂバ​+と​その​十五​人​の​息子​+や,その​二十​人​の​僕​たち​も​彼​と​共​に​い​た。彼ら​は​王​より​も​先​に​首尾​よく​ヨルダン​に​達し​た* 18  そして,彼*は​王​の​家​の​者​たち​を​案内​し​て​渡ら​せ,その​目​に​善い​こと​を​行なお​う​と​し​て​渡り場​+を​渡っ​た。)ゲラ​の​子​シムイ​は,王​が​ヨルダン​を​渡ろ​う​と​し​た​とき,その​前​に​ひれ伏し​た+ 19  そこで​彼​は​王​に​言っ​た,「我​が​主​が​とが​を​私​に​帰さ​れ​ませ​ん​よう​に。王​なる​我​が​主​が​エルサレム​から​出​て​行か​れ​た​*日​に,この​僕​が​致し​まし​た​不当​な​こと​+を​思い出さ​ない​で​ください。王​が​それ​を​心​に​とどめ​られ​ませ​ん​よう​に+ 20  この​僕​は,自分​が​罪​を​おかし​た​者​で​ある​こと​を​よく​存じ​て​おり​ます​から。ですから,ご覧​ください,私​は​今日,下っ​て​来​て,王​なる​我​が​主​を​お迎え​する​ため,ヨセフ​の​全家​の​最初​の​者​+と​し​て​参り​まし​た」。 21  直ちに​ツェルヤ​+の​子​アビシャイ​+は​答え​て​言っ​た,「シムイ​は,エホバ​の​油そそが​れ​た​方​*の​上​に​災い​を​呼び求め​た​の​ですから,その代わり​に​殺さ​れる​べき​で​は​あり​ませ​ん​か+」。 22  しかし​ダビデ​は​言っ​た,「あなた方,ツェルヤ​の​子​ら​は​わたし​と​何​の​かかわり​が​ある​と​いう​の​で*+,今日,わたし​に​反抗​する​者​*+と​なる​の​か。今日,イスラエル​の​うち​で​だれ​か​が​殺さ​れ​て​よい​だろ​う​か+。わたし​は,自分​が​今日​イスラエル​の​王​で​ある​こと​を​よく​承知​し​て​いる​の​で​は​ない​の​か」。 23  それ​から​王​は​シムイ​に​言っ​た,「あなた​は​死ぬ​こと​は​ない」。そして​王​は​さらに​彼​に​誓っ​た+ 24  サウル​の​孫*メピボセテ​+は,王​を​迎える​ため​に​下っ​て​来​た。彼​は,王​が​去っ​て​行っ​た​日​から,無事​に​帰っ​て​来​た​日​まで,自分​の​足​の​手入れ​を​せ​ず+,口ひげ​の​手入れ​も​せ​ず+,その​衣​も​洗っ​て​い​なかっ​た。 25  そして,彼​が​王​を​迎える​ため​に​エルサレム​に​来​た​とき,王​は​彼​に​こう​言っ​た​の​で​ある。「メピボセテ​よ,あなた​は​なぜ​わたし​と​共​に​行か​なかっ​た​の​か」。 26  これ​に​対し​て​彼​は​言っ​た,「王​なる​我​が​主​よ,私​の​僕​+が​私​を​だまし​た​の​です。この​僕​は,『わたし​の​ため​雌ろば​に​鞍​を​置か​せ​て​くれ。わたし​が​それ​に​乗っ​て,王​と​共​に​*行く​ため​だ』と​言っ​て​おい​た​の​です。僕​は​足​が​不​自由​です​の​で+ 27  それで,彼​は​この​僕​の​こと​を​王​なる​我​が​主​に​中傷​し​まし​た+。しかし,王​なる​我​が​主​は[まこと​の]​の​み使い​の​よう​な​方​です​から+,あなた​の​目​に​善い​こと​を​行なっ​て​ください。 28  私​の​父​の​家​の​者​は​皆,王​なる​我​が​主​に​とっ​て,ほか​なら​ぬ​死​に​定め​られ​た​者​*でし​た​でしょ​う​に,それでも​あなた​は​この​僕​を​あなた​の​食卓​で​食べる​者​たち​の​中​に​置い​て​くださっ​た​から​です+。ですから,私​に​は,この​うえ​王​に​叫び求める​+正当​な​権利​と​し​て​なお​何​が​ある​でしょ​う​か」。 29  ところが,王​は​彼​に​言っ​た,「あなた​は​なぜ​自分​の​言葉​を​なおも​語り​続ける​の​か。わたし​は​まさしく​言う​が,あなた​と​ヂバ​は​畑​を​分け合わ​なけれ​ば​なら​ない+」。 30  そこで​メピボセテ​は​王​に​言っ​た,「王​なる​我​が​主​が​無事​に​その​家​に​来​られ​た​の​ですから,彼​に​全部​で​も​取ら​せ​て​ください+」。 31  とき​に,ギレアデ​人​バルジライ​+も,ロゲリム​から​下っ​て​来​た。王​と​共​に​ヨルダン​に​進み,ヨルダン​まで​彼​に​付き添う​ため​で​あっ​た。 32  ところで,バルジライ​は​非常​に​年​を​取っ​て​おり,八十​歳​で​あっ​た+。この​人​が,王​が​マハナイム​に​住ん​で​い​た​間,王​に​食物​を​供し​た+。彼​は​非常​に​大いなる​+人​だっ​た​から​で​ある。 33  そこで​王​は​バルジライ​に​言っ​た,「あなた​も​わたし​と​共​に​渡っ​て​来​て​ください。そうすれば,わたし​は​必ず​エルサレム​の​わたし​の​もと​で​あなた​に​食物​を​供し​ましょ​う+」。 34  しかし,バルジライ​は​王​に​言っ​た,「わたし​の​命​の​年​の​日​は​どれ​ほど​の​もの​な​の​で,わたし​は​王​と​共​に​エルサレム​に​上る​べき​な​の​でしょ​う。 35  わたし​は​今日​八十​歳​です+。わたし​は​善悪​を​識別​できる​でしょ​う​か。あるいは,この​僕​は,自分​の​食べる​もの​や​飲む​もの​を​味わえる​でしょ​う​か+。あるいは,男女​の​歌うたい​+の​声​を​まだ​聴ける​でしょ​う​か+。ですから,どうして​僕​が​これ​以上,王​なる​我​が​主​の​重荷​+に​なれ​ましょ​う。 36  この​僕​が​王​を​ヨルダン​に​お連れ​で​きる​の​は,ほんの​わずか​の​道のり​な​の​ですから,王​は​どうして​この​よう​な​報酬​を​もっ​て​わたし​に​報い​て​くださら​なけれ​ば​なら​ない​の​でしょ​う+ 37  この​僕​を,どうか,帰ら​せ​て​ください。わたし​の​父​と​母​の​埋葬​所​+の​すぐ​そば​の​わたし​の​都市​で,わたし​を​死な​せ​て​ください+。しかし,ここ​に​あなた​の​僕​キムハム​+が​おり​ます。彼​を​王​なる​我​が​主​と​共​に​渡っ​て​行か​せ​て​ください。あなた​は​ご自分​の​目​に​善い​こと​を​彼​に​なさっ​て​ください」。 38  それゆえ​王​は​言っ​た,「キムハム​は​わたし​と​共​に​渡っ​て​行く​こと​に​なり​ます。わたし​が,あなた​の​目​に​善い​こと​を​彼​に​し​ましょ​う。あなた​が​わたし​に[負わ​せる​の​を]好む​こと​すべて​を,わたし​は​あなた​の​ため​に​致し​ましょ​う」。 39  さて,民​は​皆​ヨルダン​を​渡り​はじめ​た。王​も​渡っ​た。だが,王​は​バルジライ​に​口づけ​し​て+,彼​を​祝福​し​た+。その​後,彼​は​自分​の​場所​に​帰っ​た。 40  王​が​ギルガル​+に​向かっ​て​渡っ​て​行く​と,キムハム​も​一緒​に,また​ユダ​の​すべて​の​民​も,また​イスラエル​の​民​の​半分​も​渡っ​て​行っ​た。王​を​渡っ​て​行か​せる​ため​で​あっ​た。 41  すると,見よ,イスラエル​の​すべて​の​人々​が​王​の​ところ​に​やっ​て​来​て,王​に​こう​言いだし​た。「わたしたち​の​兄弟,ユダ​の​人々​は,どうして​あなた​を​こっそり​奪っ​て,王​と​その​家​の​者​と​ダビデ​の​すべて​の​部下​を​共​に,ヨルダン​+を​渡っ​て​連れ​て​行こ​う​と​し​た​の​です​か+」。 42  そこで,ユダ​の​すべて​の​人々​は​イスラエル​の​人々​に​こう​答え​た。「王​は​我々​と​*近い​関係​に​ある​から​だ+。あなた方​が​この​事​で​怒っ​て​いる​の​は​どう​いう​訳​か。我々​は​いやしく​も​王​の​費用​で​食べ​た​だろ​う​か。それとも,贈り物​が​我々​の​ところ​に​運ば​れ​た​だろ​う​か」。 43  ところが,イスラエル​の​人々​は​ユダ​の​人々​に​答え​て​言っ​た,「我々​は​*王​に​十​の​分​+を​持っ​て​いる。だから,ダビデ​に​も​我々​は​あなた方​より​も​多い​の​だ*。それなのに,どうして​我々​を​*軽べつ​し​て​扱っ​た​の​か。我々​の​王​を​連れ戻す​と​いう​我々​の​*問題​が,どうして​第​一​+に​なら​なかっ​た​の​か」。しかし,ユダ​の​人々​の​言葉​は​イスラエル​の​人々​の​言葉​より​も​厳しかっ​た。

脚注

字義,「天幕」(複)。
または,「先​に​ヨルダン​へ​急い​だ」。
「彼ら」と​読む​の​か​も​しれ​ない。
「[彼​が]出​て​行か​れ​た」。ヘ語,ヤーツァー。この​ヘブライ​語​の​上​に​付い​て​いる​三つ​の​小点​は,ティズコール([あなた​は]思い出す)と​いう​表現​に​合わせ,また​ヘブライ​語​本文​の​別​の​校訂​本​に​従っ​て,ヤーツァーター([あなた​が]出​て​行か​れ​た)で​置き換え​得る​こと​を​示し​て​いる。付録2イ参照。
「の​油そそが​れ​た​方」。ヘ語,メシーアハ; ギ語,クリストン; シ語,ラムシーヘ; ラ語,クリストー
字義,「わたし​と​あなた方……と​に​は​何​が[ある​の​か]」。ヘブライ​語​の​慣用​句; アビシャイ​の​提案​し​た​処置​に​異議​を​示す,反発​的​な​質問。付録7ロ参照。
反抗​する​者」。ヘ語,レサーターン; シ語,サーターナー; ラ語,サタン
「サウル​の​子​の​子」,七十訳​バチ写; シリ訳,「サウル​の​子​ヨナタン​の​子」; マソ本,ウル訳,「サウル​の​子」。
「と​共​に」,マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳; 約​60​の​ヘブライ​語​写本,「の​もと​に」。
字義,「ほか​なら​ぬ​死​の​人」。
字義,「わたし​と」,集合​的​な​意味​で。
字義,「わたし​は」,集合​的​な​意味​で。
「わたし​は​王​に​十​の​分​を​持っ​て​おり,わたし​は​あなた​より​も​長子​な​の​で,ダビデ​に​も​わたし​は​あなた​に​勝っ​て​いる​の​だ」,七十訳。
字義,「わたし​を」。
字義,「わたし​の」。